TOTOの年収は低い?年代・役職・グループ会社の給料を徹底調査!

TOTOは、トイレ、システムキッチン、バスルームなどの製造・販売を手掛ける住宅設備機器メーカーです。

2019年3月にはTOTOのウォシュレット世界販売台数が5,000万台を突破するなど、TOTOの製品は日本のみならず世界各国から高い評価を受けています。

数ある住宅設備機器メーカーの中でも、業界最前線で飛躍するTOTOの年収について詳しく知りたい人は多いのではないでしょうか。

この記事では、住宅設備機器メーカーで圧倒的な知名度を誇るTOTOの事業内容や年収について徹底検証します。

TOTOの平均年収は日本の平均年収440万円(国税庁「平成30年民間給与実態調査」)を超えていますが、他の上場企業や同業他社と比べてTOTOの年収は低いのでしょうか。

住宅設備機器メーカーに転職を考えている人は、この記事を参考にしてください。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

TOTOの年収は?年代・役職・グループ会社別にまとめ

TOTOは、数多のグループ会社を抱えています。TOTOグループ会社の年収にも興味がある人は多いのではないでしょうか。

ここでは、年代・役職・グループ会社など、様々な角度からTOTOの年収を徹底検証します。トイレなどの住宅設備機器の製造・販売のほかに、意外と知られていない事業も紹介します。

TOTOはどんな会社?意外と知られていない事業も?

TOTO株式会社は、100年以上の歴史を持つ住宅設備機器の製造販売メーカーです。1912年に製陶研究所を設立して衛生陶器の製造を開始し、1917年に東洋陶器株式会社を設立しました。

現社名の「TOTO」は、創業時の社名「東洋陶器」の略です。本社は福岡県北九州市にあり、グループ会社あわせて33,000人以上の従業員を抱える一部上場企業です。

1914年に国産初の腰掛式水洗便器の開発に成功し、1963年には日本初のユニットバスを開発しています。

現在、日本をはじめ、中国・欧米などの18ヵ国で事業を展開し、世界中にTOTOの高い技術と快適な水回り空間を提供しています。

TOTOは住宅設備機器のほかに、工業セラミック商品を30年以上提供しています。高い精度性能を持つTOTOのファインセラミックスは、半導体の製造装置に使われ高く評価されています。

TOTOは水回りの住宅設備で有名な一方、半導体産業や光通信産業などの最先端工業の発展にも貢献しています。

TOTOの年収は?四季報などからまとめ

会社四季報(2020年春号)や2019年3月期の有価証券報告書によると、TOTOの平均年収は678万円(平均42.9歳)です。

日本の平均年収440万円(国税庁「平成30年民間給与実態統計調査」)と比較して、TOTOの年収は高いです。

以下の表は直近3年間の平均年収をまとめたものです。年収推移は671万円~678万円と、大きな変動はなく安定しています。

年度従業員数平均年齢平均勤続年数平均年収
2019年8,034人42.9歳15年678万円
2018年7,960人42.6歳14.9年671万円
2017年7,539人41.7歳14.5年672万円

実際、現職・退職者から以下の口コミがありました。

  • 基本的に年功序列のため、給与は安定しています。
  • 賞与は約7ヶ月分と高く、残業代も働いた分はちゃんともらえます。家賃の80%が会社負担のため、恵まれた物件に住むこともできます。
  • 額面の給料は低いですが、社宅や福利厚生がかなり良かったので気になりません。

TOTOは安定した年収に加え、充実した福利厚生があるため、高水準な生活を送れるといった声が数多くみられました。

TOTOの年収をさらに詳しく①年代別

TOTOは勤続年数に比例して給与が高くなる年功序列の給与体系です。年収のピークは50~54歳で、それ以降は減少傾向にあります。

【平均年収一覧(年代別)】

24歳まで375万円
25~29歳556万円
30~34歳649万円
35~39歳701万円
40~44歳746万円
45~49歳820万円
50~54歳814万円
55~59歳522万円

