ソニーの年収が高すぎ?年代・役職・職種別に実態を調査!

SONY

誰もが知る大手企業の「ソニー」は、平均年収が「高すぎる」と言われています。経営危機も経験したソニーの年収の実態はどうなっているのでしょうか?

この記事では、ソニー社員の年収の実態について、年代別・役職別・職種別などで明らかにしています。ソニーの転職難易度や、ソニーへの転職に有利な転職エージェントも紹介します。

ソニー社員や元社員の口コミもまとめました。ソニーへ転職を考えている方は、ぜひ最後までご覧になってください。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

ソニーの年収は?年代・役職・職種別まとめ

まずはソニーの年収を年代・役職・職種別に紹介します。

ソニーは年功序列ではなく、ジョブグレード制を採用しており、役割やスキルによっては新卒者でも高い年収がもらえる仕組みを採っています。

ご自身の現在の年収と照らし合わせて比較してみてください。

ソニーの平均年収推移

ソニー社員の平均年収の推移について、過去10年分を同社有価証券報告書から抜粋してまとめました。

2019年度1057万円
2018年度1050万円
2017年度1013万円
2016年度910万円
2015年度935万円
2014年度859万円
2013年度885万円
2012年度891万円
2011年度951万円
2010年度923万円

グローバル企業として、年収が業績に大きく左右される仕組みを採用するソニーは、平均年収の変化が激しいことが分かります。

それでも、この10年で800万円を割ったことはなく、2018年度の日本の平均年収440万円(国税庁「民間給与実態統計調査結果」)の2倍近い年収を得ていることが分かります。

ソニーは多くの子会社を抱えることでも知られますが、社員の口コミによると、主要子会社の平均年収はソニー本体と大きく変わらないようです。

2016年度から2017年度にかけて平均年収が100万円近くも上昇しているのが目を引きますが、これはイメージ部門を分社化して本体の社員数を半分以下に減らしたことが原因とみられます。

ソニー本体は子会社の管理業務に集中した結果、スキルや年齢層が高い社員が多くを占めるようになり、平均年収が上がったと推測されます。

ソニーの2020年賞与は?

ソニーの賞与は夏と冬の年に2回あり、毎年春に1年分の支給額を決めます。2020年の平均賞与は具体的な金額は公表されていませんが、月給の6.7カ月分で妥結しています。

好調な業績を反映して、2020年度の賞与額は過去最高だった2018、19年度の6.9カ月に並ぶ高額な賞与を支給しているようです。

ただ、業績が悪かった2014年度は3.85カ月分しか賞与が出ておらず、変動は激しいようです。

具体的な金額は、口コミサイトの情報を一部抜粋しました。

賞与年収勤続年数
350万円950万円10~15年
250万円950万円20年
200万円800万円5~10年
400万円1050万円10~15年

ソニーの賞与額は「業績連動+個人査定」で、勤続年数や年収で賞与だけで金額が決まるわけではありません。

賞与額は、役職に相当する「ジョブグレード」別の基準額に、勤務実績に応じて10~150%の倍率を掛けて算出します。つまり、成果を上げない社員には基準額の1割しか賞与が出ないわけです。

ただし、係長未満に相当する「上級担当者グレードモデル」で平均249万円が支給されており、査定はそこまでシビアではないようです。

参考として、厚生労働省によると、2019年の民間の賞与は夏冬共に平均38万円です。ソニーの賞与額がいかに多いかが分かります。

ソニーの新卒年収は?

