高年収YouTuberになるには?収入ランキングと稼ぐ秘訣を大公開

YouTube

「YouTuberとして生きていこう」という夢にチャレンジすると、ほぼ全員が生計さえ立てられずに挫折します。

YouTuberは高年収で華やかなイメージが強く、2019年にソニー生命が調査した「男子中学生が将来なりたい職業」でも1位を獲得しています。子どものみならず、憧れる大人も多いでしょう。

現実には、一握りの人気YouTuberの影に隠れて、ほぼ無収入のYouTuberが驚くほど多く存在します。挑戦したい人も、チャンスを目の前に諦めるしかないのでしょうか。

この記事では、人気YouTuberの年収ランキングをはじめ、ランク別の収入や生計を立てる目安、収益の仕組みなど、「YouTubeでお金を稼ぐこと」について様々な観点から解説します。

さらに、YouTuberになりたい人に向けて、厳しいYouTubeの世界で勝ち残る秘訣も紹介します。

YouTuberの「お金・稼ぎ方」に関することは、この記事一つでバッチリ理解できます。ぜひ目を通してください。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

目次

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

ヒカキンなど人気YouTuberの年収は?ランキングや収入の目安を紹介

YouTuberはネット時代を象徴する新しい職業です。人気に火が付けば、人並み外れた収入を得られますが、実際には「何桁くらい」の年収が望めるのでしょうか。

この章では、人気YouTuberの年収をランキング形式で紹介し、チャンネル登録者数に応じた収入額や、専業YouTuberとして生計を立てる目安などを解説します。

日本の人気YouTuber年収ランキングトップ5【2019年】

YouTubeを使って莫大な収益を得ているのは、企業ではなく個人です。

日本には、チャンネル登録者数100万人超のYouTubeチャンネルが200以上あります。有名企業運営のものは少数で、1人~数人で活動するYouTuberのチャンネルが大半を占めています。

YouTubeでは個人にこそ、大きな収入を稼ぐチャンスが用意されているのです。

ここでは、高収入な人気YouTuberの中でも、特に年収の高い5組をランキング形式で発表します。

ランキング順位は、独自に2,019年の広告料収入を推定し、他の収入源も考慮して決定しました。チャンネル登録者数・動画数などは、2020年3月現在のものです。

YouTuber年収ランキング1位:ヒカキン(Hikakin)

  • 推定年収(YouTube広告料のみ・2019年):3億8700万~5億8000万円
  • その他の収入源:企業案件・芸能活動・役員報酬(UUUM)など

YouTuber年収ランキングの1位に輝いたのは「ヒカキン(Hikakin)」です。2006年からYouTuberとして活動し、4つの運営チャンネルを合わせ120億回近い累計動画再生数を誇ります。

ビートボックス(声で楽器演奏を再現する音楽)動画をきっかけに大量のアクセスを集め、一躍人気YouTuberとなりました。現在では、商品紹介やゲーム実況など、幅広いジャンルの動画投稿をしています。

ヒカキンが超高年収な理由は、YouTubeの広告料以外にも、多数の収入源を持つためです。企業案件や芸能活動による収入のほか、所属事務所UUUMの役員も務めています。

全ての収入を合わせると、ヒカキンの年収は10億円を超えると予想されます。

ヒカキンのYouTubeチャンネル情報

チャンネルチャンネル登録者数平均月間再生数(2019年)動画数
Hikakin TV804万人9590万回2700本
Hikakin Games452万人6320万回1492本
HIKAKIN240万人162万回167本
Hikakin Blog56万人35万回66本
合計1552万人1億6100万回/月4452本

YouTuber年収ランキング2位:フィッシャーズ(Fischer's)

  • 推定年収(YouTube広告料のみ・2019年):5億1300万~7億7000万円
    ※メンバー個人チャンネルを除く
  • その他の収入源:企業案件・芸能活動や音楽活動・イベント開催など

YouTuber年収ランキングの2位は「フィッシャーズ(Fischer's)」です。2010年に中学の同級生で結成した男性7人組のYouTuberで、各メンバーの個性を武器にした動画で人気を獲得しました。

フィッシャーズは、アジアのYouTuber界でトップクラスの人気を誇ります。2019年には日本人として初めて、優秀なYouTubeクリエイターに贈られる「Streamy Awards」を受賞しました。

