トヨタ自動車の平均年収はいくら?転職を成功させるポイントも紹介!

トヨタ自動車の平均年収は「約852万円(2019年3月)」です(※有価証券報告書を参考)。

日本人の平均年収が400万円ほどと言われる中で、この水準はかなり高いです。

この記事では、トヨタ自動車の職種別平均年収や、年齢別平均年収などについてご紹介します。

記事の最後には、トヨタ自動車に転職する方法・コツも紹介しているので、併せて確認してみてください。

※記事中で紹介する年収は、厚生労働省の「賃金構造基本統計」と、口コミを参考にしており、実際の年収と異なる場合があります。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する
STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る

担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する

転職エージェントマニュアル 転職エージェントとは?最高の転職を実現するための完全マニュアル

トヨタ自動車の平均年収・ボーナスと基本情報

トヨタ自動車の平均年収は「約852万円(2019年3月)」です(※有価証券報告書を参考)。

トヨタ自動車の平均年収の推移は、以下の通りです。

年度トヨタ自動車の平均年収
2019年約852万円
2018年約832万円
2017年約852万円
2016年約852万円
2015年約838万円

過去5年間のトヨタ自動車の平均年収は約845.2万円です。

トヨタ自動車の平均年収は、840万円前後であることが分かります。

また、2019年のボーナスは、

  • 夏季:120万円(3.2ヶ月分)
  • 冬季:128万円(3.5ヶ月分)

でした。

退職金は、勤続30年以上の場合、2,000万円〜2,400万円程度受け取ることができます。

トヨタ自動車の基本情報

会社名トヨタ自動車株式会社(TOYOTA MOTOR CORPORATION)
創立1937年(昭和12年)8月28日
資本金6,354億円(2016年3月末現在)
売上高30兆2260億円(2019年度3月末現在)
従業員数364,445人(2017年3月末現在)
拠点
  • 本社
    住所:〒471-8571 愛知県豊田市トヨタ自動車町1番地
  • 東京本社
    住所:〒112-8701 東京都文京区後楽1丁目4-18
  • 名古屋オフィス
    住所:〒450-8711 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目7番1号
事業内容自動車の生産・販売

トヨタ自動車は、日本の自動車販売台数シェア46%を超える大企業で、世界販売台数はブランド単体で世界一です。平均年収は「約852万円」と、同業他社と比較してもトップクラスです。

その歴史は現在はグループ会社の「豊田自動織機製作所」(現・豊田自動織機)にさかのぼります。

豊田自動織機製作所は1933年に自動車部門を創設します。愛知県に拠点を置いて1937年に独立した会社になり、戦時中は被災しながらも軍用車の製造を担いました。

戦後は朝鮮戦争特需で大きく売上を伸ばし、モータリゼーションが進んだ高度成長期以降、クラウンやカローラなどの名車を次々に開発しました。

現在は高級車ブランドのレクサスも抱えて、資本金6千億円以上、売上高30兆円以上の企業にまで成長しています。

自動車以外にも、金融や住宅、通信事業なども行っており、自動運転などの分野への投資も活発です。

トヨタ自動車の平均年収をいろいろな角度から見てみよう

ここでは、トヨタ自動車の平均年収を多角的に見ていきたいと思います。

【職種別】トヨタ自動車の推定平均年収

職種別のトヨタ自動車の平均年収は、次のようになっています。

職種別平均年収
車両系(技術)666万円
総務・人事、経理、渉外広報
661万円
パワートレーン系(技術・生技・製造)
620万円
コネクティッド(IT系エンジニア)
610万円
クリエイティブ系600万円
国内営業・海外営業
567万円
専門サービス系550万円
生産管理、調達493万円
その他478万円
車両系(生技・製造)
470万円
販売・サービス系450万円

※カイシャの評判の口コミを参考にしています。

  • 車両系(技術)
  • 総務・人事、経理、渉外広報
  • パワートレーン系(技術・生技・製造)

