プラチナカード取得に必要な年収は?審査の厳しさ・入手条件を徹底解説!

プラチナカードは、いつかは持ちたいステータスカードとして憧れを抱く人も多いのではないでしょうか。

一方、プラチナカードは「年会費が高い」「審査が厳しい」などの理由から、端から持つことを諦めてしまっている人も多いです。

確かに、プラチナカードは限られた人しか持てないカードですが、取得条件やメリットを詳しく知らないまま諦めるのは非常にもったいないです。

この記事では、プラチナカードを徹底検証し、取得に必要な年収や審査方法などを詳しく解説していきます。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

プラチナカードを持てる年収は?カード別取得条件まとめ

プラチナカードを検討している人が最も気になるのは、自分がカードの審査に通るかどうかではないでしょうか?

そこでまず知っておくべきことは、カードの取得条件です。中でも、年収は重要な条件です。ここでは、各クレジットカードの年収制限や取得条件についてみてきます。

プラチナカードとは

プラチナカードは、年会費無料の一般カードやゴールドカードよりも高いステータスのクレジットカードです。

多くのクレジットカード会社が、最高ランクのステータスを持つカードとしてプラチナカードを発行しています。

付帯サービスや特典、ショッピング保険や国内海外旅行障害保険などは一般カードよりも充実し、レストランや空港ラウンジ利用などの豪華な特典もあります。

ゴールドカードも空港ラウンジ利用などの付帯サービスがありますが、プラチナカードは、ゴールドカードよりも豪華な特典が揃っているのが特徴です。

プラチナカードを取得可能な年収・条件一覧

取得できる目安年収年齢制限年会費インビテーション
アメックス・プラチナカード400万円以上20歳以上130,000円+税不要
ANA VISAプラチナ プレミアムカード500万円以上満30歳以上80,000円(税別)不要
JCBプラチナカード400万円以上25歳以上25,000円(税別)不要
三井住友トラストVISAプラチナカード1,000万円以上30歳以上35,000円(税別)必須
MUFGカード・プラチナ・アメックス・カード350万円以上20歳以上20,000円(税別)不要
エポスプラチナカード400万円以上20歳以上30,000円(税込)不要

「アメックス・プラチナカード」取得の年収・条件

アメックス・プラチナカードの年会費は130,000円(税別)と高額のため、取得条件のハードルが高いと思われがちですが、実際には十分に手の届くプラチナカードです。

アメックス・プラチナカードは「20歳以上で安定した収入があること」が条件で、インビテーションが無くてもオンラインで簡単に申し込みが可能です。

審査に通過した人の口コミを総合すると、アメックス・プラチナカードは年収400万円以上あれば取得できる可能性が十分にあります。

アメックス・プラチナカードの最大の魅力はステータスの高さです。特典やサービスも以下のように豪華な内容です。

  • 24時間365日対応のコンシェルジュデスク
  • 高級ホテルの上級会員

コンシェルジュデスクは、レストランやギフトの手配などを電話1本でいつでも対応してくれるサービスです。上級会員になれる高級ホテルでは、いつでもVIP待遇を受けられます。

「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」取得の年収・条件

ANA VISAプラチナプレミアムカードの年会費は80,000円(税別)で、満30歳以上で安定した収入があることが条件です。

実際に取得できた人の体験談や口コミによると、年収500万円以上が好ましい条件です。ANA VISAプラチナプレミアムカードには以下の特典があります。

  • ANAマイル還元率は1.5%
  • 世界140ヵ国500都市以上の海外空港ラウンジ「プライオリティパス」が無料付帯

ANA VISAプラチナプレミアムカードの最大の特徴は、マイル還元率が高いことです。頻繁に空港や飛行機を利用する人にとってお得なプラチナカードです。

「JCBプラチナカード」取得の年収・条件

JCBプラチナカードの年会費は25,000円(税別)で、25歳以上の安定継続収入がある人が条件です。年収400万円前後で作成できたという口コミが複数みられました。