得ている広告料収入も非常に高額で、2019年は5億円を超えていたでしょう。

個性豊かなメンバー7人の活動は、YouTubeだけに留まりません。複数のシングルやアルバムをリリースしているほか、Mステに出演するなど、音楽活動にも精力的に取り組んでいます。

他に企業案件の収益なども合わせると、フィッシャーズのグループとしての年収は10億円程度とも予想できます。

フィッシャーズ(Fischer's)のYouTubeチャンネル情報

チャンネル名チャンネル登録者数(万人)平均月間再生数(2019年回数)動画数
Fischer's-フィッシャーズ-608万人1億9300万回2056本
Fischer's-セカンダリ-235万人2130万回1147本
合計843万人2億1400万回/月3203本

YouTuber年収ランキング3位:東海オンエア

  • 推定年収(YouTube広告料のみ・2019年):4億9400万~7億4000万円
    ※メンバー個人チャンネルを除く
  • その他の収入源:企業案件・音楽活動や芸能活動・イベント開催など

YouTuber年収ランキングの3位は「東海オンエア」です。男性6人組のYouTuberで、2013年に動画投稿を開始し、現在でも地元の愛知県を拠点に活動しています。

体を張ったドッキリや検証動画などを多数投稿し、人気を博してきました。

メインチャンネルの登録者数は500万人を超え、月間再生数も日本トップクラスです。2019年の東海オンエアの広告料収入は、少なくとも5億円程度にのぼるでしょう。

フィッシャーズと同じく、東海オンエアも音楽活動をしており、シングルやミニアルバムをリリースしています。

企業案件の収益なども含めると、東海オンエアのグループとしての年収は、10億円に迫るとも予想できます。

東海オンエアのYouTubeチャンネル情報

チャンネル名チャンネル登録者数(万人)平均月間再生数(2019年回数)動画数
東海オンエア504万人1億6200万回1541本
東海オンエアの控え室243万人4360万回1444本
合計747万人2億600万回/月2985本

YouTuber年収ランキング4位:はじめしゃちょー

  • 推定年収(YouTube広告料のみ・2019年):3億6600万~5億4800万円
  • その他の収入源:企業案件・芸能活動・写真集出版・イベント開催など

YouTuber年収ランキングの4位は「はじめしゃちょー」です。2012年から動画投稿を開始し、現在ではYouTubeチャンネル単独の登録者数で日本一を誇ります。

自由がモットーの「超フリーダムYouTuber」を自称し、実験系動画を中心に様々なジャンルの動画を投稿して若年層の人気を獲得しました。

YouTubeの広告料収入は、年間4~5億円前後でしょう。動画投稿の他にも、CM出演や写真集出版、イベント開催など、多彩な活動を展開しています。

全収入を合わせると、はじめしゃちょーの年収は7~8億円程度とも予想できます。

はじめしゃちょーのYouTubeチャンネル情報

チャンネル名チャンネル登録者数(万人)平均月間再生数(2019年回数)動画数
はじめしゃちょー(hajime)841万人9110万回2094本
はじめしゃちょー2 (hajime)247万人1020万回1167本
はじめしゃちょーの畑195万人5110万回581本
合計1283万人1億5200万回/月3842本

YouTuber年収ランキング5位:キッズライン

  • 推定年収(YouTube広告料のみ・2019年):4億8300万~7億2500万円

YouTuber年収ランキングの5位は「キッズライン」です。「こうくん」と「ねみちゃん」の姉弟が出演する子ども(未就学児)向けYouTubeチャンネルで、月間動画再生回数は1位のヒカキンをも上回ります。

YouTubeの子ども向け動画は、子育て世帯から大きなニーズがあります。出演者自身が子どものキッズラインは、二人が楽しく遊ぶ様子を動画にアップし、絶大な人気を得ています。

チャンネル登録者数は現在非公開ですが、以前は660万人を超えており、ヒカキンを超えたと話題になりました。

再生数の多さから、YouTubeの広告料収入だけでも年収5億円程度は得ているでしょう。

キッズラインのYouTubeチャンネル情報

チャンネル名チャンネル登録者数(万人)平均月間再生数(2019年回数)動画数
キッズライン♡Kids Line非公開1億8300万回4225本
こうくんねみちゃんキッズライン非公開1840万回792本
Kids Line World約7000人14万回292本
合計2億150万回/月5309本

あの有名YouTuberの年収は?炎上で稼げる?

