ファーストリテイリングが公開する年収テーブルは事実?評判から実態を徹底調査!

ファーストリテイリング

ファーストリテイリングへの転職を考えている人は「年収はどのくらい?」「年収テーブルって何?」など、年収事情が気になることでしょう。

ファーストリテイリングはユニクロやguなど8ブランドを手掛け、中核事業のユニクロは世界に2,260店舗(2019年12月末)を展開しています。

2019年8月期の売上高は約2兆2,905億円、営業利益は約2,576億円、純利益は約1,625億円です。

世界のアパレル業界の中では、売上高がZARA、H&Mに次ぐ世界3位、時価総額はZARAに次ぐ世界2位と、名実ともに業界トップクラスのグローバル企業です。

実力主義でやりがいがあり、20代で年収1,000万円以上、30代で2,000万円〜3,000万円以上も目指せることから転職市場の競争率は非常に高いです。

本記事では、ファーストリテイリングの年収や転職に役立つ情報を解説します。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

ファーストリテイリングの年収は?公開情報を徹底検証

ファーストリテイリングの平均年収は900万円を超え、役職に就けば20代で1,000万円以上、30代で2,000万円以上の年収も夢ではありません。

ここでは、ファーストリテイリングの平均年収や年収テーブルについて紹介します。ご自身の年収と比べてみてください。

ファーストリテイリングの平均年収

ファーストリテイリングの2019年8月期有価証券報告書によれば、平均年収は9,004,000円、平均年齢38歳4ヶ月、従業員数1,389人、平均勤続年数4年7ヶ月です。

以下は2015年度〜2018年度の平均年収、平均年齢です。

  • 2018年8月期:平均年収8,773,000円、平均年齢38歳1ヶ月
  • 2017年8月期:平均年収7,915,000円、平均年齢37歳5ヶ月
  • 2016年8月期:平均年収7,644,000円、平均年齢37歳4ヶ月
  • 2015年8月期:平均年収7,696,000円、平均年齢36歳11ヶ月

2015年度から2018年度で、平均年収は約130万円、平均年齢は1歳5ヶ月高くなっています。特に2016年度以降、平均年収が急激に増えています。

平均年収が増えている要因として考えられるのが、業績好調によるボーナス額のアップです。

年収投稿サイトによると、ファーストリテイリングのボーナスは、

  • 賞与:年2回(評価連動)
  • 決算賞与:年1回(業績連動)

上記2種類の賞与があります。

口コミによれば、それぞれ1回につき0.5ヶ月分〜4.5ヶ月分支給されるとのことです。

ファーストリテイリングは、2016年8月期の純利益は前年割れとなりますが、それ以降は売上・利益ともに順調に伸びています。

  • 2019年8月期:売上約2兆2,900億円 純利益約1,625億円
  • 2018年8月期:売上約2兆1,300億円 純利益約1,548億円
  • 2017年8月期:売上約1兆8,600億円 純利益約1,192億円
  • 2016年8月期:売上約1兆7,800億円 純利益約480億円
  • 2015年8月期:売上約1兆6,800億円 純利益約1,100億円

純利益と平均年収の伸びは似ており、平均年収急増の要因の1つは業績好調で決算賞与や賞与の金額が増えているためだと考えられます。

ファーストリテイリングが公開している年収テーブルとは?グレード定義も詳しく解説

ファーストリテイリングの年収テーブルとは、同社が「新卒採用2015」のサイトで公開したもので、ユニクロで働く社員のグレード別年収表のことです。

グレードはJ-1〜K-4まで18段階に分かれ、グレードに応じて役職や平均年収が上がります。

ユニクロが公開していた年収テーブルは、以下の通りです。

グレード平均年収最低年収最高年収年齢参考(役職)
K-4240,000,00024,000,000240,000,00064歳役員
K-3226,192,600171,200,000320,000,00044歳〜
K-295,904,00091,448,000100,360,00043歳〜
K-183,180,00645,648,000132,212,00040歳〜
E-337,092,54028,114,62051,075,00039歳〜スーパースター店長

部長

リーダー

本部社員

E-125,127,37520,898,00027,805,00042歳〜
M-517,370,76615,654,00020,640,78038歳〜
M-414,050,58011,630,94717,372,66733歳〜
M-313,570,75811,829,00017,424,00033歳〜
M-211,312,5278,681,00014,014,65233歳〜
M-19,878,8747,759,08912,748,81332歳〜
S-58,187,5686,366,30012,353,14128歳〜スーパーバイザー

スター店長

店長

店長代理

本部社員

S-47,023,0095,595,0828,876,68027歳〜
S-36,249,9695,122,2788,515,00024歳〜
S-25,481,8934,373,2127,920,00023歳〜
J-34,546,0293,628,9226,183,21723歳〜店舗社員

