プルデンシャル生命の年収は400万円未満から億まで!仕組みを徹底解説

プルデンシャル生命

大手生命保険会社のほとんどは、全企業の平均年収と同程度の年収400万円以上です。ただ、中には平均年収800万円を超える会社も存在します。

外資系大手生命保険会社のプルデンシャル生命の年収は、400万円未満から億円単位まで大きな幅があるとの噂があります。

この記事では、プルデンシャル生命の年収の実態と、その仕組みを徹底解説していきます。年収を上げたい方にぜひおすすめしたい転職エージェントを複数ご紹介します。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

プルデンシャル生命の年収は?売れない営業マンとトップ営業マンの差は

プルデンシャル生命の実際の年収はいくらなのでしょうか。

プルデンシャル生命の営業マンはフルコミッション(完全歩合制)を採用しているため、トップ営業マンと売れない営業マンの差が激しいと言われています。

ここでは、プルデンシャル生命の平均年収や年収の決め方ついて、詳しく解説します。

プルデンシャル生命とは

プルデンシャル生命は生命保険を組成・販売する会社で、アメリカのプルデンシャル・ファイナンシャルが親会社です。

日本では東京都千代田区に本社があり、全国に営業拠点を開設しています。2018年度末時点の従業員数は6,256人で、資本金は290億円です。

プルデンシャル生命が始めた日本初のサービスには、余命6ヶ月未満との診断が出た保険加入者が、存命中に死亡保険金を受け取れる「リビング・ニーズ特約」や「骨髄ドナー給付サービス」などがあります。

社会貢献活動や環境に対する取り組みにも力を入れる企業としても知られ、被災地支援など各種ボランティアに多くの社員が積極的に参加しています。

プルデンシャル生命・営業職(ライフプランナー)の平均年収

「2018年度決算 プルデンシャル生命の現状2019」によれば、プルデンシャル生命・営業職(ライフプランナー)の2019年の平均年収は、1,536万円です(月収128万円)。

ちなみに、2018年の平均年収は1,434万円でした。

年度ごとに平均年収にばらつきがあるのは、プルデンシャル生命は営業職(ライフプランナー)の報酬にフルコミッション(完全歩合制)を採用しているためです。

プルデンシャル生命の営業職(ライフプランナー)は、自分が売り上げた年間保険料の30%を1年目にもらえ、2年目以降はその8%をもらえる仕組みです。

この報酬システムは入社4年目まで続き、成績によって年4回ボーナスが支給されます。

プルデンシャル生命・内勤の平均年収(職種別)

「2018年度決算 プルデンシャル生命の現状2019」によれば、プルデンシャル生命・内勤の2019年の平均年収は570万円です。

このプルデンシャル生命・内勤の給与には、賞与や時間外手当、通勤手当などは含まれません。2018年と比べると、内勤の平均年収は約4万円増えています。

プルデンシャル生命の内勤の主な職種の業務内容と、新卒年収の推計は以下の通りです。

職種名業務内容新卒年収の推計

※賞与・手当含まず

フィールドサービススタッフ(事務)保険契約管理業務、営業支援、サポートなど273万6,000円
アクチュアリー会社収支の分析、保険金資金算出など292万8,000円
ITスタッフ営業支援システム開発、セキュリティ施策策定など279万6,000円
本社スタッフ事務作業、営業企画など279万6,000円

これはあくまで新卒年収の推計で、冒頭に挙げた平均年収と比べると2倍くらいの差があります。

プルデンシャル生命・営業職の年収の決まり方

プルデンシャル生命・営業職(ライフプランナー)は入社から2年間、TAPという制度で固定給が支払われます。初月は30万円で、その後2年にわたりこの固定給が減っていく仕組みです。

TAP制度は新人で顧客がいない間の生活費を賄う目的で支給され、総支給額は約300万円です。

最初の2年間は、どんなに契約数が多くても、月給の上限は120万円と決まっています。120万円を超過した分はプールされ、3年目にまとめてもらえるシステムです。

保険契約数を徐々に増やせばTAPの減額分が補填でき、自分の給与の安定させられます。入社3年目からは固定給制ではなく、フルコミッション制に移行します。

プルデンシャル生命・営業職(ライフプランナー)の年収は、自分が取って来られる契約数にかかっているのです。

MDRTの年収は?