ネット上の独自調査では、年収を知りたいと思うYouTuberについて「ラファエル」「ヒカル」「シバター」との回答が多数ありました。炎上しがちなYouTuberは、年収も注目されやすいようです。

この3人のYouTuberの年収を検証します。ランキングトップ5には入らなかったものの、いずれも一人で高年収を稼ぐYouTuberであり、必見の内容です。

ラファエルの年収は?

  • 推定年収(YouTube広告料のみ・2019年):6900万~1億400万円
  • その他の収入源:企業案件・書籍出版・会社経営など

炎上をいとわない動画や発言で人気のラファエルは、異色の経歴を持つYouTuberです。元自衛官で、会社員に転身後、副業でYouTubeを始めています。

真っ白なマスク(仮面)を付けて動画出演するスタイルは、キャラクターづくりのみならず、当時の勤務先への身バレ防止も目的としていました。

ラファエルは、ドッキリや検証動画などを投稿し続けて有名になった比較的遅咲きのYouTuberです。副業でYouTube開始後、チャンネル登録者数1万人までに1年半ほど要しています。

現在は積極的に企業案件を受けるほか、アプリ制作などを行う会社の経営、書籍出版など、様々なビジネスを手掛けています。

こうした収入を合わせると、ラファエルの年収は数億円規模でしょう。2018年末には自身でも、年収4億円弱と語っています。

ラファエルのYouTubeチャンネル情報

チャンネル名チャンネル登録者数(万人)平均月間再生数(2019年回数)動画数
ラファエル Raphael151万人2560万回662本
ラファエルサブチャンネル23万人340万回277本
合計174万人2900万回/月939本

ヒカルの年収は?

  • 推定年収(YouTube広告料のみ・2019年):1億3600万~2億400万円
  • その他の収入源:企業案件・不動産投資・会社経営など

ヒカルは、お祭りのクジを買い占めて当たりクジの有無を検証するなど、たくさんのお金を使う動画で有名になった人気YouTuberです。

YouTubeの活動開始は2013年で、ゲーム実況を中心とした「Hikaru Games」が初期のメインチャンネルでした。

2016年に様々な検証動画などを投稿する現メインチャンネルを開設し、間もなくチャンネル登録者100万人超の人気YouTuberとなりました。

炎上による2ヶ月半の活動休止を経た今でも人気は高く、全運営チャンネル合計で500万人近いチャンネル登録者数を誇ります。

YouTubeの広告料収入だけでも、ヒカルの年収は1億円台後半~2億円程度でしょう。

炎上以降、企業案件は激減したものの、不動産投資や会社経営による収入もあるとの噂です。ヒカル自身も2018年末の動画で、年収5億円前後と語っています。

ヒカルのYouTubeチャンネル情報

チャンネル名チャンネル登録者数(万人)平均月間再生数(2019年回数)動画数
ヒカル(Hikaru)375万人5490万回1327本
Hikaru Games55万人90万回8430本
ヒカルのドーナツ屋さん27万人58万回150本
ヒカルさんの小銭稼ぎ14万人29万回52本
合計472万人5660万回/月9959本

シバターの年収は?

  • 推定年収(YouTube広告料のみ・2019年):2500万~3800万円
  • その他の収入源:企業案件、書籍出版など

シバターは、炎上狙いの動画で再生数を稼ぎ、高い知名度を得たYouTuberです。元々の職業は総合格闘家・プロレスラーで、その活動の傍ら、2013年にYouTubeを始めました。

攻撃的な発言が波紋を呼び、YouTubeアカウント停止経験が何度もありますが、2019年にはメインチャンネルの登録者数が100万人を突破しています。

シバターの年収は、YouTube広告料収入だけでも年間3000万円程度はあるでしょう。広告料の他に、パチンコ・スロットに関連したチャンネル運営により、関連した企業案件でも収入を得ています。

2019年末には初の著書『炎上商法で1億円稼いだ男の成功法則』を出版しており、本文中で「平均月収500万円超え」と語られています。

全ての収入源を合わせると、シバターの年収は1億円に迫るとも予想できます。

シバターのYouTubeチャンネル情報

チャンネル名チャンネル登録者数(万人)平均月間再生数(2019年回数)動画数
PROWRESTLING SHIBATAR ZZ106万人1010万回1827本
プロレスリングシバター(サブ)20万人28万回130本
パチンコ・パチスロ日本代表ch22万人302万回339本
合計148万人1340万回/月2296本

世界で一番稼いでいるYouTuberの年収は?

