スズキの年収は自動車業界の中で低い?年代・職種・役職別に徹底調査

スズキ

スズキは国内軽自動車の大手企業で、自動車業界へ転職を検討する人にとっては有力な転職先候補の一つです。

スズキへの就職・転職を考えている人の中には、「スズキは業界内で年収が低いと聞いたことがあるから、スズキで働くのは少し不安」と思っている人もいるのではないでしょうか。

この記事では、スズキの年収を年代・職種・役割別に徹底調査し、本当に自動車業界の中で年収が低いのかを分析します

スズキへの転職成功率を高める方法も紹介しています。ぜひ参考にしてください。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

スズキの年収は?年代・職種・役職別まとめ

スズキへの転職や就職を検討している人にとって、スズキの年代別・職種別・役職別の年収がどのように違うかは気になるポイントです。

ここでは、スズキの年収を年代別・職種別・役割別に詳しく紹介し、自動車業界の他社と比較してどのくらい違うのかを検証します。

スズキの平均年収

2020年3月期の有価証券報告書によると、スズキの平均年収は691万円です。

近年の有価証券報告書に記載されている平均年収を見てみると、年を経るごとに平均年収が上がっているのが分かります。

平均年収
2020年691万円
2019年681万円
2018年657万円
2017年643万円
2016年625万円
2015年601万円
2014年581万円
2013年565万円
2012年528万円
2011年513万円

国税庁の平成30年分民間給与実態統計調査によると、民間の正規雇用者の平均年収は441万円なので、全国平均と比較するとおよそ1.3倍と、かなり高い水準にあると言えます。

この給与水準の高さに加えて、年々年収が上がっているのは、売上高が順調に伸びていることが背景にあると推測されます。

スズキの年収・年代別

キャリコネが利用者の口コミをもとに算出したスズキの年代別の平均年収シミュレーションは、以下のとおりです。

年代平均年収
25歳~400万円~450万円
30歳~500万円~550万円
35歳~550万円~600万円
40歳~650万円~700万円
45歳~750万円前後
50歳~750万円~800万円

スズキの年収を年代別に見ると、入社後から順調に上がっていき、50代では年収が800万円近くまで上がっています。

入社後数年の20代後半でも、一般企業の平均年収441万円と同水準の年収であることから、若いうちから比較的高い年収を得られることが分かります。

スズキの年収は、年代別で見ても高い水準にあると言えるでしょう。

スズキの年収・職種別

スズキでは、「技術職」「事務職」「営業職」「サービス技術」「一般事務職」の5つの職種で新卒採用と中途採用を行っています。

このうち、「技術職」「事務職」「営業職」は、国内外各地への転勤を伴う総合職で、「一般事務職」がいわゆる一般職にあたります。

新卒の初任給を比較すると、総合職は学部卒で月給211,500円、一般事務職は同じ学部卒で月給186,500円と約25000円の差があり、新卒時点で年収に差があることが分かります。

パソナキャリアに掲載されている中途採用の求人を見ても、総合職は年収450万円~850万円の求人が多い一方、転勤のない求人では年収の上限が750万円に設定されています。

スズキの年収・役職別

スズキでは役職に就いているかが年収の高さに大きな影響を及ぼしますが、「年功序列の風土が根強く残っている」との社員の口コミも多くあります。

社内で順調にキャリアを積めば、30代か40代前半のうちに係長クラスまで昇進できると言われています。係長クラスの年収は700万円前後と推測されます。

さらに管理職に昇進すると、課長クラスで年収800万円前後、部長クラスになれば年収1,000万円を超えることもあると言われています。

社員の口コミでは、係長クラスの40代男性で年収700万円、入社20年目の42歳課長クラスの男性で年収750万円という例がありました。

スズキでは係長クラスから役職手当が支給されるうえに、昇進すれば基本給が上がります。年収を大幅に上げるためには課長クラス以上の管理職に就けるかどうかが重要となります。