JCBプラチナカードの特典には以下があります。

  • 24時間365日利用可能な「プラチナ・コンシェルジュデスク」
  • 有名レストラン1名分無料の「グルメ・ベネフィット」

ほかにも、海外空港ラウンジが使用可能になる「プライオリティ・パス」など、手頃な年会費で様々なサービスや特典が受けられるコストパフォーマンスに優れたプラチナカードです。

「三井住友トラストVISAプラチナカード」取得の年収・条件

三井住友トラストVISAプラチナカードの年会費は35,000円(税別)です。30歳以上で年収1,000万円以上あれば、公式HPから新規申し込みができます。

条件が満たない場合でも、ゴールドカードなどの下位カードで実績を積み重ねるとインビテーションを受けられることがあります。

三井住友トラストVISAプラチナカードは、他のプラチナカードと同様にコンシェルジュサービスや空港ラウンジの利用などの特典がありますが、以下の独自の特典もあります。

  • セカンドオピニオン・専門医紹介サービス
  • VJロードサービス

プラチナカードの特典は旅行やレジャーに関するものが多いですが、三井住友トラストVISAプラチナカードは健康や不慮の事故に備えたサービスも充実しています。

「MUFGカード・プラチナ・アメックス・カード」取得の年収・条件

MUFGカード・プラチナ・アメックス・カードの年会費は20,000円(税別)で、20歳以上の安定した収入がある人は申し込みが可能です。

口コミによると、年収350万円以上で取得できた人が多くみられました。新卒や若手社会人でも取得しやすいプラチナカードといえます。

MUFGカード・プラチナ・アメックス・カードの最大の特徴は、ポイントプログラムが充実していることです。実際に、以下の特典があります。

  • 入会初年度はポイント還元率が1.5培
  • 年間利用金額に応じたポイント還元率アップ
  • 海外利用分はいつでもポイント2倍
  • 会員専用のインターネットモール利用でポイント2倍

MUFGカード・プラチナ・アメックス・カードは、日々の買い物や旅行などでポイントをお得に貯めたい人にとって最適なプラチナカードです。

「エポスプラチナカード」取得の年収・条件

エポスプラチナカードの年会費は30,000円(税込)で、学生以外の20歳以上の人が申し込めます。実際に取得した人の口コミを参考にすると、取得の年収目安は400万円以上です。

サービス・特典の内容は他のプラチナカードと比べて平均的ですが、エポスプラチナカードの最大の特徴は年会費の安さです。

実際、エポスプラチナカードには以下の特典があります。

  • 年間100万円以上の利用で、翌年以降の年会費20,000円に優遇
  • 100万円の利用で20,000円分のボーナスポイント付与

エポスプラチナカードは貯めたポイントで年会費を相殺できるため、ポイントを上手く利用すれば実質年会費0円でプラチナカードが持てます。

年収だけで決まらない!プラチナカードの審査や入手方法を解説

プラチナカードの取得可能な年収と条件について検証した結果、400万円以上の年収があれば取得できる可能性が十分にあることがわかりました。

ただ、十分な年収があったとしてもプラチナカードの審査に必ず通るわけではありません。ここでは、年収以外で注意しておきたい審査ポイントや入手方法について説明します。

プラチナカードの入手方法を4ステップで解説!

公式HPで必要事項を入力するだけで簡単に申し込めるプラチナカードで、年収や年齢などの条件をクリアしても審査に落ちてしまうことがあります。

では、年収などの条件以外に重要視される審査ポイントは何でしょうか。ここでは、プラチナカードを確実に入手するために必要なステップを説明します。

ステップ①良いクレヒスを作る

クレジットヒストリー(クレヒス)は、クレジットカードの審査で重要なポイントになります。

クレヒスとは、申込者の過去の借入やクレジットカード契約、その残高や返済状況の記録です。

上位ステータスのプラチナカードを作成する場合、良いクレヒスを積み重ねる必要があります。クレヒスを良くするには、クレジットカードを定期的に利用し、滞りなく返済していることが大前提です。