20代後半の年収は500万円~600万円で、700万円超となるのは30代後半です。TOTOの給与体系について、以下の口コミがありました。

  • 入社7年目までは、同期との給料差は全くありません。部長以上にならない限り、ほとんど差が出ない給与制度です。
  • 業績は関係なく、何年かに1度ある昇格試験に合格すると給与があがります。

年功序列の給与体系のTOTOは、将来も安定した給与が見込める企業です。ただし、若年層は結果を残しても昇給しにくく、20代はモチベーションを保つのが難しい面があります。

TOTOの年収をさらに詳しく②役職別

TOTOでは、課長・部長クラスになると年収1,000万円以上の高年収が期待できます。

役職年収
係長700万円~800万円
課長1,000万円以上
部長1,100万円以上

一方、厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」によると、日本企業の役職別平均年収は、係長で年収685万円、課長で年収879万円、部長で年収1,070万円です。

係長の年収が700万円~800万円のTOTOは、役職別でも日本企業の平均以上です。

年功序列のTOTOでは、一定の勤続年数までは昇格スピードが同じといわれています。実際、入社7~10年目でようやく初めての昇格試験を受験できるという口コミが多くみられました。

若いうちは高年収が見込みにくいものの、着実に昇格試験を乗り越えれば1,000万円以上も望めます。1つの企業に長く勤めたい人にとって、TOTOは高年収を見込める優良企業です。

TOTOの年収をさらに詳しく③職種別|総合職と事務職の違いは?

TOTOには、営業・事業企画・商品開発などの総合職と、総務・事務全般の事務職の2職種があります。

現職・退職者の口コミを検証した結果、総合職と事務職の年収相場(在籍3年未満)は、総合職で400万~440万円、事務職で220万~290万円でした。

総合職事務職
  • 年収400万円:在籍3年未満・半導体部門
  • 年収440万円:在籍3年未満・営業
  • 年収400万円:在籍3年未満・技術
  • 年収550万円:在籍3~5年・営業
  • 年収650万円:在籍5~10年・マーケティング部門
  • 年収680万円:在籍5~10年・開発
  • 年収220万円:在籍3年未満・所属不明
  • 年収240万円:在籍3年未満・営業事務
  • 年収288万円:在籍3年未満・販売部門
  • 年収290万円:在籍3年未満・営業事務
  • 年収400万円:在籍3~5年・所属不明

最も低い年収で比較すると、総合職と事務職の年収には2倍近い差があります。

TOTOで海外勤務した場合の年収は?

TOTOは、アジア・欧米の世界18ヵ国で事業を展開し、32の生産・販売拠点を持つグローバル企業です。

TOTO U.S.A.,INC.やTOTO Europe GmbH、TOTO CHINA CO.,LTD.など、世界各国にグループ会社をもつTOTOでは海外勤務者も多いです。

以下は、口コミによる海外勤務者の年収モデルです。

  • 年収1,000万円:新卒・40歳前後・海外営業

TOTOの年代別平均年収は、35歳~39歳で701万円、40歳~44歳で746万円です。つまり、TOTOの海外勤務者は同年代平均以上の高年収が期待できます。

TOTOの年収をさらに詳しく④グループ会社

TOTOには、製造・販売・サポートなどの各分野に特化したグループ会社が複数存在します。例えば、システム開発・運用を行うTOTOインフォム株式会社や、システムキッチンやユニットバスの販売を行うTOTOアクアエンジ株式会社などがあります。

ここでは、各グループ会社の年収を紹介します。TOTOグループの中でも、専門性の高い職種に興味がある人は是非参考にしてください。

TOTOインフォムの年収

TOTOインフォムは、システム開発・運用を行うTOTOグループ唯一の情報システム会社です。現職者の口コミによると、TOTOインフォムの年収相場は、30代で400万円~600万円です。

  • 年収400万円:新卒・30代・システムエンジニア
  • 年収589万円:中途・30代・システムエンジニア

TOTOアクアエンジの年収

TOTOアクアエンジは、システムキッチンやユニットバスの施工・組立・販売を行い、オフィスなどのトイレリニューアル工事も請け負っています。

TOTOアクアエンジの年収相場は、技術職・営業職ともに20代は400万円~500万円で、役職者は600万円近い年収です。

  • 年収400万円:新卒・20代・施工管理
  • 年収416万円:新卒・20代・営業職
  • 年収500万円:新卒・30代・施工管理
  • 年収550万円:新卒・30代・係長