スズキの年収・学歴別

スズキ株式会社では、院卒、大卒の採用を行っていて、それぞれの2019年の初任給は以下のように異なります。

学歴初任給(月給)
院卒(博士了)25万2,500円
院卒(修士了)23万3,500円
大卒(総合職)21万1,500円
大卒(一般職)18万6,500円

他の企業と同様、学歴が高くなるほど初任給も上がります。院卒は一括りにされるのではなく、修士と博士で初任給に差があります。

初任給には学歴による差がありますが、入社後5年ほど経つと勤続年数や役職などが年収に反映されるため、学歴による年収差はそこまで大きくないと推測されます。

なお、院卒と大卒の他には高専卒の人材も募集していますが、高卒の採用は現在では期間従業員のみに限られています。

スズキの年収・子会社

スズキでは、スズキ株式会社を筆頭とするスズキグループを形成し、自動車生産にとどまらず、販売・輸出などにも進出しています。

スズキ子会社の中でも、特に一般の消費者になじみが深いのは、自動車の販売代理店である「スズキ自販浜松」などのスズキ自販です。

スズキ自販の平均年収はキャリコネによると450万円ほどと、親会社のスズキ株式会社と比較すると高いとは言えません。

スズキ自販の中途採用の求人を見ても、初年度の年収上限を450万円と定めている求人がほとんどです。

スズキ部品製造などのスズキ株式会社の他の子会社も同様に、年収の水準は親会社のスズキ株式会社と比較して劣るようです。

スズキの年収は低い?自動車業界年収ランキングで何位?就職で勝ち組と言える?

他の大手自動車メーカーと比較すると、スズキの年収は自動車業界内で5位と、業界内で注意の年収額です。

順位メーカー平均年収(2020年有価証券報告書より)
1トヨタ866万円
2ホンダ819万円
3日産自動車810万円
4三菱自動車731万円
5スズキ691万円
6マツダ676万円
7ダイハツ651万円
8SUBARU640万円

業界内で平均的な年収で一般企業より年収は高いものの、自動車業界ではトヨタやホンダ、日産など平均年収800万円を超える企業もあるため、社員からは「年収が低い」との口コミも聞かれます。

とはいえ、国税庁が調査した民間の正規雇用者の平均年収441万円よりも高い水準にあり、マツダなどよりも高いため、スズキの年収が一概に低いとは言えません。

スズキのボーナス金額・支給日は?

スズキのボーナスは、年2回、7月と12月に支給されます。

スズキのボーナスで特筆すべき点は、夏と冬に3カ月分ずつ、1年で計6カ月分のボーナスが支給されることです。

仮に基本給が27万円の場合、1度のボーナスで100万円弱が支給される計算で、スズキのボーナス支給額が高い水準にあることが分かります。

スズキは「基本給が低い」との社員の口コミがありますが、それでも年収の水準が高いのは、ボーナス支給額が多いことが影響していると推測されます。

人事評価の結果によってはさらにボーナスが増額されることもあり、より高額のボーナスが期待できます。

ボーナス額は業績によって変動しますが、成長を続けるスズキであれば、今後も同水準のボーナスが支給されると推測されます。

スズキや自動車業界に高年収で転職を成功させる方法

自動車業界への転職を成功させるためには、転職エージェントを利用して求人を探すことをおすすめします。

特に、高収入での転職を実現させたいのであれば、質の高い非公開求人を保有し、給与の交渉もしてくれる転職エージェントを上手に活用しましょう。

スズキに中途採用情報は出ている?

スズキの中途採用情報は、スズキのホームページから確認できます。技術職を中心に、募集中の中途採用の職種に関する情報が細かく掲載されています。

気になる求人があれば応募もできますが、ホームページからの応募はあまりおすすめできません。ホームページから応募すると、転職活動を一人で進めなければならないからです。

同様に、ハローワークや転職サイトから応募するのも、自分でやらなければならない事柄が多く、あまりおすすめできません。

スズキへの転職を成功させるには、転職エージェントを利用して転職活動を進めるのがおすすめです。この後の項目で詳しく紹介するので、参考にしてください。

スズキの就職難易度は?