ソニーの募集要項によると、初任給は修士了で月28万円~、大学卒は月25万円~で、これに賞与が年2回支給されます。

手当や交通費などを除外し、賞与を6.7カ月分として計算すると、修士了の新卒年収は523万円、大卒の新卒年収は467万円です。

さらにソニーでは2019年6月より高度な技術を持つ人材確保に力を入れており、一部の新入社員は入社3か月後に等級を付与され、年収が上がる体制となりました。

人工知能(AI)に関する高い知識を持つ人材などは新卒年収でも730万円になると言われています。同じ新卒でも年収に差が出るのです。

ソニーの年収・年代別

ソニーの有価証券報告書によると、2019年度時点でソニーの従業員は2682人、平均年齢は42.4歳、勤続年数は16.6年です。

年代別の年収については、口コミサイトで調査しました結果をまとめました。

在籍年数年収
3年未満900万円
3~5年750万円
5~10年980万円
15~20年1200万円

上の表の通り、ソニーは成果報酬の色合いが濃く、必ずしも年齢や在籍年数に応じて年収が上がるわけではありません

参考までに、口コミサイトに掲載された年収などから、年代別想定年収を計算しました。

年齢想定年収
30歳766万円
35歳869万円
40歳972万円
45歳1075万円
50歳1178万円
60歳1281万円

30歳や35歳で既に日本の平均年収より大幅に大きな金額を得ていることが分かります。ただし、ソニーでは年齢よりも役職(グレード)が年収に大きな影響を及ぼします。

ソニーの年収・役職(グレード)別

ソニーの社員は階級制により年収が変わります。役割別にI1からI9まで等級が付与され、大卒者は基本的にI3から始まります。

一般職の最上グレードはI5(リーダー)で、専門職のI6からさらに高い年収を得ることができます。グレードはほかに、管理職に相当するM6(統括課長)~M12(執行役)があります。

【一般職・専門職】

  • I9、I8(社内技術リーダー)
  • I7、I6(プロジェクトマネジャー)
  • I5(リーダー)
  • I4(主任)
  • I3(大卒初任・担当者)
  • I2、I1

【マネジメント職】

  • M12(執行役員)
  • M11、M10
  • M9(事業部長)
  • M8、M7(統括部長)
  • M6(統括課長)

口コミサイトを元に算出した役職別年収は以下の通りです。

  • I3(担当者):600~800万円
  • I4(主任):700~1000万円
  • I5(リーダー):900~1200万円
  • M7(統括部長):約1400万円

社員の口コミによると、35歳ほどでI5のリーダーになる人が多いです。

ソニーの年収・職種(部門)別

口コミサイトOpenworkを参考に、ソニーの職種別年収を紹介します。

  • R&Dセンターのエンジニア(I5)(在籍10~15年)年収1050万円
  • R&Dセンターのエンジニア(I3)(在籍3年未満)年収600万円
  • 半導体部門の課長(M6)(在籍15~20年)年収1200万円
  • マーケティング(在籍5~10年)年収620万円
  • 技術職(在籍10~15年)年収850万円
  • 技術職(在籍10~15年)年収970万円
  • カメラ部門エンジニア(I4)(在籍10~15年)年収800万円
  • 法務(在籍10~15年)年収850万円

ソニーでは階級が上がるごとに年収が上昇しますが、I5やM6などに上がる際に年収が大きくアップするようです。

職種では、R&Dや技術部門の年収が高く、技術力のある社員を大切にしている会社だとわかります。

ソニーの年収・学歴別|大卒と院卒の差は?

先ほど紹介したソニーの募集要項によると、大卒と院卒では初任給の段階で月収が3万円違います。具体的には、院卒初任給は28万円~、大卒初任給は25万円~です。

厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査結果」で見ても、一般的に大卒と院卒は月収3万円ほど違うため、ソニーの初任給の差はそれほど特殊ではありません。

  • 院卒/233400円
  • 大卒/206100円
  • 高卒/162000円

ソニーでは階級(グレード)によって年収が決まるため、大卒か院卒かによる年収の差は新卒から数年間しか影響しません。

それよりも、入社後に成果を出してグレードが早く上がれば、それだけ年収も早く上がっていきます。

ただし、公式HPによると、同じ院卒でも博士了の方は中途採用枠で募集しているため、募集しているポストによっては採用直後から高年収を期待できます。

ソニーに高年収で転職することは可能?採用情報・転職難易度を解説

高い知名度に見合う高年収を維持するソニーは、世界展開するグローバル企業であり、中途採用は基本的にどの職種でも英語力を必須条件として設けています。

高い能力・スキルを求められるだけでなく、世界中から転職希望者が応募してくるため、転職難易度も高いことが予想されます。

ここでは、ソニーの採用情報を概説した上で、ソニーへの転職を成功させる秘訣を解説します。

ソニーの採用情報

2021年度の新卒採用では、全学部、全学科が同じ条件で募集されています。初任給は院卒(修士了)28万円~、大卒25万円~です。(通勤手当は別途支給)