カードローンのキャッシングやスマホ機種代金の分割払いなどの返済遅延もクレヒスを悪くするため注意が必要です。

クレジットカードの審査落ちを繰り返していると「お金に困っている人」と見做される可能性があるため、最低6ヶ月間はクリーンな状態のクレヒスを維持することをおすすめします。

ステップ②十分な年収を確保する

プラチナカード取得に必要な年収は、およそ400万円から1,000万円です。ただし、各クレジットカード会社は年収の審査基準を明確に公表していないため、あくまでも目安です。

クレジットカード会社は、申込者の返済能力を総合的に審査します。取得可能な年収があったとしても、他社の借入状況によっては年収が十分でないと判断されることもあります。

プラチナカードは、最低限度額が300万円からの高額なカードもあるため、年収が足りない場合は転職も視野に入れて十分な年収を確保することをおすすめします。

ステップ③同じ会社のカードをたくさん使う

申し込みをするプラチナカードが決まったら、一般カードやゴールドカードなどの下位のクレジットカードを作成しましょう。

同じ会社のカードの使用実績を積み重ねることで、クレジットカード会社からの「信用」を得やすくなり、プラチナカードの作成に有利です。

もちろん、クレヒスに悪影響を与える延滞などはご法度です。延滞すれば、クレジットカード会社の「信用」を得られません。

ステップ④プラチナカードに申込む/インビテーションを待つ

ステップ①から③まで完了したら、残るは最終ステップの申込みです。ほとんどのクレジットカード会社は、公式HPよりプラチナカードの新規申し込みができます。

新規申込みでもプラチナカードを取得できる可能性は十分にありますが、クレジットカード会社からのインビテーションがあれば取得できる可能性はさらに高くなります。

インビテーションを得るには、下位カードを定期的に使用し、クレジットカード会社からの「信用」を得ることが重要です。

プラチナカード審査で年収以外に大事な条件は?

プラチナカード審査では、年収はとても大事な条件のひとつです。年収が多いほどプラチナカードを取得できる可能性は高まりますが、それだけでは十分ではありません。

クレジットカード会社は、申込者の返済能力を総合的に審査します。プラチナカード審査に大事な条件は以下の通りです。

  • クレヒスが良い
  • 十分な年収がある
  • 取引実績がある
  • インビテーションを受け取る

クレジットカード審査を通過するためには、申込者の信用力を高めることが大事です。過去の取引記録や契約も審査に影響するため、延滞などのクレヒスを悪くする行為は要注意です。

プラチナカード作成を決めたら、年収以外の条件もクリアできているか確認してから申込みをしましょう。

プラチナカードの「スゴさ」に迫る!サービス内容や利用者の口コミを調査

プラチナカードに対して「高い年会費を払うの価値はあるの?」「ただのステータスの証では?」と思う人も多いのはないでしょうか。

プラチナカードの最大の魅力は、付帯サービスの内容にあります。ここからは、プラチナカードのサービス内容について説明し、その「スゴさ」に迫ります。

プラチナカードのサービス内容は?

プラチナカードは、一般カードやゴールドカードよりも手厚い内容のサービスや特典が付帯されています。

クレジットカード会社によって付帯するサービス内容は異なりますが、主要なサービスをいくつか紹介します。

コンシェルジュサービス

コンシェルジュサービスとは、さまざまな依頼を無料で対応してくれる秘書サービスのことです。24時間365日、電話一本でいつでも対応可能なプラチナカードもあります。

レストランや宿泊ホテルの予約、新幹線や飛行機のチケット手配など、あらゆることを気軽に依頼できます。

残念ながら、年会費が安いプラチナカードには付帯していないこともありますが、プラチナカードの特典と言えばコンシェルジュサービスといってもいいほど便利なサービスです。

旅行に役立つサービス

海外旅行傷害保険は一般カードやゴールドカードにも付帯されていますが、プラチナカードはほとんどが1億円を上限とした補償内容です。

日本国内の空港ラウンジの無料利用に加え、海外の主要空港ラウンジも無料で利用できるプライオリティパスが付帯されたプラチナカードは多いです。

無料で飛行機の座席をアップグレードしてくれるサービスもあり、プラチナカードのサービスは、より快適な旅行をしたい人にとって非常に有り難い内容です。

その他のサービス

その他のサービスとして、高級レストランや料亭の食事代が安くなるサービスを提供しているプラチナカードも多いです。

通常のクレジットカードよりもポイント制度の優遇が受けられるプラチナカードも多く、ショッピングや外食で効率よくポイントを貯められます。

病気になった時に医師に相談できる専用ダイヤルを提供しているプラチナカードもあります。忙しくて病院にいく時間がない人にとって非常に役立つサービスです。

プラチナカードの利用上限額はどのくらい?

