シャープの年収が意外と低い?役職・職種・年代・学歴別に調査!子会社も

シャープ

シャープは1912年に早川徳次が創業した100年以上の歴史を持つ企業です。

空気清浄器などに使われるプラズマクラスターや、亀山モデルで名をはせた液晶テレビ「AQUOS」などが有名で、最近ではマスクの生産で話題になりました。

現在は台湾資本の鴻海(ホンハイ)の傘下に入り再出発していますが、リストラの影響もあり年収が低いとの噂があります。

この記事ではシャープの年収の実態について、年代別・役職別・職種別など様々な角度から明らかにしていきます。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

シャープの年収は?役職・職種・年代・学歴別まとめ

ここではシャープの平均年収を見たうえで、役職・職種・年代のほか、高卒や大卒、院卒などの学歴別、子会社別に年収を解説します。

まずは平均年収・平均年齢から見ていきましょう。

シャープの平均年収・平均年齢

シャープの有価証券報告書から、最近6年間の平均年収を表にまとめました。

決算書平均年収平均年齢従業員数
2020年3月期737.3万円44.9歳10862人
2019年3月期759.2万円44.6歳12518人
2018年3月期753.8万円44.6歳13261人
2017年3月期646.1万円43.8歳13363人
2016年3月期633.7万円43.4歳14544人
2015年3月期728.7万円43.3歳17529人

鴻海(ホンハイ)の傘下に入ったことに伴うリストラの影響で、2015年度から2016年度にかけて年収が100万円近くダウンしましたが、2018年には2015年以前の水準に戻っています。

次に日本人平均年収、上場企業の平均年収を比較してみましょう。

  • 日本人の平均年収:441万円
  • 上場企業の平均年収:606.7万円(2591社)

いずれと比較してもシャープの平均年収が高く、「年収は低い」との噂は事実と異なることが分かります。

次は、具体的な初任給、年代別年収について見ていきます。

シャープの初任給

シャープの新卒の初任給は、公式採用サイトより以下の通りです。

2019年度実績

  • 修士了:月給243,000円
  • 大学卒、高専 (専攻科) 卒:月給218,500円
  • 高専 (本科) 卒:月給191,500円

現在は高専以上の採用で、高卒の採用枠はありません。なお博士課程修了の初任給は「別途」としか記されておらず、詳細は判明しませんでした。

初任給が最も高い大学院卒は、大卒より2万4500円、高専卒より5万1500円高く設定されています。

ちなみに厚生労働省「賃金構造基本統計調査(初任給)」(2018年)によると、大卒初任給は平均206,700円、院卒初任給は平均238,700円です。

シャープの初任給は全ての学歴で全国平均を上回っていることが分かります。

次に年代別の年収について詳しく見ていきましょう。

シャープの年収・年代別

シャープの年収について年代別に記します。以下はopenworkの口コミや公的機関の情報を基に独自に算出した年代別年収です。(新卒入社の社員を想定)

年代年収事例
20代400万円:男性、研究開発

400万円:女性、営業

440万円:男性、営業職、主任

450万円:男性、エンジニア

500万円:男性、営業職

30代500万円:男性、研究開発、主事

550万円:男性、研究開発、主事

600万円:男性、技術

720万円:男性、社内SE

750万円:男性、技術、係長

40代650万円:男性、技術(主任)

750万円:男性、技術(課長)

750万円:男性、研究開発(係長)

800万円:男性、研究開発(課長)

1100万円:男性、研究開発(部長)

各年代の年収事例をまとめると、以下の通りです。

  • 20代 400~500万円
  • 30代 500~750万円
  • 40代 650万円以上

年代別に見ると、入社後から30代までは右肩上がりに年収が上がる傾向です。

30歳付近では残業代を含めると600万円近くまで、係長以上は年収700万円以上に届きます。

ただ、ホンハイ傘下に入って以降は成果主義の傾向が高まっており、年齢に関わらず成果に応じて給料が上がり、非管理職の年配社員は年収が下がるケースもあります。

したがって今後は年代に関わらず、年収に差が生じるケースが増えてくると考えられます。

次は役職別年収について見ていきます。

シャープの年収・役職別

シャープの役職別年収について検証します。

シャープでは、役割等級制度を適用しています。企業の定めた経営計画を達成するために、従業員が果たすべき役割を明確にし、役割の大きさに応じて等級や序列を決める制度です。

