NTTドコモの年収は意外と低い?年代・役職・職種別に徹底調査!

NTTドコモ

携帯電話や通信業界で働きたい人は、業界最大手のNTTドコモの年収が気になりませんか?旧電電公社時代の風習が残るNTTドコモは、「年収が低い」とも噂されます。

この記事では、NTTドコモの年収を徹底調査し、噂の真偽を検証しました。具体的には、NTTドコモの年収を以下の視点で詳しく解説します。

  • NTTドコモの年収は低いのか、高いのか
  • NTTドコモの年収は、年齢や役職、職種でどう変わるのか

NTTドコモに就職・転職して、年収を上げたい人向けに、おすすめの転職エージェントも紹介しています。ぜひご覧ください。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

NTTドコモの年収は?年代・役職・職種別まとめ

ここでは、NTTドコモの平均年収を見た上で、年代・役職・職種・学歴・子会社別に解説します。

  • 年齢とともに、どれくらい年収が上がるのか
  • 役職でどれくらい年収が違うのか
  • 高卒・大卒・大学院卒での年収の違い

ご自身の年齢や状況、現在の年収と照らし合わせてみてください。

NTTドコモの平均年収

NTTドコモの有価証券報告書(2020年3月)によると、NTTドコモ社員の平均年収は870.4万円(平均年齢40.1歳)です。

国税庁の民間給与実態調査(2018年)によると日本人の平均年収は441万円で、NTTドコモの平均年収は日本人の平均年収より2倍ほど高いようです

「NTTドコモの平均年収は低い」との噂は事実ではありませんでした。ただし、具体的な年収相場は年代や役職、職種などで異なります。

NTTドコモが年功序列で昇給するなら、年齢を重ねるごとに年収は上がっていきますが、実際はどうなのでしょうか。

次に、NTTドコモの年収について、さらに詳しく見ていきます。

NTTドコモの年収・年代別

NTTドコモの年収を年代別に解説します。下記は、ネットで独自に調査した情報を参考にしてまとめた表です。※あくまでも予測値です。

年齢年収
20〜24歳442.9万円
25〜29歳679.8万円
30〜34歳799.0万円
35〜39歳905.6万円
40~44歳969.5万円
45〜49歳1,075.5万円
50〜54歳1,157.5万円
55〜59歳1,119.3万円
60〜64歳715.9万円

この表から分かることは、大きく3つあります。

  • 20〜54歳まで年収が上がり続ける
  • 20〜24歳と50〜54歳では、年収の差が700万円以上ある
  • 年収1100万円代を目指せる

NTTドコモは年功序列型の給与体系が残っていると推察され、40代で年収1000万円を超えることがあるようです。

40歳で900万円超え、50代前半が年収のピークを迎えます。長く勤めるにはおすすめの会社です。

さらに、60歳に定年を迎えて再雇用されると「新卒並みに年収が落ちる」と言われる会社が多い中、NTTドコモでは60~64歳でも700万円以上の年収がもらえるようです。

NTTドコモの年収・役職別

NTTドコモの年収を役職別に解説します。口コミサイトのvorkers(現openwork)を参考に、役職別年収のモデルケースを紹介します。

  • 法人営業部社員(40代・中途入社・在籍3年未満):年収800万〜900万円
  • 主査(34歳・新卒入社後10年目):年収700万〜900万円
  • 本社勤務の課長(45歳):年収1200万円