世界一稼ぐYouTuberの年収は、2600万ドル(約28億円)です。そのYouTuberは、米テキサス州に住むライアン・カジくん(8歳)です。

おもちゃのレビュー動画中心のチャンネル「ライアンズ・ワールド」が爆発的人気となり、フォーブス誌「世界で最も稼ぐYouTuber」で2年連続1位に輝きました。

メインチャンネルの登録者数は、2500万人に迫る勢いです。再生数が1千万回超えの動画は珍しくなく、30本以上の動画が1億回を超えています。

YouTubeの広告料収入だけでも莫大な金額にのぼりますが、様々なおもちゃメーカーと契約を結んでいるとされ、企業から高額な報酬も受け取っているでしょう。

近年ではおもちゃのレビューのみならず、遊びや工作の様子をアップしたり、家族が出演したりと、自身の成長とともに動画の幅を広げています。

ライアン・カジくんのYouTubeチャンネル情報(他にも複数あり)

チャンネル名チャンネル登録者数(万人)平均月間再生数(2019年回数)動画数
Ryan's World2450万人7億1400万回1683本
Kaji Family551万人1億9500万回576本

YouTuberの月収・年収まとめ(ランクや登録者数別)

YouTuberにとってチャンネル登録者数は、収入の規模に直結する大事な指標です。登録者数が多いチャンネルほど、当然ながら視聴回数も伸びやすく、収益も大きくなります。

YouTubeでは公式に、登録者数別にチャンネルのランク付けをしています。初心者に相当するグラファイトから、登録者数1000万人以上のダイアモンドまでの6段階が存在します。

チャンネル収益化の申請には、オパール(チャンネル登録者数1000人以上)のランクが必要です。人気を獲得してシルバー(同10万人以上)以上のランクになれば、豊かな生活も夢ではありません。

下表に、各ランク到達時の大まかな広告料収入の目安を紹介します。ただし、YouTubeの収益は、動画再生数や再生時間、動画のジャンルなどで変動し、範囲内に収まらないこともあり注意が必要です。

YouTubeチャンネルのランク・登録者数と月収・年収の目安

ランクチャンネル登録者数到達時の目安月収到達時の目安年収
グラファイト1000人未満収益化申請不可
オパール1000人以上3千~1万円4~12万円
ブロンズ1万人以上3~10万円40~120万円
シルバー10万人以上30~100万円400~1,200万円
ゴールド100万人以上300~1,000万円4,000万~1億2,000万円
ダイアモンド1000万人以上3,000万~1億円4~12億円

※1再生あたりの広告料収入は0.3円と仮定。動画投稿数は月10~15本、平均動画再生回数は登録者数と同数~2倍の範囲で試算。

専業YouTuberとして食べていく目安は?

専業YouTuberとして生計を立てるには、チャンネル登録者数1万人以上(ブロンズランク)を目指しましょう。

到達時点で月収10万円程度も期待できますが、専業YouTuberとして食べていくのに十分な収入とはいえません。

ただ、YouTubeでは人気や知名度が高まるほど、チャンネル登録者数や動画再生数が急激に伸びる傾向があります。獲得した人気が、さらなる人気を呼ぶのです。

YouTubeを始めた直後は、新規登録者数は1日数人程度でしょう。知名度が高まると、以前よりずっと多くの人が毎日登録したり、SNSで拡散され動画再生数が一気に伸びたりします。

こうした仕組みから、チャンネル登録者数1万人を超えれば、以後十分に年収が増える見込みが高まります。専業YouTuberとして独立するなら、最低でも突破したいラインです。

それまでは本業を続け、YouTuberを副業にすると、気持ちに余裕を持って取り組めます。副業OKの会社で働くには、後の章で紹介する転職エージェントの利用がおすすめです。

YouTuberに給料が入る仕組みは?収入源を徹底解明!

YouTuberの働き方は、一般のサラリーマンと全く異なります。

会社員の場合、与えられた仕事をこなせば、毎月決まった給料が支払われます。一方、YouTuberは自営業であり、自力で収入源を確保できなければ働いても無報酬です。

誰からも雇われずに働くYouTuberは、どのようにお金を稼ぐのでしょうか。その仕組みを解き明かします。

YouTuberの主な収入源は広告料収入

YouTuberの主な収入源は、広告料収入です。

YouTubeでは、視聴時に動画広告が再生されるほか、再生画面の内外にもバナー広告などが表示されます。多くの企業や団体が、商品やサービスの宣伝を目的に広告料を支払っているためです。

広告料がYouTuberの手に渡る前に、YouTube側はその一部を差し引いて運営資金にします。

この仕組みは、動画を投稿するYouTuber側にとっても、次のように様々なメリットがあります。

  • 膨大なユーザーを抱えるYouTube市場に無料で参入できる
  • 個人にも広告ビジネスの仲介がなされる
  • 優れた動画投稿のプラットフォームが無料で提供される

YouTubeの収益は1再生あたり何円?