メリットには以下の点が挙げられます。

  • 業務における役割が明確となり、主体性が生まれる
  • 本人の実力に応じた役割を与えらえる
  • 人件費を適正化しやすい

役割等級制度の導入に伴い、ボーナスの支給方針も変えています。

シャープはボーナスを全社員平均で4カ月分となるようにしており、個々の支給額を成果に応じて1~8カ月分まで変動させる方式を取っています。

同じ年齢でも、個人の役割や部署の成果によってボーナス支給額が変動し、年収に差が生じる可能性があります。

なお、参考までにopenworkの口コミからまとめた役職別の年収は以下の表の通りです。

区分役職年収事例
課員主任年収500~550万円(29歳男性)
係長年収750万円(30代男性、残業30時間)
管理職課長年収850~900万円(新卒16年目、40歳、開発課長)
部長年収1100万円(新卒21年目、45歳)
役員取締役年収3328万円(役員一人あたり平均)
代表取締役1億3700万円(戴正呉会長兼社長)

管理職(課長)以上でシャープの平均年収(737万円)を超え、部長クラスで1000万以上の年収を得られることが分かります。

次に職種別の年収を見ていきます。

シャープの年収・職種別

シャープの職種別年収について記します。

openworkの口コミより、在籍5-15年目の社員の職種別年収をまとめました。

  • 営業職:在籍10~15年 600~650万円
  • 開発:在籍10~15年 550~700万円
  • 技術:11年目係長 750万円(残業平均月30時間、ボーナス4か月)
  • 企画:在籍10~15年目 670万円(基本給38万円、残業代5万円、ボーナス152万円)
  • 研究開発:40歳係長 600~650万円
  • エンジニア・SE:院卒10年目 35歳 720万円

職種全体で550万~750万円の範囲に収まっており、職種間で年収の大きな違いは見られません。

次は学歴別の年収を見ていきましょう。

シャープの年収・学歴別

シャープの学歴別年収を検証します。以下の表は、新卒採用情報をもとに想定年収を学歴別に算出したものです。残業は月20時間、賞与は4か月分を想定して計算しています。

学歴想定年収基本給(月)残業代(月)推定賞与(初年度)
院卒450万円24万円4万円100万円
大学卒410万円22万円3.5万円100万円
高専370万円19万円3万円100万円

院卒と大卒では年収で40万円、院卒と高専では80万円弱の差がつくことが分かります。

その後、主任・係長は入社年数とともに昇格・昇給していきます。課長以上は能力や部署の実績により年収が決まるため、学歴に関係なく役職の有無で年収の差が生じます。

シャープの採用大学

シャープの採用実績のある大学は以下の通りです。

  • 愛知工業大学
  • 青山学院大学
  • 麻布大学
  • 大阪大学
  • 大阪体育大学
  • 金沢工業大学
  • 関西大学
  • 鳥取大学
  • 九州大学
  • 京都大学
  • 北海道大学
  • 横浜国立大学
  • 早稲田大学ほか

北海道から九州まで全国各地の大学より万遍なく採用していることが分かります。大学の名前にとらわれず、多様な人材を採用しているのです。

シャープは学歴よりも、学生時代の研究内容や優れた経験・実績、中身を重視していると考えられます。

このほか、シャープは外資系企業の傘下に入ったため、英語・中国語のニーズも高まっています。

そのため、東京外国語大学、神田外語大学、関西外国語大学などの語学に強い人材も採用されています。

シャープの子会社年収

ここからはシャープ子会社の年収を見ていきましょう。シャープの連結子会社は国内に14社あります。

連結対象の子会社には有価証券報告書がないため、社員の口コミを基に年収をまとめました。

企業名年収事例
シャープマーケティングジャパン株式会社
  • 年収500万円:20代男性
  • 年収550万円:30代男性、主任
  • 年収650万円:30代男性、営業
  • 年収800万円:40代男性、課長
シャープファイナンス株式会社
  • 年収350万円:20代男性
  • 年収500万円:30代男性
  • 年収600万円:30代男性、主任
Dynabook株式会社
  • 年収400万円:20代男性、営業
  • 年収450万円:20代男性
  • 年収700万円:30代男性
  • 年収800万円:40代男性

シャープマーケティングジャパン、Dynabookはシャープとほぼ同等の年収水準です。

シャープマーケティングジャパンは、シャープと同様の役割等級制度を導入しています。

シャープファイナンスは、シャープより年収は低めです。

シャープに高年収で転職を成功させる方法

ここでは、シャープに高年収で転職する方法について紹介します。

シャープへの転職を実現するためには応募職種が求める経験を保有しており、実績を効果的にアピールすることが重要です。

まず、採用情報から見ていきます。

シャープの採用情報は?