の順番で年収が高いことが分かりました。

トヨタ自動車の技術職・総合職の平均年収

キャリコネが発表した「技術職の年収が高い企業ランキング」によると、トヨタ自動車の技術職の平均年収は「655万円」です。

一方、トヨタ自動車の総合職の平均年収は、キャリコネに口コミ投稿された「総合職に就いている人の年収データ」によると「約770万円」です。

各年代の総合職平均年収は、以下の通りです。

  • 20代:482.9万円
  • 30代:698.1万円
  • 40代:854.3万円
  • 50代:1,045万円

先ほど紹介したトヨタ自動車の平均年収から考えると低いですが、キャリコネに投稿した総合職の人のうち、半分以上が20代だったことが関係していると考えられます。

東京社のうち、30代は約3割、40代は約1割しかおらず、データの年代が偏っているので、実際はもう少し平均年収が上がるでしょう。

トヨタ自動車の工場の年収

トヨタ自動車の工場では「期間工」として働く人も多いでしょう。

初めてトヨタ自動車の期間工として働くことになり、1年間勤続したとすると、

基本年収
(基本月収)
3,407,280円
(283,940円)
満了慰労金
(例:通算12ヶ月)
305,000円
満了報奨金
(例:12ヶ月満了)
183,000円
食事補助10,000円
赴任手当20,000円
経験者手当
(例:6〜12ヶ月)
10,000円
合計3,935,280円

約393万円の年収をもらうことができます。

【年齢別】トヨタ自動車の推定平均年収

年齢別のトヨタ自動車の平均年収は、次のようになっています。(「キャリコネ」を参考)

年代平均年収
20代500万円
(350万円〜650万円)
30代800万円
(700万円〜900万円)
40代1,000万円
(900万円〜1100万円)
50代1,200万円
(1,200万円〜)

トヨタ自動車の20代の平均年収

トヨタ自動車の20代の平均年収は「500万円」です。

20代前半から後半にかけて、350万円〜650万円のレンジがあります

トヨタ自動車は基本給の他に、資格手当や能力給の規定を数多く設けています。このため、新人のうちは給料が低く抑えられていても、資格などを取得するうちに年収がアップします。

年収レンジが大きいのは、資格の有無などが影響しているとみられます。

それでも日本の20代の平均年収は345万円ですから、トヨタ自動車の平均年収は高いと言えるでしょう。

トヨタ自動車の30代の平均年収

トヨタ自動車の30代の平均年収は「800万円」です。

日本の30代の平均年収442万円と比べると2倍ほど高く、トヨタ自動車の30代平均年収の水準は高いと言えます。

ただし30代前半から後半にかけて、700万円〜900万円のレンジがあります

口コミの中には、30代で年収1,000万円に到達している人もいて、実力や昇任の有無によってかなり年収に差が出るようです。

トヨタ自動車の40代の平均年収

トヨタ自動車の40代の平均年収は「1,000万円」です。

40代前半から後半にかけて、900万円〜1,100万円のレンジがあります。

トヨタ自動車の50代の平均年収

トヨタ自動車の50代の平均年収は「1,200万円」です。

50代も実力次第では、かなり年収に差が現れ、部長になると年収2,000万円近くになります。

トヨタ自動車は、資格取得のための社内教育制度などが充実しており、若い社員を鍛えようとする意欲のある会社です。

社内制度を上手に使い、スキルを身につけ、成果を上げた社員ほど年収が長期的に高くなる給与体系のようです。

【役職別】トヨタ自動車の推定平均年収

トヨタ自動車の役職別の平均年収は次のようになっています。

役職別トヨタ自動車の平均年収
主任約800万円
課長(基幹職3級)約1,100万円
次長(基幹職2級)約1,500万円
部長(基幹職1級)約1,800万円

一般社員から主任に上がった段階で、年収約800万円になります。全体の平均年収と主任の年収はほぼ同額です。

そこから、課長・次長・部長へと順調に上がっていくと、年収も上がっていき、年収2,000万円に到達します。

報道によると、純粋な年功序列ではなく、近年では実力主義も多く採り入れているとされています。

【学歴別】トヨタ自動車の推定平均年収

トヨタ自動車の学歴別の年収は次のようになっています。

学歴別トヨタ自動車の平均年収
院卒約1,078.3万円
大卒約929.6万円
高専・短大卒約725.1万円
高卒約678.6万円

高卒の場合、本社及び周辺にある10の工場での勤務が基本になります。

入社時に特に必要な知識や技能はありません。トヨタ自動車には系列の自動車大学校もあり、高卒で入社後に自動車大学校で学んで自動車の知識を身につけることもできます。

大学院卒の平均年収が大卒よりも顕著に高いのは特徴的で、研究職を大切にしようという姿勢が見て取れます。

トヨタ自動車の平均年収は他の会社と比べると高い?