ジョブグレード制により、年齢ではなく個人の能力を基準に給料は決められます。

勤務時間は7時間45分 (標準労働時間帯 9:00~17:30)で、コアタイム 9:30~15:30として出退勤時間を選択できるフレックスタイム制を導入しています。

年間休日は126日で、有給休暇は初年度に17日です。

ソニーの公式サイトから中途採用で募集している部門を表にしました。

AIロボティクス研究開発(デバイス)
テレビ研究開発(システム)
ビデオ/オーディオセキュリティ
デバイスマーケティング・企画・営業
カメラ/放送用機器資材・調達
モバイル品質・環境
半導体生産/物流
経営企画・事業戦略経理・財務
人事・総務法務/知財/監査/通商/渉外

具体的な求人数は100を超え、「IPD005 【知的財産】契約・ライセンス業務担当者」など、細かく業務内容ごとに求人が記載されています。

中途採用者には特に高いスキルが必要で、必須となるスキルに「クリーンルームにおける電子部品もしくは半導体の取り扱い経験」などと詳細が記載されています。

英語力はほとんどの職種で共通して求められ、例えば半導体部門ではTOEIC650点が必要です。法務部門など、TOEIC840点が推奨される職種もあります。

ソニーの中途採用は、完全未経験では転職に成功しにくく、英語力のハードルもあるので転職難易度は極めて高いです。

ソニーの転職難易度

ソニーの中途採用のハードルが高いことは紹介しました。東洋経済新報社の「入社するのが難しい有名企業トップ200社」によると、ソニーは第38位にランクインしています。

参考に他の会社を比較すると、日産自動車で58位、NTTドコモで67位、楽天92位です。ソニーの転職難易度の高さが分かるでしょう。

例えば、ソニーの中途採用のうち、研究開発エンジニアはTOEIC600点以上の英語力が求められ、TOEIC500点以下では応募できません。

さらに求める人物像では、CV(Complete Vehicle)担当経験、RCPによる電動車両制御・車両運動制御などの開発・設計経験が必要で、高度なスキルを要求されることが分かります。

ソニーへの転職成功率を高める方法

ゲームや音楽などで世界的に知名度が高く、PS5の発売も控える中、将来的な安定性や高年収、やりがいなどを考えるとソニーへの転職を視野に入れる人も多いでしょう。

ツイッターでもソニーで働きたいとつぶやく人がいました。

とはいえ、ソニーへの転職難易度は高く、世界中から多くの入社希望者が殺到します。

競争率が高いソニーへの転職に成功するには、自分だけの力に頼るのではなく、転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントは、プロのアドバイザーが転職全般のサポートをします。あなたの職歴や長所をヒアリングし、職務経歴書の添削や面接練習に応じてくれます。

プロの視点から助言するだけでなく、応募先企業にアプローチもするため、人気企業への転職成功率を大きく高められます。

ただし、豊富なノウハウと交渉力を持った良質な転職エージェントを使わなければなりません。ここからは、ソニーへの転職におすすめの転職エージェントを紹介します。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、コンサルタントのサポートが丁寧と評判が高い転職エージェントです。ソニーへの転職を希望する場合、面接でいかにアピールするかが重要です。

その点、パソナキャリアでは面接練習に十分な時間を割き、的確なアドバイスをくれるため、効果的に自分をアピールすることが可能です。

求人数は40000件以上存在し、取引実績企業は16000社以上にも上ります。転職支援実績25万人を超える大手の転職エージェントです。

得意な業界IはIT、通信、インターネット、メーカー、医療・福祉、営業と幅広いです。転職希望先をソニーに絞っている人でも、ソニーの求人だけでなく、条件の近い他社の求人にも出会えるでしょう。

ソニーグループの公開求人は複数の案件がありました。

職種年収
法務担当450~750万円
ソリューション営業550~750万円
事業管理400~750万円
マンション開発事業の企画650~900万円

パソナキャリアは求人数もさることながら、サポートの質も重視しています。

求人数だけならリクルートエージェントの方が多く扱っており、両方併用すれば万全の体制で転職活動に臨めるでしょう。

登録する(無料)