TOTOプラテクノの年収

TOTOプラテクノは、人工大理石カウンターや暖房便座、プラスチック部品の製造を行う会社です。

現職・退職者による口コミが少ないため実態は不明ですが、同じ製造系グループ会社のTOTOバスクリエイトと初任給が同水準のため、年収相場も同等と予想されます。

TOTOバスクリエイトの年収は下記を参照してください。

TOTOバスクリエイトの年収

TOTOバスクリエイトは、ユニットバスルームの設計・製造を行う会社です。現職・退職者の口コミによると、年収相場は非役職で年収400万円~500万円です。

浴室開発設計士の資格を取得すると、人事評価があがって年収アップに繋がるといった口コミがありました。

  • 年収400万円:新卒・20代・設計
  • 年収450万円:中途・30代・品質管理
  • 年収700万円:新卒・40代・設計チームリーダー

TOTOマテリアの年収

TOTOマテリアは、TOTOグループ向けのタイルや建材商品の製造・開発を担う会社で、従業員数124名とグループ内では小規模の会社です。

新卒・中途ともに採用募集が無く(2020年6月時点)、初任給や年収モデルなどの情報を確認できません。

正式な情報が少なく年収の予測は難しいものの、TOTOマテリアはグループ会社内で企業規模が小さいため、その他製造系のグループ会社と比べると年収相場は低い可能性があります。

TOTOで年収1000万円いく可能性はある?

高年収の転職を目指す人にとって、転職先が年収1,000万円以上を見込める企業なのかどうかは非常に重要な情報です。では、TOTOは年収1,000万円以上いく可能性はあるのでしょうか。

TOTOで実際に働く人の口コミを検証した結果、年収1,000万円以上となる可能性は十分にあります。実際の年収モデルは以下のとおりです。

  • 年収1,020万円:新卒・30代後半・役職不明・開発部門
  • 年収1,100万円:新卒・40代以上・技術主査・技術部門
  • 年収1,100万円:新卒・40代以上・企画主査・企画部門
  • 年収1,100万円:新卒・40代・部長・研究開発部門

部長などの役職がつく30代後半から40代以上は、年収1,000万円を超える高年収が期待できます。

TOTOの年収は低い?ランキングで比較!

TOTOの平均年収は、上場企業や同業他社と比較すると高水準といわれます。TOTOは住宅手当などの福利厚生も充実しており、待遇全般に満足する口コミが多くみられました。

実際、TOTOの平均年収は他の上場企業や同業他社と比べてどのくらいの水準なのでしょうか。ここからは、上場企業・同業界と比較した年収ランキングを紹介します。

TOTOの年収ランキング【上場企業では何位?】

全国の上場企業3737社の中で、TOTOの平均年収ランキングは1055位です。

以下の表は、各社有価証券報告書に記載された平均年収をランキングにしたものです。

【上場企業平均年収ランキング(2019年度)】

順位企業名平均年収
1位M&Aキャピタルパートナーズ3,109万円
2位キーエンス2,111万円
3位GCA2,063万円
:
1053位高島屋679万円
1054位コスモ・バイオ678万円
1055位TOTO678万円
1056位ノリタケカンパニーリミテッド678万円
1057位ジンズホールディングス678万円
1058位東京海上フィナンシャルホールディングス678万円
:
3736位ファンドクリエーショングループ284万円
3737位トスネット262万円

同水準の企業には、デパート大手の高島屋や、国内3大損保の1つである東京海上フィナンシャルホールディングスなどがあります。

上場企業の平均年収中央値594万円から考えても、TOTOの平均年収が高水準だとがわかります。

TOTOの年収ランキング【同業界内では何位?】

TOTOの平均年収は、同業界内では何位でしょうか。以下の表は、住宅設備機器メーカー50社の平均年収をランキング化したものです。

【住宅設備機器メーカー平均年収ランキング(2019年度)】

順位企業名平均年収
1位LIXILグループ1,099万円
2位三和ホールディングス1,025万円
3位積水化学工業912万円
:
11位ウェーブロックホールディングス691万円
12位ニチアス689万円
13位ノザワ687万円
14位TOTO678万円
15位新コスモス電機678万円
:
49位プラッツ549万円
50位中央ビルト工業547万円