上記のデータによると、NTTドコモは、中途入社で在籍3年未満でも、前職の経験が評価されれば安定した収入を得られるようです。

ただし、40代の中途入社3年未満と、新卒入社10年目の30代が同じ年収相場である事実も見逃せません。NTTドコモは社歴の長さを重視するようです。

主査で年収700万円以上を狙える可能性があり、本社勤務の課長ともなると年収1200万円の高年収を得ています。

NTTドコモは「主査」「課長」などの役職別に年収が上がり、役職が無くても年齢に応じて安定した年収を得られますが、社歴の長さも年収を大きく左右するようです。

NTTドコモの年収・職種別

NTTドコモの年収を職種別に解説します。ここでも、口コミサイトのvorkers(現openwork)を参考に、職種別年収のモデルケースを紹介します。

  • 技術系総合職(新卒入社・在籍3〜5年):年収720万円
  • 営業職(支店の営業担当課長・在籍20年以上):年収1100万円
  • エンジニア職(中途入社・在籍20年以上):年収1000万円
  • マーケティング職(在籍20年以上):年収1200万円
  • 事務職(在籍年数10〜15年・中途入社):年収1200万円

このモデルケースを見る限り、総合職は入社5年以内の人でも、実力があれば評価を得ていることが分かります。

営業職やエンジニア職、マーケティング職や事務職は、中途入社でも勤続年数が長くなれば、年収1000万円を狙えるようです。

NTTドコモは職種別に極端な年収差は設けていないようで、年収が低い職種は見受けられませんでした。総合職が明らかに優遇されているわけでもないようです。

NTTドコモの年収・学歴別

NTTドコモの年収を学歴別に解説します

まず、NTTドコモ公式ホームページの採用情報から、学歴別初任給(2019年度実績)を見てみましょう。

  • 短大・専門卒 191,470円
  • 高専卒 194,020円
  • 大学卒 217,960円
  • 院卒(修士了) 240,020円
  • 院卒(博士了) 289,820円

短大・専門卒と大学院卒(博士了)の初任給は、約10万円も差があります。NTTドコモは、学歴を重視していると言えそうです。

上記の初任給を参考に、1年目の推定年収を算出しました。NTTドコモは、賞与の支給実績を公表していないため、賞与は年4カ月分、その他手当を月3万円として試算しました。

  • 短大・専門卒:約306万円
  • 高専卒:約310万円
  • 大学卒:約348万円
  • 院卒(修士了):約384万円
  • 院卒(博士了):約463万円

年収換算すると、短大・専門卒と大学院卒(博士了)の年収差は約160万円です。

博士了の新卒年収は、先ほど紹介した20~24歳の年収相場より高いですが、博士了だと20代後半なので決して入社初年度から高い年収が得られるわけではないようです。

ちなみに、高卒の年収データは見つからず、そもそも高卒者を採用しているかも公式ホームページには記載がありませんでした。

NTT・NTTドコモの子会社年収

NTT・NTTドコモの子会社年収・関連会社年収について解説します。NTTドコモの平均年収は870万円と高いことがわかりましたが、子会社はどうなのでしょうか。

子会社でも上場している場合は有価証券報告書を出しているので、そちらに記載された平均年収をお伝えします。

非上場の子会社や関連会社など、公式データがない場合は口コミサイトを参考にしました。

  • NTTデータ:平均年収は834万円(有価証券報告書(2020年3月期))

情報サービス業界大手のNTTデータは、NTTドコモの平均年収870.4万円を少し下回るものの、ほぼ同等の高年収を得ていることが分かります。

  • NTT東日本:911.4万円(有価証券報告書(2019年3月期))

NTT東日本は、固定電話事業を担っていた旧電電公社が民営化した後、東西会社に分社化して1999年に誕生した会社です。

2020年に入り、NECと資本提携を発表するなど、さらなる業容拡大を図っています。

固定電話が下火の現在、NTTドコモの方が知名度がありますが、平均年収はNTT東日本の方が40万円ほど上回っています。

  • ドコモショップ:運営会社による※

ドコモショップは、NTTドコモから委託を受けてドコモの携帯電話を販売しており、運営会社は複数あります。NTTドコモと資本関係はなく、年収は運営会社が独自に規定しています。

求人サイト「indeed」に掲載されたドコモショップ接客スタッフ(余市店)の月給例を以下に紹介します。

  • 入社2年目一般社員:年収318万円
  • 入社4年目店長:年収405万円

ドコモショップはNTTドコモ、NTTデータ、NTT東日本と比較すると、かなり年収が低いようです。

NTTドコモに就職・転職して年収を上げるには?