MDRTに所属する会員は年収1,000万円以上です。年収数千万以上の営業職の人も含まれているでしょう。

MDRTとは「Million Dollar Round Table」の略で、生命保険業界で上位5%の売り上げを記録し、年収1,000万円以上の営業マンだけが入会可能です。

MDRTには世界で72,000人以上の会員がおり、プルデンシャル生命を含む世界70の国と地域の保険会社が登録しています。(2019年8月現在)

プルデンシャル生命はMDRT日本会会員数22年連続No.1をキープしており、現在その数は1,256名です。

経費で落とせる出費とは?

プルデンシャル生命・営業職(ライフプランナー)が経費で落とせる出費はありません。

他の生命保険会社の営業職と同様、保険契約締結のためにかかる交通費やお茶代、食事代、接待費などの経費は全て自分持ちです。

契約目的で遠方に行っても、かかる経費も全て自己負担です。生命保険会社の営業職は経費をどこまで抑えられるかが年収を左右する鍵です。

年収に対する経費の割合の例を挙げると、年収1,000万円のうち半分の500万円を自腹で払っている営業職の人も存在します。

プルデンシャル生命・営業職(ライフプランナー)への就職を希望している方も、転職前にかかる経費と収入のバランスを考えておきましょう。

ランキング入りしたトップ営業マンの年収は?

ランキング入りしたトップ営業マンの年収は、億単位であることが推測されます。

プルデンシャル生命の営業職の声には、「年収で億を稼ぐ人が社内に50人ほどいる。トップ3億くらい稼いでいる」との声があります。

プルデンシャル生命・営業職(ライフプランナー)は、3年目以降はフルコミッション制で、ボーナスも自分の前年の業績によって変動する「ボーナスレート」で支払われます。

このため、それぞれの営業マンによって年収額が大きく変わり、年収差が顕著なのが特徴です。

プルデンシャル生命に転職すべき?スカウトされた人が知っておくべきこと

プルデンシャル生命への転職を検討したり、スカウトを受けたりした場合に知っておいた方が良いことがいくつかあります。

ここからは、プルデンシャル生命への転職を考える際に役に立つ情報をまとめてご紹介します。

プルデンシャル生命にスカウトされた。基準は?

プルデンシャル生命の採用基準(条件)には以下の規定があり、スカウトを受けた場合、この基準をクリアしていることが前提です。

  • 大卒以上の最終学歴
  • 過去に保険業に携わった経験がない
  • 転職回数が2回以内(原則)
  • 25歳以上(原則)

この基準は、他の生命保険会社より厳しくなっています。ただ、プルデンシャル生命は人物重視で採用をしているため、例外で転職回数や年齢に関わらず採用する場合もあります。

プルデンシャル生命で人材採用を担当する営業所長には、採用ノルマがあります。このノルマは「年間2~3人の採用」とされ、ノルマ達成度によって自分の給与が決まります。

プルデンシャル生命は宗教みたいって本当?

「プルデンシャル生命は宗教みたい」との声があるのは確かです。

プルデンシャル生命の組織体制・文化に対する社員の意見に「宗教的な考えを持っており、支社長が横暴なことは悲惨です」「結局はエグゼクティブ・重鎮の支社長の言いなりの会社です」との声が見つかりました。

