社会福祉士の年収が低い!給料が上がる方法を徹底調査

社会福祉士は高齢者や障がいのある方、経済的ハンデを負う方を福祉や医療の面でサポートする社会福祉の専門職です。ソーシャルワーカーとも呼ばれています。

社会福祉士は医師や看護師などの「業務独占資格」ではなく、介護福祉士や保育士と同じ「名称独占資格」の国家資格です。

つまり、資格がないと「社会福祉士」を名乗ってはいけませんが、ソーシャルワーカーとしての仕事は資格がなくても従事できます。

福祉事務所や福祉関連施設、児童相談所、医療機関など、社会福祉士が活躍する場は多岐に渡ります。

相談者と福祉サービスをつなぐ重要な職業にも関わらず、社会福祉士の年収は同世代の平均年収より低いと言われています。

実際、社会福祉士の年収はどれぐらい低いのでしょうか?今回は、社会福祉士の年収の現状と、給料が上がる方法を徹底検証します。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

社会福祉士の年収は業務に見合わない?実態を徹底調査

社会福祉士は、主に下記の職場で相談者を福祉や医療サービスにつなぐ仕事を担います。

  • 各都道府県の福祉事務所
  • 社会福祉協議会
  • 高齢者福祉関連施設
  • 障がい者福祉関連施設
  • 学校
  • 児童相談所
  • 医療機関
  • 司法関係機関

「福祉」のくくりだけでも対象者や業務範囲は多岐に渡り、一人ひとりの状況に応じた支援を行うので、社会福祉士の業務は多忙を極めます。

社会福祉士はその多忙な業務に見合った年収を得ているのか、様々なデータから徹底調査します。

社会福祉士の平均年収・ボーナス・手当

社会福祉士の平均年収はいくらぐらいでしょうか?

社会福祉士は、主に福祉関連施設などで生活相談員や支援相談員として働いています。

厚生労働省の「平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果」によると、常勤の生活相談員・支援相談員全体の平均月給は321,080円、平均年収は3,852,960円です。

平均月給には手当と賞与も含まれ、内訳は以下の通りです。

  • 平均年齢:43.7歳
  • 基本給:210,570円
  • 手当:60,400円
  • 賞与:50,120円(月平均)

賞与は1ヶ月あたりの平均で、年額にすると約60万円です。基本給の3ヶ月分相当がボーナスとして支給されています。

手当や賞与を除いた基本給の金額は低めで、大卒の平均初任給(206,700円)とほぼ同水準です。

厚生労働省「平成27年度 社会福祉士及び介護福祉士就労状況調査結果概要」では、社会福祉士の男性の平均年収は約439万円、女性の平均年収は約339万円です。

社会福祉士の年収【年代別】

次に、年代別の社会福祉士の年収相場を検証します。

厚生労働省の「平成27年度 社会福祉士及び介護福祉士就労状況調査結果概要」には、社会福祉士の平均年収が記載されています。

■年代別の平均年収比較(性別、雇用形態問わず)

20~29歳30~39歳40~49歳50~59歳60歳以上
295万円346万円408万円475万円348万円

これによると、年齢とともに平均年収が上がる傾向があります。社会福祉士の年収のピークは50代で、平均年収475万円です。20代と比較すると、約30年で平均年収は180万円アップします。

参考に、性別で平均年収を比較すると、全体平均で男性が女性より約100万円多くなります。

■性別、雇用形態別の平均年収比較

男性女性
全体平均439万円339万円
正規職員454万円380万円
非正規職員(常勤)315万円277万円
非正規職員(パート)197万円146万円

男性の方が平均年収が高いのは、男女で社会福祉士の職責に違いはないものの、女性は出産や子育てなど家庭の事情でキャリアを一時中断したり、時短勤務を選択していたりするためとみられます。

社会福祉士の年収【就職先別】公務員や大企業は高い?地域包括支援センターの給料は?

社会福祉士が主に働く職場を先に紹介しましたが、職場ごとに年収に違いはあるのでしょうか。

社会福祉士が働く主な職場は、大きく下記に分類されます。

  1. 福祉事務所や児童相談所などの公的機関(公務員)
  2. 社会福祉協議会(非営利団体)
  3. 企業が運営する福祉関連施設
  4. 医療機関
  5. 地域包括支援センター(社会福祉法人)

1の公務員は、都道府県や市町村など、所属する自治体の条例に基づく公務員給料表に従って給与が決まります。

所属先で給与が高い傾向にあるのは都道府県で、平均月給は353,734円です。これに公務員の平均賞与4.5ヶ月分を加算すると、平均年収は約570万円です。

社会福祉士全体の平均年収377万円と比較すると、かなり高い給与水準です。2の非営利団体の社会福祉協議会も公務員に準じた身分で、給与体系は公務員とほぼ同じです。

3の民間企業は企業規模によって年収に差があり、大企業であれば年収も高めの傾向です。

求人例として、転職エージェントのパソナキャリアでは、年収340万~440万円の条件で大企業の公開求人が出ています。(2020年5月時点)