リクルートエージェント

リクルートエージェント

37万人以上の転職成功実績をもつ、転職成功実績No1の転職エージェントです。

求人数約30万件のリクルートは転職業界で最多の求人数を誇り、企業との繋がりも多くもっています。「ソニー株式会社」の公開求人だけでも、約170件が表示されました。

例えば「GlobalSales&Marketing担当」の求人は月収25万円から募集されており、B2C製品の経験が長い方などは年収交渉がしやすくなるようです。

リクルートエージェントは豊富なノウハウを背景に、交渉力が高いことでも知られ、転職先との交渉で好条件をつかみたい人に特におすすめです。

他にもトヨタ・パナソニックなどの大手企業の案件も豊富にあります。

様々な企業の情報や面接の質問事例などにも詳しく、アドバイザーの知識・経験ともに一流です。独自のサービス「Personal Desktop」を利用すれば転職活動を円滑にできます。

Personal Desktopは職務経歴書をきれいに作成できるほか、求人検索や応募も画面上ですぐにできる機能で、転職活動の煩わしい作業を効率化できます。

アドバイザーとの面談は日曜日や平日の夜にも対応しており、多忙な方でも気軽に利用できます。

幅広い職種・業種と高年収の案件を豊富に揃えているため、転職活動をしている人全般におすすめの転職エージェントです。

登録する(無料)

ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは世界最大級の総合人材サービス企業で、年間約20万人もの転職をサポートしています。本社はオランダにあり、世界の派遣会社の中でも第2位の規模をもちます。

外資系のクライアントが多く、年収800万円以上のハイクラス求人を得意としています。

現在はソニーの求人は見当たりませんでしたが、同じエレクトロニクス企業でパナソニックの案件がありました。

職種年収業務内容必須経験
秘書、受付1000~1200万円持病場への内部監査会計監査もしくは内部監査(業務監査/内部統制監査等)の実務経験

他にも経営管理責任者や開発案件もありました。

ランスタッドには「製造・エンジニア業界」「IT・テクノロジー業界」「管理部門」などの業種別と、「北関東・甲信越」「西日本」などのエリア別に専門のコンサルタントがおり、細かい相談にも的確に答えてくれます。

登録する(無料)

ハイクラス向けエージェントは、さらに高年収を狙える

年収1000万円を狙えるソニーのような人気企業への転職を目指す方には、ハイクラス向けの転職エージェントの利用もおすすめです。

ソニーに加え、同業他社や他業種の年収1000万円超え求人も多く保有しており、難易度の高い企業への転職アドバイスも心強いです。

ここでは、ハイクラスに特化した転職エージェントを紹介します。

キャリアカーバー

キャリアカーバー

転職決定者の平均年収が900万円以上の実績を持つのがキャリアカーバーです。800万円以上の求人を多く取り扱い、中には年収2000万円の求人も存在します。

キャリカーバーは他の転職エージェントとは違い、職務経歴書の添削や面接対策などはありません。登録するとヘッドハンターが求人を紹介してくれるサービスです。

職務経歴などの登録情報を閲覧したヘッドハンターが、あなたの希望条件にマッチする求人を紹介する仕組みです。職務経歴書や登録情報を作り上げておけば、あとは待つだけです。

会員登録しなければ社名を見ることができませんが、高年収の案件を紹介します。

勤務地職種年収業務内容
東京経営ボード / 経営企画・事業企画 / 人事700~1200万円経営直轄で採用戦術立案、人事制度設計、教育制度設計など人事業務
東京経営企画・事業企画 / Webサービス・制作600~800万円製造業の構造を変える、プロダクトの新機能/新サービスの企画
東京経営企画・事業企画 / IT技術職600~1000万円1.新ソリューションのコンサルテーション(コンカー製品とAPIのQA回答も含む) 2.新ソリューションの技術審査 3.リリース済みソリューションのサポート

クライスアンドカンパニー

クライスアンドカンパニーは、優秀なコンサルタントが多数在籍するハイクラス専門の転職エージェントです。

キャリアコンサルタント国家資格、GCDF資格、プロフェッショナルコーチCPCC(米国CTI認定)など、コンサルタントのプロフィールには保有資格と顔写真が公開されています。