YouTubeの1再生あたりの予想広告料単価は0.28円です。

多数の人気YouTuberを抱える事務所「UUUM」の決算資料に記載されている、所属YouTuber全体の合計再生数と広告料収益から単価を試算しました。

0.28円の単価は事務所所属の人気YouTuberにおける目安であり、全YouTuberに当てはまるとは限りません。しかし、よくある「1再生0.1円」との噂より、ずっと高い単価が見込めるでしょう。

ただし、1再生あたりの広告料単価は固定されておらず、動画の内容や時期などで変動する仕組みです。例えば、下記の要素が単価に影響します。

  • 動画の長さ:10分程度はある長めの動画が高単価
  • 動画のジャンル:子ども向けより大人向けの方が高単価
  • 投稿者による広告設定:最適なタイミングや広告回数の見極めが重要
  • 再生された時期:単価が上昇しやすい時期(特に3月と12月)が存在

YouTuberの年収や収益を確認・計算するサイトはある?

「SOCIAL BLADE(ソーシャルブレード)」という英語圏のウェブサイトで、YouTuberの予想年収・収益を公開しています。

「Enter YouTube Username」の欄にYouTubeのチャンネル名かURLを入力すると、そのチャンネルに関する様々な情報を確認できます。

「ESTIMATED YEARLY EARNINGS」と書かれた値が、そのチャンネルの予想収益です。

1000再生あたりの広告料収益が0.25~4ドルと、幅を持って計算されます(1再生0.28円なら約2.5ドルに相当)。

K(キロ:1000倍)かM(メガ:100万倍)の倍数とともに米ドル表示されるので、日本円には、下記を目安に換算しましょう。

  • $1K:1000ドル(10万円強)
  • $100K:1万ドル(1000万円強)
  • $1M:100万ドル(1億円強)

広告以外にもあるYouTuberの収入源

YouTuberの収入源は、広告料収入だけではありません。

人気や知名度が高まれば、YouTubeを活用して次のような収入源もつくれます。

  • 企業案件:企業からの商品やサービスの紹介依頼
  • スーパーチャット:ライブ配信時のいわゆる「投げ銭」機能
  • メンバーシップ:月額料金を支払うファンへの特典提供機能

企業案件では、知名度や影響力に応じた報酬が企業から直接支払われ、人気YouTuberなら報酬は高額です。特に、好感度の高いYouTuberなら企業のオファーを受けやすいでしょう。

スーパーチャットやメンバーシップは、ユーザーの課金額から手数料を差し引かれた後、YouTuberにお金が渡る仕組みです。

YouTuberが受け取る割合は非公開ですが、課金額の70%という通説があります。

YouTuberとしての知名度を使うビジネスも可能

知名度の高さは、様々なビジネスに利用可能です。YouTuberとして知名度を獲得しておけば、世の中に商品やサービスを提供した際、多くの人に利用されやすいでしょう。

リスクが低い順に、知名度を生かしやすいビジネスは以下の通りです。

  1. 芸能活動・イベント出演
  2. ブログなどのメディア運営
  3. グッズ販売・書籍出版
  4. イベント・ライブ開催
  5. オンラインサロン運営
  6. 実店舗運営・ブランド経営

初期投資やランニングコストが高額なビジネスほど、一筋縄には成功しません。個人規模では、事業が軌道に乗る前に資金が尽きるケースが大半です。

人気YouTuberとなった後にビジネスを始めるのは、非常に賢い選択でしょう。

YouTuberは、誰でも始められる一方、成功すれば高額な収入が継続的に得られます。知名度による宣伝効果のみならず、事業が軌道に乗るまでの資金確保もできるのです。