組織上層部の決定が横暴でも社員が従う構図が、「プルデンシャル生命は宗教みたい」との噂を呼んでいるようです。

企業や組織の実態を知るのに、現職で働く人や働いたことのある人の話を参考にするのも重要ですが、転職エージェントを上手く利用するのも賢明です。

優秀なコンサルタントが、独自の情報ルートで転職に関わる情報を入手してアドバイスをくれます。客観的なアドバイスができるのも強みです。

プルデンシャル生命・驚異の退職率とは

プルデンシャル生命の離職率は公式には発表されていません。ただ、現職社員・元社員の声を見ると高い離職率であると推測できます。

「カイシャの評判」のサイトでは、プルデンシャル生命・営業職(ライフプランナー)の中で、「退職を検討中」との声が200件以上あります。

退職を検討する理由には、「かさむ経費でメンタル的にも金銭的にもきつい。売り上げのために友人にも営業する必要があり、友人関係を壊す恐れがある」などがあります。

他にも「休日返上で毎晩遅くまで仕事をする必要があり、家族との時間が取れない」との声もありました。

プルデンシャル生命・営業職(ライフプランナー)は3年目からフルコミッション制のため、稼ぐ力がないと生活が困窮します。耐えられずに離職を決意する人多いようです。

売れてる営業マンは皆ツーブロックゴリラに見えるって本当?

ツイッター上には、「プルデンシャル生命の売れている営業マンは、みんなツーブロックゴリラに見える」との声が多数あります。

プルデンシャル生命・営業職(ライフプランナー)は、多い時に1日に数十件の商談を行います。そこで相手に洗練された印象を持たれるよう、身だしなみに気を付けています。

社内で共有している「できる営業職のイメージ」を皆で実践しているため、周囲には「みんなツーブロックゴリラに見える」との印象を与えています。

もちろん他企業に勤める人にも同じような見た目の人はいますが、プルデンシャル生命・営業職(ライフプランナー)の見た目に共通点が見られるのは事実です。

プルデンシャル生命の営業に転職した人の口コミ

プルデンシャル生命の営業に転職した人の口コミの1つに、「入社から2,3年は仕事とプライベートのバランスを考える余裕などない。売れている人ほど自由な時間がない」との声があります。

営業職はフルコミッション制のため、大幅な年収アップを狙えますが、それと引き換えに生活が仕事中心になってしまいます。

「仕事に前向きで、ポジティブな人にとっては恵まれた環境。ただ、成長意欲や積極性があまりない人は覚悟する必要がある」との口コミもあります。

プルデンシャル生命の営業に転職する理由で多いのは「高収入」です。しかし、高収入の可能性だけを見て、自分の強みや特性を活かさず転職するのは無謀です。

実際、入社3年後に固定給が無くなってから、プルデンシャル生命の営業として高収入を得られる人は一握りです。

転職先の条件として給与や待遇はもちろん大事ですが、その仕事が自分に合っているかを見極めなければ仕事は続けられません。

プルデンシャル生命より確実に年収を上げる方法

年収を上げるなら、性急な判断でプルデンシャル生命に転職するより、転職エージェントを活用して自分に合った転職先を見つける方が確実です。

プルデンシャル生命の営業所長から直接スカウトの電話がきても、単なる採用ノルマ達成目的の可能性もあります。

転職できたとしても、プルデンシャル生命・営業職(ライフプランナー)として高収入をキープして食べていくのは至難の業です。

経験豊富なコンサルタントが多数在籍する転職エージェントに登録して相談すれば、無理なく収入を上げられる転職先を紹介してくれます。

各転職エージェントは、ネットで簡単に会員登録できます。転職成功率を上げるためにも、複数の転職エージェントを利用することをおすすめします。

おすすめエージェント①パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、2020年オリコン顧客満足度調査で転職エージェント第1位を獲得した大手転職エージェントです。50,000件以上の求人数を誇り、業界トップクラスです。

高収入案件も多数あり、年収アップを考えている人におすすめです。キャリアコンサルタントのきめ細かなサポートにも定評のある転職エージェントとしても知られています。

年収1000万円以上の高収入求人は、公開求人だけで3,568件あります(2020年5月現在)。プルデンシャル生命と同じく、フルコミッション制で高収入を狙える外資系企業案件も多数あります。

&Careerが独自に調査したパソナキャリアの口コミは以下の通りです。

37歳女性・生命保険企画

企業から合格通知後、既存社員に話を聞きたいと要望しました。一度は断られたましたが、コンサルタントが根気強く調整してくれました。電話で悩んでいることを丁寧にヒアリングしてくれます。