ここでは、トヨタ自動車の平均年収を他社と比較していきたいと思います。

トヨタ自動車の平均年収ランキング

東洋経済新報社は2020年1月、調査対象の上場会社3,242社の平均年収をランキング化し、「全国トップ500社」を発表しました。

「全国トップ500社」において、トヨタ自動車は「160位」でした

引用:https://toyokeizai.net/articles/-/322342?page=5

3,242社のうちの160位は、上位4%の位置付けられ、かなり高いことが分かります。

さらに表を見ても分かるとおり、社内平均年齢が低いので、実質的な「豊かさ」はもっと上位にあると思われます。

トヨタ自動車と他の自動車会社の平均年収

トヨタ自動車と他の自動車会社の平均年収は、次のようになっています。

自動車メーカー名平均年収
トヨタ自動車約852万円
ホンダ
(本田技研工業)
約820万円
日産自動車約815万円
三菱自動車約742万円
スズキ約681万円
マツダ約677万円

これは、日本の主要自動車メーカーの有価証券報告書を参考にまとめた平均年収ですが、トヨタ自動車の平均年収が最も高いことが分かります

ホンダ(本田技研工業)

本田技研工業の平均年収は「約820万円」です。

本田技研工業は、自動車以外にオートバイや船外機なども作っており、オートバイは販売台数・売上規模ともに世界一です。

若年層向けに凝ったデザインのクルマ作りをしていると評判で、特に技術系やデザイン系の人材に人気があります。

日産自動車

日産自動車の平均年収は「約815万円」です。自動車メーカーの中では高いほうですが、トヨタ自動車には及びません。

日産自動車は、大手自動車メーカーの一つで、2016年にルノー・日産・三菱でアライアンスを形成しました。

アライアンスでの世界販売台数は、トヨタ自動車を超えます。

2000年代に深刻な経営危機を経験した日産自動車は、経営改革の一環で徹底した実力主義を採っており、社内競争は熾烈です。

三菱自動車

三菱自動車の平均年収は「約742万円」です。

三菱自動車はパジェロ(日本では販売終了)など、耐久性の高い車で知られています。

販売台数シェア率は低いものの、認知度は非常に高いです。

2016年には、日産自動車とルノーとともに、アライアンスを形成しました。

スズキ

スズキの平均年収は「約681万円」です。日本の自動車メーカーの中では、そこまで高くありません。

スズキは高品質な軽自動車で知られる一方、スイフトなどの疾走感を重視した車もあり、特に若い世代に人気の車種を揃えています。

軽自動車メーカーは海外売上高比率が低い傾向にありますが、スズキは特にインドに強く、圧倒的なシェアを誇ります。

国内の自動車販売台数は6位、オートバイの販売台数は3位です。

マツダ

マツダの平均年収は「約677万円」です。日本の主要自動車メーカーの中では、そこまで高くはありません。

マツダは広島県に本社を置き、各社が電気自動車(EV)などにシフトする中、エンジン開発に特化した特徴的なクルマ作りを続けています。

そのエンジンの技術力はトヨタも一目置き、トヨタの技術を生かしてEVを共同開発する代わりに、マツダのエンジン技術をトヨタに提供する提携関係を結んでいます。

マツダはの国内自動車シェアは4番目です。

トヨタ自動車と日本の平均年収

トヨタ自動車と日本の平均年収比較万円
トヨタ自動車の平均年収852
日本の平均年収440

日本の平均年収は、国税庁の「平成30年分民間給与実態統計調査」によると、「約440万円」であることが分かりました。

トヨタ自動車の平均年収は「約852万円」と、日本の平均年収よりかなり水準が高いことが分かります

トヨタ自動車のグループ会社の平均年収ランキング

トヨタ自動車のグループ会社の平均年収は、次のようになりました。

トヨタ自動車のグループ会社平均年収
豊田通商株式会社約1,097万円
株式会社デンソー約817万円
株式会社豊田自動織機約814万円
アイシン精機株式会社約750万円
日野自動車株式会社約667万円