シャープの公式ホームページに掲載されている採用情報を紹介します。転職者向けの中途採用職種は下記の通りです。

  • 技術系
  • 営業系・スタッフ系

上記の職種を細かく見ると、2020年9月時点で下記の募集があります。

技術系

  • 水関連テーマの開発
  • 新規センサ/アナログウエハプロセス開発
  • IoTセンサーモジュールのソフトウェア開発
  • クラウドデータ活用ビジネス企画

など

営業系・スタッフ系

  • プロジェクトファイナンス
  • 国内におけるソーラー営業職
  • 経理マネージャー 及び 候補者
  • コーポレートブランディング

上記以外にも多数の職種で中途採用を行っています。

募集要項には職務内容・必要な資格・待遇・勤務地が記されていますが、具体的な想定年収は記載されておらず、応募してみないと分からない状態です。

したがって、年収などの具体的な待遇は選考時および内定時に交渉を進める必要があります。

事前に具体的な情報を得たい場合は転職エージェントに登録して聞いてみることをおすすめします。

シャープの転職難易度は?

シャープは日本を代表する総合電機メーカーであるため、応募が殺到する傾向にあります。

実際、社会人が選ぶ「働きたい企業」でシャープでは、上位300社中94位にランクインしています。

シャープでは募集職種により要求されるスキルに差異がありますが、語学力として英語・中国語のビジネス会話スキルを求めています。

具体的には英語はTOEIC600点以上を求める職種もあります。

さらに現在の転職市場では、コロナショックの影響で有効求人倍率が低下し、採用基準が厳しくなっています。したがって、転職難易度は高いです。

シャープの選考フローは以下の通り、他の企業とあまり変わりません。

  1. 書類選考・Web適性検査
  2. 1次面接
  3. 最終面接

ただし募集職種に応じた専門的な経験が必要なため、企業分析と自己分析、志望動機など基本的な内容をおさえることが大切です。

その上で、自身の経験が募集職種とマッチしており、担当者に即戦力として活躍できると思わせることが重要です。

シャープへの転職を成功させる方法

シャープの転職は、公式採用サイト、転職サイトのどちらからも応募可能です。

ただし、コロナ禍で求人倍率が低下し、転職市場全体の難易度が上がっていることを考えると、転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職エージェントに登録するメリットは以下の通りです。

  • 履歴書、職務経歴書の添削サービスがある
  • 面接の練習がある
  • 非公開の求人情報を紹介してもらえる
  • キャリアアドバイザーが年収交渉をしてくれる

プロのキャリアアドバイザーによる添削・指導を受けることで第3者の目を通じて、自分の転職市場価値を高められます。

非公開の求人を紹介してもらえば、比較的低い競争率のもとで応募ができ、それだけで内定率がアップします。

キャリアアドバイザーの交渉により選考通過への後押しとなったり、年収アップを勝ち取れる可能性があります。

ここからはシャープの転職に適したおすすめの転職エージェントを紹介します。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは2019年・2020年と2年連続でオリコン顧客満足度調査・転職エージェント部門で総合第1位を獲得しています。

公開求人だけでも約3万件、さらに非公開求人を含めると5万件以上の求人を有しているため、業界・職種を問わずに求人を紹介してもらうことが可能です。

現在、シャープの公開求人はありませんでしたが、「電機」のキーワードで調べると1051件の案件が見つかりました。シャープと同業界の求人も多いことが分かります。

パソナキャリアは企業からの評判が高く、取引先企業も多岐にわたっています。このため、パソナキャリアのみに紹介される独占求人が多いです。

電話やメールのレスポンスが早いなど、キャリアアドバイザーのサポート・フォローに安心との声も上がっています。

女性活躍推進コンサルティングチームがあり、女性の転職に力を入れているのも特徴です。

シャープへの転職だけでなく、転職が初めての場合や不安に感じる場合でも安心して利用できる転職エージェントです。

登録する(無料)

リクルートエージェント

リクルートエージェント

日本最大級の転職エージェントです。求人数は非公開求人を合わせると30万件以上と業界最多です。

圧倒的な求人数のため、良い求人にめぐり会える可能性も高いといえます。

リクルートエージェントの保有するシャープ関連の求人を紹介します。

  • 会社名:シャープ株式会社
  • 想定年収:450万円~1000万円
  • 仕事内容:AQUOSブランドの画質設計およびマネジメント業務

幅広い求職者に対応しており、転職未経験でも「職務経歴書エディター」が用意されているため、簡単に職務経歴書を作成できます。

無料で参加できる面接対策や面接力アップセミナーが随時開かれているので、面接などの傾向も事前に確認できるので転職エージェントです。

登録する(無料)

ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは1960年にオランダで設立された世界最大級の転職エージェントで、世界で年間20万人の転職をサポートしている実績があります。

現在、ヨーロッパを中心に世界39の国と地域に4700以上の拠点を持っています。国内企業に限らず、外資系・グローバル企業の求人を幅広く取り扱っているのが大きな強みです。

主な求人対象者はハイクラスの30代で、経験やスキルが豊富な方向けのため、年収アップを望めます。

現在、シャープの公開求人はありませんでしたが、「電機」のキーワードで調べると138件の案件が見つかりました。

このほか、全国に支店を持つため、地方在住者も容易にアクセスし、求人情報を得られるのも大きな魅力です。

登録する(無料)

シャープの年収についてもっと詳しく!

ここまで、年代別・役職別・学歴別などの観点別に、シャープの年収を検証してきました。

ここからはボーナス事情や給与明細、競合他社との比較を通じて、シャープの年収事情についてさらに深堀りしていきます。

まずはボーナスについてです。

シャープの2019年・2020年ボーナスは?

シャープは今年度より年2回のボーナス支給から、3月・6月・12月の年3回のボーナス支給へと変更しました。

四半期ごとの業績を素早く賞与に反映させることで、社員の意識改革を促すのが目的とされています。

ボーナス支給は会社全体の業績連動ではなく、所属部門の成績と個人の成果によって支給額が決定されます。

賞与は社員の成績に応じて1~8か月分まで差をつけるとされていますが、口コミによると現状ではそこまで差がつくことはなく、3~5か月分となるとのことです。

基本給が30万円とすると、ボーナスは90~150万円です。

ただ、2020年のボーナスは新型コロナウイルスの影響で大幅減収のため、従来より減額されるとの報道がありました。

今後もコロナウイルスによる業績の影響があり、ボーナスがどう変動するかは読みづらい状況にあります。

シャープの給料明細を公開している人はいる?

シャープの給与明細について調べたところ、ネット上で3つのケースが見つかりました。

事例1:32歳男性、入社10-14年目

  • 役割給:322700
  • 早出残業代:51887
  • 休日出勤手当:65188
  • 代休取得清算:-32411
  • 支給総額:407364
  • 差し引き支給額(手取り):313113

この内容を年収換算すると、ボーナスを130万円として約630万円です。

事例2:年齢不明(役職:参事)

  • 業績月俸:577600
  • 控除総額:230410
  • 差し引き支給額:347190

このほかにボーナスを100万円として年収に換算するとおよそ800万円です。

事例3:30歳男性 技術職

  • 基本給 340000
  • 時間外手当 60000
  • 総支給額 400000
  • 定期賞与Ⅰ:600000
  • 定期賞与Ⅱ:600000
  • 年間総支給額:1200000

したがって、年収は600万円です。

シャープの年収は高い?低い?年収ランキングを調査!

ここでは、シャープの年収についてさらに別の角度から見ていくこととしましょう。

まずはシャープと同業界の電機業界で比較してみましょう。

  • 「40代年収」が高い企業ランキング全1000社中、496位 729.2万円(2020年度)
  • 電機業界全200社中、第48位
  • 白物家電産業 平均年収 713万円

同業界で比較したところ、電機業界の平均より若干年収が高いことが分かります。

次に競合他社との年収を比較してみましょう。

openworkの口コミより同世代の年収を比較してみます。各社とも入社10年目前後の口コミを比較しました。

企業名年収例
シャープエンジニア、院卒10年目:720万円
ソニー設計、院卒10年目:850~900万円
パナソニック研究開発、36歳、課長:800~900万円
東芝研究開発、院卒10年目:750~800万円
京セラ技術、入社10年目:800~900万円

35歳前後では、シャープの年収は他社とほぼ同等か、20~30万円より低い結果が出ました。

シャープの年収まとめ

本記事では、シャープにまつわる年収事情について、様々な面から比較・検証してきました。

台湾資本の鴻海の傘下に入り一時期年収は下がったものの、ここ5年で平均年収が100万以上上がっています。

シャープの年収は日本人平均や上場企業・同業界など様々な企業を比較した結果、高いことが判明しました。役職次第では年収1000万を超えるケースもあります。

シャープへの転職を実現するためには、非公開求人などを数多くの求人を抱えた転職エージェントに登録し、サービスを受けることが最も効率が良い方法です。

本記事で紹介したパソナキャリア、リクルートエージェント、ランスタッドは様々な転職エージェントの中でも評判が良いです。

シャープへの転職を考えている方は、これらの転職エージェントを活用して転職を成功させてください。