YouTuberを足がかりとしたビジネス展開は、個人が成功を収めるための強力な手段になります。

十分な年収のYouTuberになるには?稼ぐためのポイント5つ

YouTubeでの収益は、動画再生数と再生時間にほぼ比例します。

ただ真面目に動画投稿を続けても評価されにくい一方、大事なポイントを意識すれば、動画再生数を急激に伸ばすことも可能です。

この章では、YouTuberとして十分な年収を稼ぐために知っておきたい「5つのポイント」を紹介します。

YouTuberとして稼ぐポイント①まずは収益化審査をパスする

YouTubeチャンネルを開設して動画を投稿しても、すぐには収益が得られません。

チャンネルの収益化には、YouTubeによる審査合格が必要で、少なくとも次の条件が欠かせません。

  1. 総再生時間が直近12か月間で4,000時間以上
  2. チャンネル登録者数が1,000人以上

この2つを満しても審査に合格するとは限りません。YouTubeの審査担当者は、主な動画のテーマやタイトルなどを確認したうえで、「収益化ポリシー」に沿っているかを判断します。

モラルに欠ける動画や、視聴者に不快感を与える動画などを公開していると、チャンネル収益化は認められません。一例として、次のような内容の動画が該当します。

  • 暴力的な動画
  • 差別的な動画
  • 炎上を招く動画
  • 露骨な性表現がある動画
  • タバコや薬物に関する動画
  • 危険な行為を行っている動画
  • 他者コンテンツの借用、または繰り返しが多い動画

詳しい収益化ポリシーはYouTubeにより公開されているので、確認しておきましょう。

YouTuberとして稼ぐポイント②流行のジャンルを選ぶ

人気YouTuberになれるかどうかは、個性やキャラクター次第だと思われがちです。

盲点となりやすい「動画のジャンル選び」はさらに重要です。視聴者の関心が少ないジャンルでは、よほど知名度がない限り再生数を稼げません。

動画向きの特技や強みがない場合、「流行のジャンル」に取り組むとよいでしょう。上手くブームに乗れれば、チャンネル登録者数や動画再生数を大きく伸ばすことも可能です。

2019年頃には例えば、次のジャンルの動画やチャンネルが増えました。

  • 日常のルーティーン動画
  • ビジネスや教育系動画
  • フィットネス系動画
  • マンガ系チャンネル
  • ASMR(ささやき声や咀嚼音などゾワゾワする音や心地よい音を録音した動画)

簡単には真似できないジャンルもありますが、ルーティーン動画やASMRなど、工夫次第で誰でも取り組めるジャンルもあります。

YouTuberになるなら、流行のチェックは忘れないようにしましょう。

YouTuberとして稼ぐポイント③コラボで知名度を上げる

一人で黙々と動画を投稿しても、知名度はゆっくりとしか上がりません。一気に知名度を高める方法が、他のYouTuberとのコラボ(コラボレーション・共演)です。

コラボには、互いのチャンネル視聴者を共有する効果があります。別チャンネルへの出演で、今まで自分を知らなかった人にも認知されるのです。

もちろん、無名のうちは有名YouTuberとのコラボは困難です。まずはランクの近いYouTuberとコラボして知名度が高まれば、より有名なYouTuberとも関われるようになります。

誰かとコラボしたい場合、気になるYouTuberにSNSなどで積極的に絡んだり、YouTuberが集まるイベントに足を運んだりするとよいでしょう。所属事務所がコラボを仲介することもあります。

YouTuberとして稼ぐポイント④コメントやSNSでファンをつかむ

YouTuberとして年収を上げるには、視聴者の心を掴んでファンになってもらうことが重要です。YouTubeのコメント欄やSNSを活用し、積極的にファンと交流しましょう。