4の医療機関は公立病院か民間病院かで違いはありますが、2の民間企業と同様の年収幅です。

5の地域包括支援センターは、主に各自治体から社会福祉法人が業務委託を受けて運営されているので、給与水準は所属する社会福祉法人の給与体系に従います。

転職サイトに掲載されている地域包括支援センターの平均月給は224,000円とあるので、給料は特別高い水準ではありません。

社会福祉士の給料を看護師など他職種と比較

社会福祉士の給料は、医療業務に従事する他の職種と比べて高いのでしょうか、低いのでしょうか。

医療業務に従事する国家資格の職種のうち、看護師、薬剤師、理学療法士・作業療法士と年収を比較します。

以下の表は、これらの国家資格職種の平均年収を「平成30年賃金構造基本統計調査」より抜粋し、企業規模10人以上で年代別(性別問わず)にまとめたものです。

20~29歳30~39歳40~49歳50~59歳
社会福祉士※2,950,000円3,460,000円4,080,000円4,750,000円
看護師4,227,400円4,915,200円5,192,700円5,540,900円
薬剤師4,107,900円5,763,600円6,311,700円6,277,900円
理学療法士、

作業療法士

3,594,000円4,177,800円4,798,700円5,533,800円

(※社会福祉士は「平成27年度 社会福祉士及び介護福祉士就労状況調査結果概要」より抜粋)

他職種と比べると、全年代で社会福祉士の年収が一番低いです。社会福祉士の次に年収が低い理学療法士・作業療法士と比較しても、20代で既に約65万円の差があります。

看護師の平均年収と比較すると、20代で平均年収約130万円の差があります。

社会福祉士は福祉系で給料は安い?高い?

同じ福祉系の職種と比較した場合、社会福祉士の給料は高いでしょうか。

下記の表は、厚生労働省の「平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果」より抜粋した、福祉系職種の平均年収状況です。

平均年収平均月給平均基本給平均手当額平均賞与
生活相談員・

支援相談員

3,852,960円321,080円210,570円60,400円50,120円
介護支援専門員4,203,840円350,320円217,690円74,100円58,540円
介護職員3,611,640円300,970円181,220円71,330円48,420円
保育士※3,599,640円299,970円241,150円58,820円

(※保育士の平均年収は「平成30年賃金構造基本統計調査」より抜粋)

社会福祉士は、生活相談員・支援相談員に含まれます。社会福祉士全体の平均年収ではありませんが、社会福祉士の年収は福祉系では介護支援専門員の次に高い給与水準です。

社会福祉士が年収を上げる方法は?

社会福祉士の給料は福祉系の職種では高めとはいえ、資格手当や賞与を除くと基本給は全体的に低い傾向で、平均年収も決して高いとは言えません。

社会福祉士が年収を上げるにはどのような方法があるのでしょうか?年収を上げるための方法をいくつか検証します。

公務員を目指す?

福祉事務所や児童相談所などの行政機関や公立病院、一部の地域包括支援センターで働く社会福祉士は公務員です。

公務員は年齢が上がるごとに年収も上がり、都道府県であれば平均年収約570万円、役職に就けば年収は約600万~700万円まで上がります。

公務員は年収アップへの近道ですが、公務員になるには福祉職の地方公務員試験を受ける必要があります。公務員を目指すには下記の高いハードルがあります。

  • 公務員試験の難易度の高さ
  • 年齢制限がある(30~35歳)
  • 試験は年1~2回

公務員試験の難易度は高く、平成30年度の東京都職員2類(福祉)試験では、採用予定者17名に対して合格倍率は5倍でした。

公務員試験の対策にはかなりの労力が必要で、1次選考で一般教養と専門知識の筆記試験、作文、集団面接、2次選考でグループディスカッションと個別面接があります。

受験できる年齢制限もあり、転職で公務員を目指すのはあまりおすすめできません。

管理職を目指す?

現在の職場でキャリアアップして管理職を目指すのも、年収アップさせる方法の一つです。

職場の規定にもよりますが、管理職に就けば役職手当が付くので、月給は数万円上がります。ただし、上の管理職になるほど、管理職としての業務が増加します。

施設管理者などの上級管理職は経営層に近い立場のため、相談・支援業務よりも組織の運営管理などのマネジメント業務が多くなります。

現場の業務からは離れる上、管理職になると残業代が出なくなるため、年収が期待したほど増えない可能性もあります。

社会福祉士として現場に立ち続けたいのなら、管理職を目指すことはおすすめできません。

独立する?