トヨタ自動車のグループ会社の中には、トヨタ自動車以上に平均年収が高い企業もありました。

トヨタ自動車のグループは強い関係で結ばれている一方、それぞれが独立した経営理念と方針を持っています。

特に近年はグループ会社といっても経営の多角化を進めており、トヨタ本体からの受注だけに頼らない経営を志向し始めているので、年収は独自に決めています。

豊田通商株式会社

豊田通商株式会社の平均年収は、トヨタ自動車を超える「約1,097万円」でした。

豊田通商はトヨタ自動車グループの総合商社で、自動車分野や化学品・合成樹脂分野、エネルギー・プラント分野など、あらゆる分野を取り扱っています。

2019年3月期の売上高は6兆円に上り、トヨタ自動車グループに大きく貢献しています。

他の大手総合商社と比較しても平均年収に遜色はなく、トヨタグループに入りたい人だけでなく、商社を志望する人たちから人気を集めています。

株式会社デンソー

株式会社デンソーの平均年収は「約817万円」です。

株式会社デンソーは自動車部品メーカーの一つで、自動車部品世界シェア第1位を誇っています。

2019年3月期の売上は5兆円で、デンソーもトヨタ自動車グループに大きく貢献しています。

ちなみに、1949年創業のデンソーはもともと、トヨタ自動車本体の電装部門でした。当時の電装部門は赤字で、分社化するに当たり、「トヨタに頼らない経営」を志向して「トヨタ」の名前を冠さなかったと言われています。

株式会社豊田自動織機

株式会社豊田自動織機の平均年収は「約814万円」です。

豊田自動織機はその名の通り、もともとは織り機の製造会社です。トヨタ自動車の祖業でもあります。

現在は総合的な機械メーカーの一つで、繊維機械以外にも、トヨタ自動車の自動車生産、エンジン、自動車関連製品の生産なども行っています。

2019年3月期の売上高は2兆円を超えており、豊田自動織機もトヨタ自動車グループを大きく支える会社の一つです。

アイシン精機株式会社

アイシン精機株式会社の平均年収は「約750万円」です。

アイシン精機株式会社は自動車部品メーカーの一つで、プジョーなどの海外メーカーにも部品を輸出しています。

2019年3月期の売上は4兆円にまで上り、アイシン精機もトヨタ自動車グループに大きく貢献しています。

アイシン精機は戦時中、飛行機用エンジン製造のため、日本政府の命により川崎重工と共同出資で操業した会社です。

戦後、連合国軍総司令部(GHQ)により航空機関連の開発を禁止されたことから、幅広い機械需要に応えるメーカーに衣替えしました。その幅広い経験に裏打ちされた開発力に定評があります。