YouTubeやSNSでもらったコメントに対して、返信や「いいね」「ハート」を付けるなど、ちょっとした反応でもファンは喜んでくれます。

SNSを運用していれば、多くの人への拡散も期待できます。「バズらせる」ことができれば、動画再生数を伸ばす起爆剤となるでしょう。

YouTuberとして稼ぐポイント⑤海外ユーザーを意識してみる

世界には、20億人以上のYouTubeユーザーがいます。世界中の人々を視聴者にできれば、国内のみに目を向けるより、ずっと稼ぎやすくなるでしょう。

必ずしも語学に堪能である必要はありません。動画は言葉なしで、映像と音声だけでも魅力的なコンテンツにできます。

例えば、日本の伝統文化や食文化、自然、観光地、景観など、日本にしかないものを動画にすれば、海外ウケも狙いやすいでしょう。

人を惹きつけるような特技を披露する動画も、言葉が通じなくても再生されやすい傾向があります。

高年収のYouTuberは一握り…挑戦者が越えるべき4つの壁

前章でYouTuberとして稼ぐためのポイントを紹介しましたが、それらを守ればすぐに人気が出るとは限りません。

実際のところ、高年収のYouTuberはごく一部で、大部分はろくな収益を上げられずに挫折します。

YouTubeの世界の厳しい側面も知っておきましょう。ここでは、高年収YouTuberになるまでに立ちはだかる4つの壁を紹介します。

高年収YouTuberへの壁①多くの人が収益を出せない

YouTubeチャンネルの収益化には、1,000人以上の登録者数が必要です。そして、生活費程度の年収を稼げる目安は、最低でも登録者数1万人程度です。

この域への到達には大抵、長い時間がかかります。YouTube挑戦者の多くは、人気が出る前に自信を失ったり、将来が不安になったりして、夢を諦めてしまうのです。

有名な人気YouTuberでも、始めた頃は登録者数が増えず、試行錯誤を繰り返してようやく人気が出たケースが多々あります。

成功の鍵となる試行錯誤には、とにかく時間が必要です。さらに、クリエイティブな動画を作るには、心とお金の余裕も必要でしょう。

いきなり会社を辞めて専業YouTuberになるのは避けるべきです。本業を続けつつ副業でYouTuberになれば、時間をかけて自分のスタイルを確立でき、着実に成功へ近づけます。

高年収YouTuberへの壁②事務所所属で給料が下がる

チャンネル登録者数や動画再生数が伸び、人気YouTuberの仲間入りをすると、事務所に所属する場合が多いでしょう。

事務所は、コラボや企業案件の仲介、グッズ販売やイベント開催の企画運営、税務関連の手続きなど、多くの雑務を代行します。事務所所属のYouTuberは、安心して動画投稿に専念できるのです。

一方、事務所に所属すると、広告料の一部(通常2割程度)が事務所の取り分となり、YouTuberの年収は下がります。

そのうえ、税法の仕組み上、事務所を通した支払いは「国内取引」となり、消費税相当額の納税まで課されるのです(収益額次第で例外あり)。

ある程度の人気が出ても、なかなか丸儲けとはいきません。それを見越した計画的活動が必要です。

高年収YouTuberへの壁③急に収入がなくなることも

炎上を起こしてしまった場合など、YouTubeからの収入が急に途絶えることもあります。

過激なコンテンツを投稿していなくても、安心はできません。狙って炎上を起こすYouTuberもいますが、そのつもりがなくても炎上するケースは多いのです。

炎上の原因は「言葉の揚げ足を取られる」「知らないうちにルールを破ってしまう」などで、「風評被害」もあります。

YouTubeから炎上を問題視されると、チャンネル閉鎖による活動休止もあり得ます。特に、動画再生数が少ないYouTuberは、YouTube側への利益も小さく、問題を起こすと冷たい対応を取られがちです。

当然ながら、チャンネルが閉鎖されれば収入は途絶えます。こういった事態に備え、十分な人気や影響力を手にするまでは本業を続けて、複数の収入源を持っておくと安心です。

高年収YouTuberへの壁④副業したくても禁止の会社が多い

難易度や不安定さを考慮すると、まず副業でYouTuberを始めるのがおすすめです。

しかし、働き方改革が進む今でも、ほとんどの会社は副業禁止です。

会社に隠してYouTubeを始めるのは考えものでしょう。動画に顔出しをせずとも、住民税の通知書などを通じて、会社に副業がバレるケースが多々あります。

YouTuberになりたい人は、副業OKの会社で働きつつ活動するのがベストです。決まった収入があれば心に余裕ができるうえ、会社バレを心配せず堂々と取り組めます。

現在の勤務先が副業NGなら、副業OKの職場への転職も考えましょう。次に紹介する転職エージェントを利用すれば、希望条件にあった転職先をプロに探してもらえます。

夢を追うなら副業OKの職場へ!転職はプロに相談しよう

高年収の人気YouTuberを目指すなら、まずは副業ができる環境に身を置きましょう。副業OKな職場への転職活動では、次の3点が重要です。

  1. 求人件数が豊富なサービスを利用する
  2. 副業がYouTuberでもOKの求人か確認する
  3. 無理なく働ける求人を厳選する

「副業OKならどんな副業でもOK」とは限りません。内容により許可されない場合もあり、副業がYouTuberでも大丈夫か確認が必要です。

許可されても、活動時間が取れなければ本末転倒です。休日が多く残業が少ない、有給休暇が取りやすいなど、YouTuberの活動がしやすい求人を見極める必要があります。