独立型社会福祉士」として独立するのも、社会福祉士が年収を上げる選択肢の一つです。自分で事務所を構えて、独立開業するのです。

独立型社会福祉士の主な業務は、成年後見人制度に関する支援や相談です。このほか、障がい者や高齢者への相談支援や、講習会などの講師の仕事があります。

上記のような案件を安定して受注できれば収入は安定します。ただし、経営手腕や営業スキルが無ければ、事業継続は困難です

そのため、安定した収入を得るために、介護保険を扱える介護支援専門員や、介護福祉士、精神保健福祉士の資格を取得し、業務の幅を広げる必要があります。

独立型社会福祉士が高い年収を得るには、資格を追加取得する努力やリスクを背負う覚悟が必要で、おすすめできません。

今より待遇の良い職場に転職するのが一番確実

ここまで、社会福祉士が年収を上げる方法を検証してきましたが、どの方法もデメリットがあり、リスクや相当の努力・不確実性が伴います。

社会福祉士としての仕事をしながら年収アップを図るのであれば、現状よりも待遇の良い職場に転職するのが一番確実です。

転職で年収アップを実現させるなら、転職エージェントの利用は必須です。転職エージェントには下記のメリットがあります。

  • 非公開求人も含めた案件を紹介してくれる
  • 求人への応募や面接の日程調整の代行をしてくれる
  • 履歴書の添削やアドバイス、面接対策を行ってくれる
  • 年収交渉を代行してくれる

仕事をしながら転職活動にまとまった時間を割くことは難しいです。転職エージェントは求人探しや求人応募を代行してくれるので、無駄な時間と労力を割かずに済みます。

自分一人ではなかなか上手くいかない年収交渉も、転職エージェントに交渉を代行してもらえば、年収をアップさせて転職できます

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、大手人材派遣会社の株式会社パソナが運営する転職エージェントです。全都道府県に拠点を持ち、16,000社以上の企業と取引実績があります。

パソナキャリアは他の大手転職エージェントと比較すると求人数は少ないものの、専任のキャリアアドバイザーは親身でサポートが手厚く、求人の質も高いとの口コミが多く見られます。

  • 担当者の対応が丁寧で安心して任せられる
  • 他の転職エージェントと比較して求人の質が高い
  • 履歴書の添削や面接アドバイスなどのサポートが充実している

パソナキャリアが持つ全体の求人件数は50,000件以上で、このうち約80%は非公開求人です。特筆すべき点は、転職者の約67%が年収アップに成功している点です。

社会福祉士の求人は、年収340~440万の条件で大企業の公開求人などが出ており、非公開求人も多数あります。(2020年5月時点)

パソナキャリアの公式サイト パソナキャリアの評判と口コミについて知りたい方は、次の記事をご覧ください。 パソナキャリアの評判は?500人の口コミ調査の結果

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、株式会社リクルートキャリアが運営する転職エージェントです。取引者数、登録者数、転職成功実績は業界トップを誇ります。

取り扱う求人件数は業界で最も多く、公開求人は約10万5,000件、非公開求人は約11万5,000件あります。

リクルートエージェントの口コミで最も多いのは、求人数の多さと質の高さです。

  • 求人数の多さと求人のバリエーションは一番
  • 首都圏だけでなく地方の求人数も多い
  • 専門職の求人が多い
  • 求人数だけでなく求人の質が良い

業界最大手だけあって、企業からの信頼度も高く、優良な求人を多く抱えています。サポート体制も充実し、書類添削や面接対策は高い評価を得ています。

リクルートエージェントには、2020年5月時点で社会福祉士の公開求人が100件以上出ており、年収500万以上の求人も複数あります。非公開求人も多数あります。

リクルートエージェントの公式サイト

ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、外資系転職エージェントです。世界39ヶ国で事業を展開し、日本でも全国各地に93の拠点を構えています。

ランスタッドは、20代・30代向けの「キャリアアップ転職」サービスと、ハイクラス向けの「プロフェッショナル転職」サービスを提供しています。

キャリアアップ転職の公開求人は約8,600件、プロフェッショナル転職の公開求人は約1,600件あり、非公開求人も多数保有しています。

ランスタッドに関する口コミでは、コンサルタントの手厚いサポートを評価する声が多く見られます。

  • コンサルタントが親身にサポートしてくれる
  • 書類の添削や面接対策が丁寧

キャリア面談や書類添削などのサポートが充実しているとの声が多いです。ただし、他の大手転職エージェントと比較すると求人件数は少ないです。

社会福祉士の求人は福祉施設を中心に、管理職候補も含めた公開求人が出されているほか、非公開求人も多数あります。(2020年5月時点)