住宅設備機器メーカー50社の平均年収ランキングで、TOTOは14位です。同業界の中でもTOTOの平均年収は、上位30%以内に入る高水準です。

日本の平均年収と比較して高い傾向にある住宅設備機器メーカーの中でも、上位層のTOTOは高年収を目指せる優良企業です。

ただし、トイレ業界最大のライバルであるLIXILグループは業界1位で、TOTOとは400万円以上の差があります。

TOTOを志望している人は他にどんな会社の年収に興味を持っている?

希望の転職を実現するには、志望する会社だけではなく同業他社の年収についても知ることが重要です。

では、TOTOを志望している人は、TOTO以外にどんな会社の年収に興味を持っているのでしょうか。

ここでは、LIXIL、ダイキン、安川電機の3社の年収を紹介します。

LIXILの年収は?

LIXILは、2011年に国内の建材・設備機器メーカー5社が統合してできた住宅設備機器業界最大手の企業です。

世界150ヵ国以上で75,000人の従業員を擁するLIXILは、海外の世界的ブランドを傘下に収め、高品質な製品を世界中に提供しています。

口コミによるLIXILの年収モデルは以下の通りです。

  • 年収500万円:新卒・20代前半・営業
  • 年収650万円~700万円:新卒・30代前半・営業主任
  • 年収900万円:中途・年齢不明(在籍3~5年)・管理
  • 年収1,100万円~1,200万円:中途・40代前半(在籍5~10年)・本社

2019年3月期の有価証券報告書によると、LIXILの平均年収は1,199万円です。直近5年間の年収推移は944万円~1,199万円で、日本の平均年収やTOTOの平均年収を大幅に上回っています。

ダイキンの年収は?

ダイキンは、エアコンなどの空調機で圧倒的な知名度を誇る総合空調専業企業です。150ヵ国以上の国で事業を展開し、海外売上高が77%を占めるグローバル企業です。

以下は、口コミからみるダイキンの年収モデルです。

  • 年収500万円~550万円:新卒・20代前半・営業
  • 年収650万円:中途・年齢不明(在籍10年)・開発
  • 年収700万円~750万円:中途・30代前半(在籍3年)・設計
  • 年収1,000万円:新卒・年齢不明(在籍20年以上)・商品開発

2019年3月期の有価証券報告書によると、ダイキンの平均年収は741万円です。ダイキンの平均年収は2012年から増加傾向にあり、年収700万円以上を維持しています。

安川電機の年収は?

安川電機は、エスカレーターやエレベーターに使われるインバータや、溶接・塗装を行う産業用ロボットなどのメカトロニクス製品を製造する企業です。

口コミによる安川電機の年収モデルは以下の通りです。

  • 年収500万円~600万円:中途・30代後半(在籍3年未満)・本社
  • 年収520万円:新卒・30代前半・営業
  • 年収800万円:新卒・40代前半・係長
  • 年収1,000万円~1,200万円:中途・年齢不明(在籍3年未満)・課長

2020年2月期の有価証券報告書によると、安川電機の平均年収は819万円です。直近5年間の平均年収は792万円~861万円と、年収800万円前後を推移しています。

TOTOの年収は魅力的!採用難易度は?