日野自動車株式会社

日野自動車株式会社の平均年収は「約667万円」です。

日野自動車株式会社は、トラックやバスなどの商用車を生産している自動車メーカーです。

もともとトヨタグループだったわけではなく、1965年にトヨタ自動車と業務提携し、2001年に子会社となりました。

トラック・バス業界最大手の会社で、2019年3月期の売上高は1兆9千億円にも上ります。近年、アジア各国で大型車需要が活発になっており、業績は好調です。

トヨタ自動車への転職を成功させるポイント

トヨタ自動車は、日本で時価総額が一番高い大企業で、「安定していそう」というイメージも強いことから、就職・転職先として非常に人気の企業です。

応募人数が多く、採用倍率も非常に高いので、きちんと対策を行わなければ、まず採用されることはないでしょう。

そこでおすすめなのが「転職エージェント」です。

転職エージェントに登録をすると、担当のキャリアアドバイザーが付き、応募書類の添削や面接対策など、徹底的にサポートしてくれます

また転職エージェントは、一般には見ることができない非公開求人も扱っており、転職先企業に推薦状も書いてくれるので、転職成功確率を格段に上げることができます。

これらの転職サポートを「完全無料」で利用できます。

トヨタ自動車のような、転職難易度の高い企業に転職したいときこそ、転職エージェントは活用しましょう。

次の章では、転職のプロが厳選した転職エージェントを紹介しているので、ぜひ登録してみてください。

トヨタ自動車に転職するなら転職エージェントを活用しよう

トヨタ自動車に転職するなら、転職エージェントの利用が欠かせません。

ここでは、トヨタ自動車に転職するのに有利な転職エージェントをご紹介します。

リクナビNEXTの調査によると、転職活動をした約60%もの人が、

  • 豊富な選択肢、情報から選びたかった
  • 異なる視点からアドバイスが欲しかった
  • 得意分野に応じて使い分けたかった
  • 転職エージェントに良し悪しがあるかもしれないと思った

などの理由から、2,3社の転職エージェントを利用していたことが分かりました

以下で紹介する転職エージェントの全てに登録して、充実した転職活動を行ってください。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する、サポート力が高い転職エージェントです

40,900件の公開求人を扱っており、非公開求人も合わせると国内トップクラスの求人数です。

電気・機械などの技術職の求人が豊富にあり、10,618件にも上ります

パソナキャリアを実際に使用した人に、当サイトが独自に調査を行ったところ、

30歳 女性 事務

パソナキャリアは、転職に必要になる履歴書の添削をしてくれ、記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

30歳 男性 経理

履歴書の添削から、面接対策までしっかりサポートいただきました。質も高く、利用してよかったです。

など、転職エージェントの履歴書添削や面接対策を評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書といった必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

パソナキャリアの公式サイトパソナキャリアの評判と口コミについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。 パソナキャリアの評判は?629人の口コミ調査の結果

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、大手人材サービス企業のリクルートグループが運営する国内最大の転職エージェントサービスです

161,937件もの公開求人と、156,717件の非公開求人を扱っており、転職を考えたら、まず利用して間違いない転職エージェントです。

自動車メーカーの求人は、1,679件の公開求人、1,224件の非公開求人を扱っています。

トヨタ自動車関連の求人は、公開求人だけで995件扱っており、非公開求人も合わせて豊富な選択肢から転職先を選べます。

リクルートエージェントを利用した人の口コミには、以下のようなものがありました。

30歳女性・美容関係

扱っている求人数が多く、豊富な選択肢の中から選べるのは良かったです。

34歳女性・食品メーカー営業

丁寧にヒアリングしてくれるので、ミスマッチがありません。転職後もフォローしてくれ、非常に安心でした。

など、求人量やサポートの充実度について評価する声が多くありました。

転職活動が初めての方や、幅広い転職活動を希望している人は、ぜひ利用してみてください。

リクルートエージェントの公式サイトリクルートエージェントの評判と口コミについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。 リクルートエージェントは評判が悪い?500人の口コミ調査の結果

ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、外資系やグローバル系企業への転職に強みを持っている、世界最大級の転職エージェントです。

トヨタ自動車をはじめとする自動車メーカーの求人は、815件扱っています

ランスタッドは世界中に拠点があり、日本国内だけでも60以上の拠点があります。

相談もしやすく、外資系に強いといっても利用のハードルは低いです。グローバルにキャリアアップを目指す人は、ぜひ利用してみてください。

ランスタッドの公式サイトランスタッドの評判と口コミについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。 ランスタッド ランスタッドの評判は?500人の口コミ調査の結果

トヨタ自動車の平均年収まとめ

トヨタ自動車は、日本が誇る大企業の一つで、平均年収は「約852万円」です

日本の平均年収よりも2倍近い水準で、平均年収ランキングでトヨタ自動車は160位と、非常に高い水準であることが分かりました。

トヨタ自動車のグループ会社も平均年収は総じて高く、中にはトヨタ自動車以上に平均年収が高い企業もありました。

これほど知名度が高く、年収も恵まれているトヨタ自動車は人気が高いため、転職は難しいので1人で転職を成功させるのは至難の業です。

トヨタ自動車への転職を成功させるには、記事の最後で紹介した転職エージェントを最大限活用してください。自動車業界に特化したキャリアコンサルタントが、転職を力強くサポートしてくれます

トヨタ自動車は多くの人があこがれる一流企業です。複数の転職エージェントを併用して、ぜひ転職を成功させましょう。