ランスタッドの公式サイト

マイナビ介護職

マイナビ介護職

マイナビ介護職は、大手転職サイトのマイナビが運営する、介護と福祉専門の転職エージェントです。介護業界専任のキャリアアドバイザーが転職支援を行っています。

全国の求人を取り扱っており、公開求人数は39,000件以上で、分野特化型のエージェントの中で求人数はトップクラスです。求人の質も高く、優良求人が多いとの評判です。

キャリアアドバイザーの対応の良さも口コミでよく上がっています。

  • 業界に特化しているので、介護や福祉の求人が豊富
  • キャリアアドバイザーが親身に相談に乗ってくれる
  • 自分の希望に合った職場を紹介してくれる

キャリアアドバイザーは介護業界に精通しているので、希望する条件とのミスマッチは少ないです。書類添削や面接対策などの手厚いサポートも行ってくれます。

2020年5月時点で、社会福祉士の資格所有者対象の求人数は、全国で4,000件を超えています。特に管理職候補を対象とした求人では、年収500万円以上の案件が多数出されています。

社会福祉士に関するよくある質問

ここでは、社会福祉士の仕事の実情や、年収をどこまで上げられるかなど、よくある質問をまとめました。

社会福祉士で年収アップを考えている方は参考にしてください。

社会福祉士が年収500万円を目指すには?

社会福祉士の年収はピーク時でも平均475万円で、500万円には届きません。では、社会福祉士が年収500万円を目指すにはどうすればよいでしょうか。

社会福祉士が500万円まで年収を上げる方法は下記の3つです。

  1. 公務員試験に合格し、公務員になる
  2. 「独立型社会福祉士」として独立開業する
  3. 今より待遇の良い職場に転職する

1の公務員は、年齢が上がり役職にも就けば年収は約600万~700万まで上がるので、年収500万円は実現可能です。

ただし、公務員試験に合格し、昇進する必要があり、困難で長い道のりです。

2の独立開業は、経営者としての才覚があれば、500万円よりもさらに高収入が可能です。その代わり、収入の保証が無くなるなどの様々なリスクを背負います。

3の転職は、転職エージェントを上手く利用すれば、年収500万円の条件で転職することも可能です。これが一番リスクも低く、より確実な方法です。

社会福祉士の求人数の多いマイナビ介護職では、管理職候補であれば年収500万~600万円の求人が多数出されています。

社会福祉士は年収1000万円も可能?

社会福祉士が年収1000万円を実現させるのは、公務員でも大企業への転職でも不可能です。実現できる可能性があるのは、「独立型社会福祉士」として独立開業した場合のみです。

独立型社会福祉士は、成年後見人制度に関する支援と相談を主な業務とします。ほかには、他の資格を取得して業務の幅を広げたり、講習会や講演活動などで収入を得ます。

独立型社会福祉士は独立例が少ないことから、請け負う業務の報酬に決まった相場がありません。自ら設定する報酬単価や、抱える顧客数によって、得られる収入も変わってきます。

高い報酬設定と安定した顧客数を獲得できれば、年収1000万円も実現可能です。ただし、独立はリスクが高く、収入も安定しないため、独立前より年収が下回る可能性もあります。

社会福祉士は「需要ない」って本当?

社会福祉士は、高齢者や障がい者の介護やサポート、経済的に厳しい状況にある方の支援、児童福祉、成年後見人など、幅広い分野で福祉業務を行います。

社会福祉士が活躍する職場も、行政機関や福祉施設、医療機関、学校など多岐に渡るので求人数も多く、社会福祉士の需要は大きいです。

社会福祉士の資格保有者は右肩上がりで増え、平成20年度から平成30年度までの10年間で、約10万人から約23万人へと、倍増以上になっています。

日本は高齢化が今後も進むため、介護・福祉分野で社会福祉士の役割がますます重要になるとみられます。

社会福祉士の年収まとめ

社会福祉士は資格取得の難易度が比較的高い国家資格にも関わらず、年収の水準は決して高くありません。本記事内でも紹介したように、ピーク時でも平均年収は500万円に届きません。

公務員試験に合格して、定年まで安定した年収を得られる人や、独立開業して高い収入を得られる人は、あくまで一握りの限られた人だけです。

社会福祉士が確実に年収アップを実現させるためには、転職エージェントを利用して転職するのが一番の近道です。

転職エージェントは、求人への応募から履歴書・職務経歴書の添削、面接の日程調整、年収交渉など、転職のプロとして手厚いサポートを行ってくれます。

介護業界に精通した転職エージェントを利用すれば、自分の希望とのミスマッチを起こすことなく、より好条件で転職できます。

社会福祉士としてのキャリアアップと年収アップを図りたい方は、ぜひ当記事内で紹介した転職エージェントを活用して転職を成功させてください。