取扱求人数は公開案件3055件、非公開案件6831件で、ソニー株式会社の求人は以下の内容が公開されていました。

勤務地職種年収業務内容
東京都港区経営企画/経営管理~900万円グループ全体の事業戦略立案、他社とのM&A、本社(HQ)経営管理などにまつわる業務を中心に、経営方針説明会・決算発表などのコーポレートイベント
東京都品川経営企画/事業管理~1000万円経営企画・経営管理担当者。トップマネジメントと一体となってビジネスを推進していく

案件数は多くはありませんが、好条件の求人を厳選して集めています。27年の転職支援実績があり、豊富なノウハウを基に強力なサポートを受けることがてきます。

ほかにも、すぐに転職するつもりはない登録者には「3年後、5年後を見据えたアドバイス」をくれるため、長期のキャリアプランを描きたい人にも登録をおすすめします。

ソニーの年収や職場環境についてもっと詳しく!2chやSNSの口コミを徹底調査

ソニーの年収が高いことはお伝えしましたが、社員の本音も気になるところです。ここでは、2chやTwitterなど、SNSで社員の口コミを調査しました。

ソニーに転職を検討している人は参考にしてください。

ソニーの年収に関する口コミ

ツイッターには、ソニーの年収は30歳で約850万円、35歳で年収1000万円ほど狙えるとの口コミがありました。

30歳から35歳の5年で年収が150万円も上昇するのはモチベーションUPへ繋がります。

ソニーは英語力を重視しているので、TOEICで600点を取るなど結果を出すと給料UPにつながることが分かりました。

「頑張ったら評価をする」などの曖昧な表現よりも、「TOEICで600点を取れば給料〇〇円UP」と明確な基準がある方が、透明性が高く、社員も給料に納得しやすいです。

ただし、前半で紹介したように業績と個人成績で大きく賞与額が変動する点には注意が必要です。

ソニーの職場環境に関する口コミ

マーケティング課(在籍5~10年)の方の口コミには、「フレックス制の導入によりそれぞれのライフスタイルによって出社、退社できるようになりました」との情報がありました。

男性も育児に協力したり有給休暇で家族旅行に行く人もいるようで、仕事と家庭を両立できる風土のようです。

2000年代初頭の業績が悪かった時代はリストラの嵐が吹き荒れ、中堅社員が「追い出し部屋」「リストラ部屋」に配転されるなど、ソニーには殺伐とした時期がありました。

現在は、PS4や画像センサー、エンタメ部門など好業績部門が多く、ソニーは世界の一流企業へと息を吹き返しました。

2020年からの新型コロナウイルスを受けては、「巣ごもり需要」などに対応し、業績はさらに上向いており、社内の雰囲気は明るいでしょう。

ちなみに、コロナ対策ではソニーもテレワークを導入しているようです。

テレワークを継続しつつも、ソニーは6月1日から少しずつ出社人数を増やし、「時差出勤の推奨」「検温」「エレベーターの人数制限」など具体的な対策を取って事業を継続しています。

ソニーの年収まとめ

ソニーの平均年収は、2019年度に1057万円とかなり高年収であることが分かりました。

グローバル企業のソニーは年功序列を極力廃し、グレード別に年収を定めているため、社員の能力が高ければ年収が上がる仕組みです。

高年収が期待でき、世界展開するソニーの転職難易度は高いことが予想されます。高い能力・英語力が求められ、自分一人の力でソニーの狭き門に挑むのは無謀です。

ソニーのような超人気企業への転職を成功させるには、自分の能力・スキルを強力にアピールする必要があります。その際に頼りになるのが転職エージェントです。

転職エージェントなら、ソニーが好む人材像を熟知した上で、あなたの能力・キャリアを効果的にアピールする方法を教えてくれるでしょう。

履歴書、職務経歴書の書き方はもちろん、面接での受け答えも重要です。これらの対策はプロの力を借りなければ、ソニーへの転職は困難です。

どの転職エージェントでも良いわけではありません。ソニーのことを熟知し、求人を豊富に持つ良質な転職エージェントを使わなければなりません。

この記事で紹介した転職エージェントはどれも、質が高いと評判のところばかりです。

ソニーへの転職を希望する方は、ここで紹介した転職エージェントに登録して対策を進めてください。