プラチナカードは利用上限額が高めに設定されており、カード利用額が多い人におすすめです。スタート時の上限額は200万円以上、最高限度額は500万円以上が一般的です。

クレジットカード会社によって上限額は異なりますが、年会費に比例して限度額は高く設定される傾向があります。

アメックス・プラチナカードのように一律に限度額が決められておらず、審査内容によって個別に設定されるカードもあります。

クレジットカード会社によって利用上限額は異なるため、プラチナカードを決める際は限度額にも注目して申し込みましょう。

プラチナカード利用者の口コミを調査!店員の態度は変わる?

プラチナカードを実際に利用している人の評判や満足度が気になる人は多いのではないでしょうか。ここでは、プラチナカードに関する口コミをいくつかご紹介します。

プラチナカードは、定職についていれば20歳から申し込めるカードもあります。実際に以下のようなツイートがありました。

このツイートをした人は、20代前半の男性です。この男性はプラチナカードを持ったことで高級レストランでも堂々とすることができ、世界観が変わったとツイートしています。

プラチナカードを会計時に出したことで、店員の態度が変わったなどのツイートは多くみられます。実際に、以下のツイートがありました。

高級ブランドショップなどでは、その人の年齢や装いで購入意欲があるか判断されてしまうことがあります。

このツイートをした人のように、会計前は全く相手にしてもらえなかったのに、プラチナカードを出したことで店員の態度が激変することは実際にあるようです。

プラチナカードは、ある程度の年収がないと取得できないカードのため、年齢や容姿に関係なく、持っているだけでその人自身のステータスを周囲に見せつけることができるのです。

プラチナカードに手が届かない…欲しい人は転職で年収アップ!

プラチナカード取得に必要な年収の目安は、およそ400万円から1,000万円です。

あと少し年収がアップすれば、プラチナカードに手が届くかもしれないと希望を持てた人も多いのではないでしょうか。一方、自分には到底無理と諦めてしまった人もいるでしょう。

しかし、年収が足りないとの理由で諦めるのは早計です。憧れのプラチナカードを持ちたい人は、是非この機会に年収アップを目指す転職を考えていきましょう。

転職する上で大切なのは、自分の力だけでなんとかしようとせず、専門知識をもつ転職エージェントを利用しながら転職活動することです。

転職エージェントとは、効率的に転職活動を進められるようにサポートしてくれる専門集団のことです。専門の担当者が求人選びや転職手続きを丁寧にサポートします。

ここでは、おすすめの転職エージェント3社を紹介します。年収アップを目指した転職エージェント選びの参考にしてください。

年収アップにおすすめ①パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、キャリアアップに特化した転職エージェントです。オリコン顧客満足度調査で2年連続1位(2019年、2020年)を獲得した実績があります。

転職者の年収アップ率は67.1%(2018年パソナキャリア調べ)で、今より好条件の職場への転職を徹底的にサポートしてくれます。

パソナキャリアの強みは、専門の担当者によるサポート・フォローが手厚いことです。

幅広い年齢層・業界に対応した多数の求人を抱え、全国各地に支店があることから地方転職にも強い特徴があります。

業界ごとに分かれた専門担当者から的確なアドバイスを受けられるため、転職先のミスマッチを防げます。

初めて転職活動をする人や、転職エージェントからの丁寧なサポートを受けたい人には、おすすめの転職エージェントです。

登録する(無料)

年収アップにおすすめ②リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数が業界1位の転職エージェントです。豊富な求人の中から仕事を探せるため、希望にあった職場を見つけやすいメリットがあります。