スズキは誰もが知る有名企業のため、学生からの知名度も高く、新卒採用には毎年多くの学生が応募します。

それに対し、採用人数は例年600人から700人と限られているため、就職の競争率はかなり高いです

採用実績校を見ても、東京大学や東北大学などの難関国公立大学や、早稲田大学、慶應義塾大学などの難関私立大学の名前が並んでおり、学歴もある程度求められると考えられます。

中途採用でも人気が高いだけでなく、実務経験が重視される傾向があるため、転職の難易度はかなり高いと推測されます。

新卒・中途問わず、スズキへの就職・転職は、即戦力の能力を求められることと、大勢のライバルと戦う必要があることから、難易度はかなり高いと言えます。

スズキへの転職成功率を高める方法

スズキへの転職成功率を高めるためには、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントは質の高い非公開求人を保有しているため、より待遇の良い求人を紹介してもらえる可能性が上がります。

担当者が企業と直接交渉してくれるため、企業から提示された年収よりもより高い年収で転職できるなど、待遇が良くなる可能性もあります。

交渉以外にも、書類の添削や面接練習といった採用過程のサポートもしてもらえるので、転職活動が不安な人や自信がない人には特におすすめです。

ここでは、スズキへの転職を成功させるために、ぜひ利用したいおすすめの転職エージェントを、当サイトが独自に集めた利用者からの口コミとともに紹介します。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する大手転職エージェントで、担当者の親身なサポートに定評があります。

2020年9月現在、公開求人数は27,310件で、スズキの公開求人は44件確認できました。

パソナキャリアの魅力は、利用者の67.1%が転職による年収アップを実現しているという、年収アップ率の高さです。

当サイトが独自に集めた利用者からの口コミでも、

25歳女性・ITエンジニア

担当者が交渉してくれて、最初に提示された金額よりも給料を上げてもらえました。面接対策をその都度行ってくれたのも良かったです。

30歳男性・機械メーカー営業

希望の年収を伝えれば担当者が条件に合う求人を提示してくれるので、自分で交渉する必要がなく楽でした。
など、担当者の交渉力による年収アップを評価する声が多く聞かれました。

登録する(無料)

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、リクルートグループが運営する大手転職エージェントで、求人数の多さに定評があります。

2020年9月現在、公開求人が95,890件、非公開求人が101,372件で、スズキの公開求人は73件確認できました。

リクルートエージェントの魅力は、担当者の交渉能力が高く、利用者の62.7%が転職による年収アップを実現している点です。

当サイトが独自に集めた利用者からの口コミでも、

46歳男性・システムエンジニア

担当者の交渉能力が高く、大幅に年収をアップしてくれました。何社か紹介をしてくれましたが、どの企業も年収が高く、休日の量も多かったです。

34歳男性・小売業

営業職の求人が特に豊富で、次々と年収の高い魅力的な営業職を薦められました。

など、豊富な求人や担当者の交渉力による年収アップを評価する声が多く聞かれました。

登録する(無料)

ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、世界各国で人材紹介業を手掛けるランスタッド株式会社が運営する転職エージェントで、年収の高い求人や外資系企業の求人が多いのが特徴です。

2020年9月現在、公開求人数は6,548件で、公開求人の中にはスズキの求人は確認できませんでしたが、非公開求人で保有している可能性があります。

ランスタッドの魅力は、担当者のレベルが高く、サポートが手厚い点です。

当サイトが独自に集めた利用者からの口コミでも、

29歳女性・出版業界

担当者からこまめに連絡があるため、就職活動時も安心していられました。

34歳女性・食品メーカー事務

自分の適職や面接の対策について、自分ではわからない部分を具体的にアドバイスをしてくれたので、とても参考になりました。

など、担当者のサポートを評価する声が多く聞かれました。

登録する(無料)

スズキの年収まとめ

大手自動車メーカーのスズキは、日本国内の平均や製造業の平均と比較しても年収の水準が高く、特にボーナス額が高いのが特徴です。

近年は売上高も順調に伸びていて、今後も発展が予想される企業の1つですが、その分就職や転職の難易度は高くなっています。

スズキへの転職を成功させ、高い年収を得るためには、転職エージェントを活用して転職活動を進めることをおすすめします。

転職エージェントを利用すれば、より待遇の良いスズキの求人を紹介してもらえるだけでなく、難易度の高いスズキへの転職を成功させるためのさまざまなサポートが受けられます。

この記事を参考に、転職エージェントを上手に活用して、スズキへの転職を成功へ導いてください。