条件をクリアする求人探しは簡単ではありません。その分の時間や労力は、動画撮影にでも使いたいところです。

無駄な手間をかけないためには、転職エージェントを利用するとよいでしょう。転職エージェントは、完全無料で使える求人サービスです。

転職のプロが、転職理由や希望条件をもとにピッタリの求人を紹介し、応募や面接などのサポートまで行ってくれます。

ここからは、副業OKな職場を探しやすい転職エージェントを3つ紹介します。特徴やメリットはそれぞれ異なるので、複数登録するのもおすすめです。

パソナキャリア

パソナキャリア

YouTuberとして高年収を得るには、今の時間を無駄にできません。転職活動でも手間をかけずに、余った時間を有効活用したいところです。

「パソナキャリア」は手厚いサポートに定評があり、顧客満足度No.1に輝いている転職エージェントです。サポートの充実は、効率的に転職活動したい人には心強いでしょう。

実際の利用者からも、

30歳 男性 機械メーカー営業

企業との交渉のほか、確認したいことも聞いてもらえました。面倒なことを代わってもらえて助かりました。

25歳 女性 ITエンジニア

履歴書の添削や面接対策があり安心でした。給与の面でも、企業と交渉して金額を上げてもらえてよかったです。

など、パソナキャリアのサポート内容が高く評価されています。

「YouTuberと兼業できる求人などあるのか」と不安なら、まずはパソナキャリアに登録し、担当者に相談するのがおすすめです。

登録する(無料)

リクルートエージェント

リクルートエージェント

副業OKな求人の割合は、多くありません。YouTuberの副業がOKなうえに、年収や勤務時間、職種、勤務地などの希望条件も満たしたいなら、求人多数のサービスがよいでしょう。

おすすめは「リクルートエージェント」です。国内最大級の求人数を誇る転職エージェントで、非常に多くの求人から希望に沿ったものを探せます。

実際の利用者からも、

24歳 女性 電機メーカー経理

不利な条件の転職でも、とても豊富な求人から気になるものを比較して、自分に合ったものを選べました。

30歳 男性 サービス業・経営企画

他社に比べて求人数が多く、非公開求人も多かったです。担当者との連絡もスムーズでした。

など、リクルートエージェントの求人数の多さが評価されていました。

リクルートエージェントは、転職市場の動向にも精通しています。副業OKな会社の割合など、詳しい情報収集もできるでしょう。

登録する(無料)

ランスタッド

ランスタッド

副業YouTuber希望者には、本業の年収や雇用形態にこだわらず、ユニークな求人や職場を探しているケースも多いでしょう。

一風変わった仕事や働き方ができれば、その経験を動画で話したり、YouTuberとしてのキャラクター作りに役立てたりできます。

多様性のある求人サービスには「ランスタッド」があります。ユニークで質の高い求人が多い、ヨーロッパ発祥の外資系転職エージェントです。

外資系やグローバル企業の求人に強い一方、派遣や短期バイトの求人まで幅広く扱っています。古い考え方にとらわれず、柔軟な働き方をしたい人にもピッタリです。

実際のランスタッド利用者からも、

36歳 男性 製造業

短期から長期まで様々なバリエーションの仕事がありました。登録後のサポートが良く、使いやすかったです。

41歳 男性 食品製造販売業

ハローワークにすら掲載されていない求人が多く驚きました。自分で探しても巡り会えないような求人を紹介してもらえます。

など、バラエティーに富んだ求人の質が評価されていました。

人気YouTuberの多くは、とてもユニークな人たちです。「人と違うことをしたい」と思っているなら、ランスタッドに登録して損はないでしょう。

登録する(無料)

転職すると安心して副業YouTuberを目指せる!

トップ層の人気YouTuberは1年間で、サラリーマンの生涯年収を超える収益を稼ぎ出します。

しかし、人気YouTuberになるのは並大抵のことではありません。始めてすぐ成功するのはレアケースです。

厳しい世界で成功するうえで、最大の試練は「試行錯誤」です。動画の内容や話し方、長さ、編集、タイトル、広告の入れ方など、YouTuberには検討すべき事柄が多数あります。

これらを改善し続けて、ようやく人気YouTuberになれます。そのためには時間が必要です。

いきなり独立せず、副業でYouTuberをするとよいでしょう。本業の収入があれば、お金の心配をせず、成功するまで試行錯誤を続けられます。

副業OKの職場で働くには、この記事で紹介した転職エージェントをぜひ利用してみましょう。