TOTOは高年収が期待できることもあって、採用難易度は高いと予想されます。

では、転職を成功させるにはどうしたらよいのでしょうか。ここからは、TOTOへの転職を成功させる秘訣を詳しく解説します。

TOTOは人気が高く就職・転職難易度は高い

TOTOの平均年収は、上場企業・同業界で比較したランキングで上位3割に入る高水準です。福利厚生も充実し、待遇に満足する現職者の口コミも数多くみられます。

TOTOは就職・転職先として人気があり、採用難易度は高いと予想されます。このため、個人の力のみで乗り越えていくには限界があります。

人気企業への転職を成功させるには、転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントとは人材紹介サービスのひとつで、キャリアアドバイザーと呼ばれる転職のプロが最適なサポートしてくれます。

ここでは、おすすめの転職エージェントを3つ紹介します。是非、転職活動の参考にしてください。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、株式会社パソナが運営する転職エージェントです。50,000件以上の豊富な求人案件を抱え、16,000社の取引実績を誇ります。

以下は、実際にパソナキャリアが扱うTOTOの求人情報です。(2020年6月時点)

  • 福岡本社:電子部品の技術開発スタッフ(正社員・大卒以上)
  • 福岡本社:特許事務スタッフ(正社員・大卒以上)
  • 千葉県勤務:キッチン・化粧洗面台の商品開発(正社員・大卒以上)

パソナキャリアが扱うメーカー関連の公開求人数は、2020年6月時点で9,208件です。製造業の中でもTOTOと同じ建材・ガラス業界の公開求人数は408件です。

パソナキャリアの魅力は、キャリアアドバイザーによる質の高いサポートです。業界に精通したアドバイザーが、転職者に最適なキャリアプランを提案します。

TOTOの中途採用枠に、必ずしも希望の職種があるとは限りません。そのため、キャリアアドバイザーの的確なアドバイスやサポートを受けて、自分の可能性を広げていくことが重要です。

登録する(無料)

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、人材紹介サービス業界最大手のリクルートグループが運営する転職エージェントで、転職支援実績は国内トップです。

リクルートエージェントの最大の魅力は、業界最大級の求人案件数を保有している点です。2020年6月時点の求人数は、公開求人が104,190件、非公開求人が108,732件です。

住宅設備機器メーカー関連(不動産・建設業界)の公開求人は15,451件、非公開求人は10,287件と、圧倒的な求人数を誇ります。

リクルートエージェントは豊富な求人数だけではなく、書類選考の通過率の高さにも定評があります。

豊富な転職支援実績を持つリクルートエージェントは、各企業の選考ポイントを熟知しています。このため、選考に通過しやすい履歴書の内容や書き方のコツなどを知ることができます。

採用難易度の高いTOTOへの転職を成功させるためにも、豊富な情報を持つリクルートエージェントはおすすめの転職エージェントです。

登録する(無料)

ランスタッド

ランスタッド

オランダに本社を置くランスタッドは、世界38ヵ国で4,800以上の拠点をもつ世界最大の人材派遣サービス会社です。

ランスタッドはキャリアアップや年収アップを目指す人におすすめの転職エージェントで、最大の特徴は独自に得た求人情報を数多く保有し、ハイクラス求人に特化していることです。

ランスタッドの転職支援サービスには、年収300万円~700万円の求人を集めた「キャリアアップ転職」と、年収2,000万円以上が見込める「プロフェッショナル転職」があります。

ランスタッドが保有する求人は、半数以上が海外・外資系企業の求人情報です。

TOTOは、日本をはじめ、中国・欧米など18カ国で事業を展開しているグローバル企業です。ランスタッドを利用すれば、TOTOの海外求人情報にも出会える可能性があります。

登録する(無料)

TOTOや同業界で年収アップを目指すなら転職のプロに相談が近道

TOTOは、ウォシュレットなどの衛生陶器で圧倒的な知名度を誇る住宅設備機器メーカーです。TOTOの高い技術から生まれる製品は、世界各国から高い評価を受けています。

TOTOの平均年収は日本の平均より高く、上場企業・同業界の中でも上位に入る高水準です。1,000万円以上の高年収を目指すことも可能です。

TOTOが属する住宅設備機器業界には最大手のLIXILなど、高年収を望める企業が多数存在しており、採用難易度が高いことが予想されます。

難易度の高い企業への転職を成功させる秘訣は、転職エージェントを利用することです。

転職エージェントを利用するメリットは、非公開求人を多数保有していること、専門知識をもったキャリアアドバイザーのサポートを受けられることです。

パソナキャリアやリクルートエージェントなど、この記事で紹介したおすすめの転職エージェントに登録をして、TOTOへの転職を実現しましょう。