30歳男性・メーカー営業

コンサルタントが間に立ってくれて自分で直接企業と交渉する必要がないのはメリットだと思います。希望年収なども素直に希望のものを伝えることができました。

「コンサルタントが丁寧な対応をしてくれる」「企業との直接交渉をしなくて済むのが良い」との口コミが目立ちました。

不安になりがちな転職活動に、転職コンサルタントが丁寧に対応してくれると安心できます。

顧客満足度業界No.1のサービスを利用して年収1000万円以上の高収入案件を狙うなら、ぜひパソナキャリアを利用しましょう。

パソナキャリアの公式サイト パソナキャリアの評判と口コミについて知りたい方は、次の記事をご覧ください。 パソナキャリアの評判は?500人の口コミ調査の結果

おすすめエージェント②リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職エージェント最大手です。転職支援実績No.1を誇り、業界最大級の非公開求人を有します。

「高収入」「ハイキャリア」求人を専門的に扱う転職支援サービスも提供しており、高収入・ハイキャリアの公開求人数は29,475件、非公開求人数は38,510件です。(2020年5月現在)

優秀なコンサルタントが応募書類の添削、面接対策に加え、企業との交渉などのサービスも提供しています。業界最大手ならではの質の高いサービスが売りです。

&Careerが独自に調査したリクルートエージェントの口コミは以下の通りです。

26歳女性・保険営業

求人の量が多いので、選択肢が沢山あります。そのため、迷っている人には選択肢が沢山あり、自分に合った企業に出会えます。経歴書の添削も何度もしてもらえます。

35歳男性・人材派遣営業

プロの視点で転職者の市場価値を判断してくれます。自分だけでは出会えない業界・職種にチャレンジできます。

リクルートエージェントの口コミでは「案件の量が多いので選択肢が広い」「コンサルタントがプロの視点を持って支援してくれる」との評判が目立ちます。

最大手転職エージェントの手堅いサポートから始めたい方は、ハイキャリア・高収入案件も数多く持つリクルートエージェントに登録してみましょう。

リクルートエージェントの公式サイト

おすすめエージェント③ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、年収800万~3000万以上のハイクラス転職求人にも強い転職エージェントです。プルデンシャル生命のような外資系企業・グローバル企業の案件を数多く揃えています。

年収1000万円以上の高収入案件は993件あります(2020年5月現在)。年収数千万円の求人も含まれ、プロジェクトマネージャーなどハイクラス求人も目立ちます。

ランスタッドは「コンサルタントと連絡がつきやすい」と評判の転職エージェントとしても知られます。

&Careerが独自に調査したランスタッドの口コミは以下の通りです。

22歳女性・薬局販売

使いやすくて便利です。レスポンスが早く、すぐに連絡がつきました。そのため、転職のプロセスがスムーズに進みます。転職しやすかったです。

41歳男性・食品製造販売

自分では巡り合えない求人を紹介してくれました。ハローワークにすらない案件も多数で、驚きました。

ランスタッドの口コミには「すぐに連絡がつくので転職がスムーズ」「案件が多数」との声が多くありました。

特に外資系や日本のグローバル企業に転職して高収入を目指すなら、ランスタッドをおすすめします。

ランスタッドの公式サイト

プルデンシャル生命で高年収を稼ぐのは一握り!まずは転職のプロに相談を

プルデンシャル生命で高年収を稼ぐ人はほんの一握りです。

額面上は高収入でも、実際には経費で出て行くお金が多く、完全歩合制のシステムに苦しみ、転職を後悔する人もいます。

「高年収」との耳あたりの良い言葉だけに飛びついて、安易に転職先を決めてしまうのは危険です。

自分に合った仕事に就いて年収を上げたいなら、ぜひ転職エージェントを利用してみましょう。ネットで簡単な登録を済ませるだけで、無料で経験豊富な転職のプロに相談できます。

求人数や求人内容も、転職エージェントによって異なるので複数のエージェントに登録しておくのがおすすめです。

転職のプロの支援を受ければ、無理せずに高年収を稼げる求人に出会えるでしょう。ぜひあなたも転職エージェントを上手く活用し、年収にも満足いく転職を実現しましょう。