リクルートエージェントは大手リクルートグループが運営する人材紹介会社で、その知名度とブランド力を生かした転職サポートに定評があります。

企業と強固な信頼関係を築いており、「リクルートエージェントからの推薦なら安心できる」と、企業からの内定がもらいやすい傾向があると言われています。

中でも、専門担当者による交渉力の高さに定評があり、企業への推薦だけではなく年収交渉にも強い特徴があります。

転職者が企業に年収交渉を言い出しにくい場合は、リクルートエージェントに交渉を代行してもらいましょう。年収アップを目的とした転職活動を円滑に進めることが可能です。

登録する(無料)

年収アップにおすすめ③ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの求人を多く取り扱っている転職エージェントです。年収800万円以上の求人が80%を占め、非公開求人の紹介も豊富です。

世界39か国の地域で展開する世界最大級の転職エージェントで、外資系企業への転職も強みとしています。

全求人数の80%が非公開求人で、他の転職エージェントでは出会えないハイクラスの求人とマッチングできる可能性もあります。

ランスタッドのサービスには、年収300万円から400万円の人を対象にした「キャリアアップ転職サービス」と、年収500万円以上の人を対象にした「プロフェッショナル転職サービス」があります。

他の転職エージェントと同様に、専門担当者によるアドバイスも無料で受けられます。ランスタッドは、年収300万円以上でこれから年収アップを目指している人におすすめの転職エージェントです。

登録する(無料)

プラチナカードに関するよくある疑問

プラチナカードは、決して「お金持ちのみのアイテム」ではなく、自分でも取得できる可能性が十分にあると感じた人は多いのではないでしょうか。

プラチナカードに申し込もうと考えている人のために、ここではプラチナカードに関するよくある疑問について解説します。

プラチナカードの保有率は?

プラチナカードは多くの人が憧れを抱くステータスカードで、プラチナカードを持つ人はクレジットカード保有者全体の1%前後と言われています。

キャッシュレス化が進む中、クレジットカード保有者は年々増加傾向にありますが、プラチナカードは限られた人しか持てない特別なものです。

周りと少しでも差をつけたい人は、保有率が低いプラチナカードを持つことで、ちょっとした優越感に浸ることができるでしょう。

プラチナカードの年会費が高い…元は取れる?

プラチナカードの年会費は高額です。ただ、豪華な付帯サービスを賢く活用すれば十分に元は取れます。

おすすめは、高級レストランなどの優待です。2名利用時に1名分無料になるサービスを利用すれば、1度の利用で数万円得します。

海外の空港ラウンジを利用できるプライオリティパスは、通常は年間429ドル必要なサービスです。プラチナカードを持つと無料で利用できるため、十分に年会費分の元は取れます。

ゴールドやブラックカードとのステータス差は?

プラチナカードは、ゴールドカードとブラックカードの中間に位置するステータスカードです。

プラチナカードより格下のゴールドカードは、種類が豊富なうえに年会費5,000円以下の格安なカードもあり、ステータスカードの中では最も気軽に持つことができます。

プラチナカードより格上のブラックカードは、年会費や年収目安もプラチナカードより高くなります。100万円近い年会費のカードもあり、年収は最低1,000万円は必要と言われています。

ある程度の年収が必要なプラチナカード!転職して手に入れよう

プラチナカードは、最高ランクのステータスを持つカードです。高額な年会費を払い、一定条件をクリアすることで持つことが許されます。

ある程度の年収が必要になることから、手の届かないカードとして諦めてしまっている人も多いのが現状です。

プラチナカードは、クレジットカード保有者のわずか1%前後しか持っていない希少なカードですが、裏を返せばプラチナカードを持てば周囲の人と差をつけられるのです。

そのためにも、まず十分な年収を確保することが必要です。年収アップを目指すには、転職エージェントの力を借りて、希望に叶った転職をする必要があります。

転職活動は、今の仕事や職場を見直す良いきっかけにもなります。プラチナカードを諦めていた人も、転職で年収をアップを実現してプラチナカードを手に入れてみませんか。