NTTドコモが高年収なのが分かったところで、NTTドコモに就職・転職して、年収を上げるにはどうしたらいいのでしょうか。

まずは、NTTドコモに採用されなければいけません。高年収を得られるNTTドコモは、転職難易度が高いと予想され、転職するにはポイントを押さえなければなりません。

ここからは、NTTドコモの採用情報や就職・転職難易度、転職を成功させる方法をお伝えします。最後に、NTTドコモに転職するのにおすすめの転職エージェントも紹介します。

NTTドコモの採用情報

NTTドコモの採用情報を紹介します。NTTドコモの公式ページでは、現在は中途採用を募集していない旨が書いてあります。

ここでは、リクルートエージェントの中途採用の公開求人を参考にして説明します。(現在は募集終了)

募集職種「dアニメストア」におけるアニメビジネスの企画・推進
想定年収600万円〜800万円
必須要件・アニメや映画などのエンターテインメント業界におけるライツビジネス

・版権ビジネスなどの経験(5年以上)

【歓迎】海外ビジネスの経験

この採用情報は、短大・専修・専門以上の学歴の人が対象でした。専門業務で5年以上の経験を条件としているため、NTTドコモの中途採用は、即戦力を求めていることが分かります。

募集職種4 Fintechサービス企画開発/個人投資家向け投資管理アプリ「マイトレード」
想定年収500万円~800万円
必須要件積極的な自己資金運用の経験と投資への情熱があり、 業務でチームを率いた経験のある方

【歓迎】IT・ゲーム業界での事業推進、開発、マーケ、デザイン

この採用情報は、高卒以上が対象です。この中途採用では、専門業務の経験のほかにチームをまとめるリーダーシップを求めており、ハードルが高いです。

上記の2つの採用情報から推測すると、NTTドコモの中途採用は高い能力の即戦力を求める傾向があるようです。

NTTドコモの就職・転職難易度

NTTドコモの就職・転職難易度を解説します。先ほどの中途採用情報で考察したとおり、就職・転職の難易度は高いです。その理由は以下の要因によります。

  • 転職・就職倍率が高い
  • 求人情報の公開件数が少ない
  • 非公開求人が多い

NTTドコモの平均収入は日本人の平均年収の2倍もある上に、休暇制度や福利厚生も充実しています。

通信業界の中でもNTTドコモは有名企業で、人気が高く、限られた求人に多くの就職・転職希望者が応募します。

年功序列型の賃金体系も相まって、若いうちにNTTドコモを退職する人は少なく、中途採用で募集するための空きポストはなかなか生じません。

このため、就職・転職の競争率が高くなるのです。

特に中途採用は即戦力を求める傾向があるため、公式ホームページに求人情報を掲載するなどして広く募集する手段は採っていません。

広く募集すると、条件を満たさない人まで応募が相次ぎ、採用に手間がかかるからです。

NTTドコモの中途採用情報は転職エージェントが保有しており、就職・転職を成功させるには、非公開求人を多数扱っているサービスを使うのがおすすめです

NTTドコモへの転職を成功させる方法

NTTドコモへの転職を成功させるには、非公開求人を多数保有し、サポートが手厚い転職エージェントに登録することが1番大切です。

NTTドコモのような中途人材に即戦力を求める企業は、効率的に採用活動をするために求人情報を信頼できる転職エージェントに預けます。

転職エージェント側が求職者の能力・スキル・意向を見た上で、採用に応募してくれるのでNTTドコモ側の負担が軽減されるのです。

つまり、企業から信頼される良質の転職エージェントには、好条件の非公開求人が大量に集まっています

自分一人では、転職に最適な履歴書の作成や面接練習に苦労します。良い転職エージェントなら、天測活動を丁寧にサポートするため、最短で転職を成功させられるでしょう。

ここからは、NTTドコモへの転職を成功させるのに、おすすめの転職エージェントを紹介します。

複数の転職エージェントを利用すると、希望する求人の選択肢が増えます。ここで紹介するおすすめの転職エージェントに複数登録しましょう。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、非公開求人含めて求人数5万件以上を持つ転職エージェントです。NTTドコモへの転職を目指す人にも、おすすめの転職エージェントです。

パソナキャリアがおすすめの理由は以下の3つです。

  • 25万人もの豊富な転職支援実績
  • 2019、2020年にオリコン顧客満足度評価「転職エージェント」ランキングで総合第1位
  • IT業界に詳しいキャリアアドバイザーが多数在籍

通信業界にも詳しい、IT・Web専門のキャリアアドバイザーが所属しているため、NTTドコモへの転職を成功させる助けになるでしょう。

パソナキャリアが保有するNTTドコモ関連の求人例を紹介します。

会社名:株式会社ロケーションバリュー(NTTドコモグループ

想定年収:700〜900万円

仕事内容:プロダクトマネージャーとしてのマネジメント業務

手厚い転職サポートも特徴で、顧客満足度が高いです。豊富な実績と高い信頼がある転職エージェントで、NTTドコモへの転職を目指す人は、ぜひ登録して一度相談してみましょう。

登録する(無料)

リクルートーエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数トップクラスを誇る業界最大手の転職エージェントです

NTTドコモへの転職にも、おすすめできる理由は以下の3点です。

  • 業界最多の非公開求人数
  • 充実した転職サポート
  • 転職サポート実績は業界1位で、累計45万名以上(2018年3月期)

業界最多の求人数を保有するリクルートエージェントを使えば、希望の求人を見つけられる可能性が他の転職エージェントに比べて高いです。

履歴書や提出書類の添削や、面接の準備や対策などの転職サポートも充実しており、転職活動をスムーズに行えます。

リクルートエージェントの求人例を紹介します。

会社名:株式会社D2C(ドコモの媒体に広告出稿などをしている会社)

想定年収:400万円〜600万円

仕事内容:「ドコモ」のオウンドメディアや商品における広告事業・収益改善

転職サポート実績は業界トップで、アドバイザーは経験豊富です。ノウハウを活かして転職活動をサポートするリクルートエージェントは、NTTドコモに転職できる近道になるでしょう

登録する(無料)

ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、世界最大級の総合人材サービス企業です。日本での知名度は高くはないものの、世界39ヵ国・地域で展開し、年間約20万人の転職を支援しています。

世界規模の転職エージェントであるランスタッドが、NTTドコモへの転職を目指す人におすすめの理由は以下の通りです。

  • ランスタッドが扱う求人のうち、約80%は非公開求人
  • 世界中でサービスを展開し、ハイクラス転職に強い
  • 専任コンサルタント制度がある

ランスタッドは他にはない独占求人も保有しており、登録者のポテンシャルを見た上で独占求人を紹介することがあります。

独占求人は高年収の条件が良いものが多く、NTTドコモに限らず高年収の求人に出会える可能性が高まるでしょう。

ランスタッドの「専任コンサルタント制度」では、一人のコンサルタントが担当につき、相談や面接対策などを一貫してサポートします。

相談と面接対策で担当が変わる転職エージェントもあるなか、ランスタッドは専任コンサルタントが一貫して相談に乗ってくれるので、登録者はより深い相談ができます。

ランスタッドが保有するNTT関連の求人例を紹介します。

会社名:社名非公開(NTTデータの出資会社)

年収:500万円〜700万円

仕事内容:事業本部スタッフとして、人事総務全般(異動・組織変更、労務、評価、採用など)幅広く担当

ランスタッドは、外資系やグローバル企業の求人に強い特徴もあります。外資系企業は年収が高い傾向にあり、NTTドコモに限らず好条件の求人が見つかるでしょう。

登録する(無料)

NTTドコモの年収についてさらに詳しく調査!

NTTドコモの年収について、さらに詳しく調査しました。

  • NTTドコモで年収1000万円、3000万円超えることはあるのか
  • NTTドコモの給料日はいつなのか
  • 退職金制度について

上記の3点について詳しくお伝えします。

NTTドコモで年収1000万・年収3000万超えるのはどんな場合?

年代別平均年収の項目でもお伝えしたとおり、NTTドコモでは40代で年収1000万円に到達する可能性があります。

実際に、「vorkers」の以下の口コミがありました。

「40代後半の役職なし社員でも額面1000前円超えるそうなので、業務内容のわりには平均給与も高く、大きい会社にいたい方にとっては優良企業だと思う。」

口コミ投稿者は、新卒入社から3〜5年目(20代)の法人営業部の方です。

全社員が40代後半で年収1000万円を超えるわけではないにしても、NTTドコモで年収1000万円を超えるには「長く勤める」ことが大事なようです。

NTTドコモで年収3000万円を超えるには、役員になることがまず思い浮かびますが、門が狭すぎます。役員以外で年収3000万円を目指すには「シニアプロフェッショナル制度」が鍵を握ります。

2020年から始まった制度で、研究開発をする人材や、スマートライフ領域のスペシャリストに、高額の給与を支払うものです。

年収2000万~最大3000万円(年俸制)を実現できる給与制度で、プロフェッショナル人材には5人の社員が選ばれています。

NTTドコモに転職してITなどの専門性を高めて、「シニアプロフェッショナル制度」に移行できれば、年収3000万円を超えられる可能性があります

NTTドコモの給料日はいつ?

NTTドコモの給料日はいつなのかを解説します。NTTドコモの給料日は毎月20日です。賞与は6月と12月の年2回です。昇給は年1回です。

他にもNTTドコモは各種手当が充実し、家賃補助、社宅など福利厚生も手厚く整備されています。「繁忙期はdポイントが付与される」との口コミもありました。

ちなみに、NTTドコモには給与前払い制度はありません。

NTTドコモの退職金制度は?

NTTドコモの退職金は原則、定年退職する60歳で満額を受け取れます。

NTTドコモの退職金制度について、ネットの口コミには「育休中も退職金の積立がされる」などの情報があり、非常に手厚いようです。

ドコモを含め、NTTグループは退職金制度をグループ一体で運営しており、退職金を年金形式で受け取るか、一時金で受け取るか選ぶことができます。

NTTドコモの年収まとめ

この記事では、NTTドコモの年収について、年代や役職など様々な観点から解説しました。「NTTドコモの平均年収は低い」との噂は事実ではなく、日本人の平均年収の約2倍の高年収です。

NTTドコモは年功序列型の賃金制度で、長く在籍すれば年収が上がり、40代で年収1000万円を超えることもあります。福利厚生も充実しており、就職・転職はかなりの狭き門です。

特に中途採用の人材に即戦力を求めるNTTドコモは、中途採用情報を公式ホームページに掲載せず、転職エージェントが採用情報を保有しています。

つまり、NTTドコモに転職するには、ドコモの求人情報と転職活動に関するノウハウを豊富に保有する転職エージェントの利用が不可欠です。

転職エージェントはどこでも良いわけではなく、NTTドコモが信頼を置くような質の良い転職エージェントを選ばなければ、ドコモの求人に出会えません。

NTTドコモへの転職を成功させるのに、おすすめの転職エージェントは

  • パソナキャリア
  • リクルートエージェント
  • ランスタッド

の3つです。

NTTドコモに転職したい人は、おすすめの転職エージェントの力を借りて、転職を成功させましょう。