本部社員

J-23,980,9923,506,1424,739,81623歳〜
J-13,946,6693,168,3354,601,59422歳〜

J-1〜J-3の店舗社員や本部社員は、販売接客業務や育成などを行います。平均年収は約390万円〜約450万円です。

S-2〜S-5のスーパーバイザーやスター店長、店長代理は、各店舗の管理や販売接客業務、新人育成、在庫管理などを担います。

23歳からと若い年齢から就任でき、平均年収は約550万円〜約820万円です。

M-1〜E-3になるとスーパースター店長や部長、グローバルリーダー職などの役職に就き、国内外の各地域やブロックの店舗管理などを担当します。

平均年収は約980万円〜約3,700万円と一気に高くなります。

K-1〜K-4は役員クラスで、平均年収は約8,300万円〜約2億4,000万円です。

年収テーブルを見ると、グレードMで部長やグローバルリーダー職に就き、30代前半で年収1,000万円〜3,000万円台に届く人もいるようです。

ファーストリテイリング社員は実際どのくらいもらっている?評判を徹底検証

実際に、ファーストリテイリング社員の年収はいくらなのか、年収投稿サイトの情報をまとめました。

以下は、ファーストリテイリング社員の年収モデルケースです。

  • 男性、30代、管理職:年収1,070万円
  • 男性、年齢不詳、IT:年収800万円
  • 女性、30代、本部社員:年収900万円
  • 女性、20代、店舗スタッフ:年収450万円
  • 女性、30代、マーケティング管理職:年収1,500万円
  • 男性、20代、店長:年収600万円
  • 男性、20代、販売:年収350万円

40歳以上の人の投稿はほとんどありませんでしたが、20代〜30代で高い年収を得ていることが投稿からもわかります。

評価や昇格に関して次のようなコメントが見られました。

  • 「Mランク以上に上がるのは簡単ではない」
  • 「評価制度は良いと思うが、本部は基準がなく上司の印象で決まることも」
  • 「通常のボーナスとは別に決算賞与がある」
  • 「期末に評価があるが基準の厳しさは上司で変わる」

ファーストリテイリングの年収テーブルによると、若いうちから高年収を得られる可能性があります。ただし、グレードアップの難しさや評価基準の不透明さを指摘する声も少なくありません。

口コミにもあるように、年収テーブルの金額とは別に年1回年0.5ヶ月分〜4.5ヶ月分の決算賞与をもらえる可能性があります。業績連動で、かなり高い金額が期待できます。

ファーストリテイリングの年収をさらに詳しく!本社社員やguの待遇は?

ファーストリテイリング本社で働く人は、30代で年収1,000万円〜2,000万円を超えることもあります。本社に所属すれば高年収が見込まれます。

本社勤務の年収だけでなく、人気の高いブランドのguの年収が気になる人もいるでしょう。

ここでは、ファーストリテイリング本社社員やguの年収について解説します。

ファーストリテイリングの本社で働く人の年収は?職種別に解説

ファーストリテイリングの本社では総合職やエンジニア、マーケティングなど、様々な職種の人が働いており、年収は高めです。

以下は、ファーストリテイリング本社職種の募集要項(中途採用)で公開されている年収レンジです。本社で働く人はどのくらいの年収なのか参考にしてください。

  • ITプロフェッショナル・エンジニア(システム開発):年収580万円〜1,300万円
  • クラウド基盤エンジニア:年収580万円〜1,300万円
  • 人事ビジネスアナリスト・プロジェクトマネージャー:年収580万円〜1,500万円
  • 経営企画・事業企画 有明プロジェクト推進室:年収870万円〜2,000万円
  • 経営企画・事業企画 事業構造改革:年収800万円〜2,000万円
  • 商品マーケティング:年収580万円〜1,300万円

年収は少なくても500万円台、評価次第で1,000万円以上稼ぐことが可能です。経営企画・事業企画の職種は、レンジ幅が広めで年収2,000万円も目指せます。

以下は年収投稿サイトより本社で働く人の年収モデルケースをまとめたものです。

  • 女性、20代、管理部門:年収600万円
  • 女性、30代、人事:年収730万円
  • 男性、30代、事業改革:年収1,200万円
  • 女性、30代、マーケティング:年収750万円
  • 男性、30代、IT:年収1,000万円
  • 男性、30代、マーケティング:年収1,200万円

年収が高い人が目立ちます。

結果を出して評価を得る必要はありますが、ファーストリテイリングの本社で働く人は会社の「頭脳」に当たるため、高年収の人が多いと考えられます。

guの年収もファーストリテイリングの年収テーブルと同じ?

guは、ファーストリテイリングとは異なる年収テーブルを採用しています。guには大きく分けて以下2つの働き方があり、地域正社員の年収テーブルが採用ページで公開されています。

  • グローバルリーダー(総合職):転勤ありで本部や店舗勤務
  • 地域正社員:転勤なしで店舗勤務

以下は、地域正社員の年収テーブルです。

グレード年収例 ※決算賞与、残業代は含まない
RS-34,584,000〜5,576,000
RS-24,152,000〜5,048,000
RJ-53,650,400〜4,258,800
RJ-4
(店長)
3,529,440〜4,117,680
RJ-3

(店長代理)

3,407,040〜3,974,880
RJ-2

(店長代行者)

3,163,680〜3,690,960
RJ-1

(店長代行者)

3,042,720〜3,549,840
RF-32,758,080〜3,001,440
RF-22,342,340〜2,602,600

公式サイトによると、地域正社員のグレードはRS-3の上にRS-4やRS-5、RMなどもあります。

グローバルリーダー(総合職)は、地域正社員のRJ-1と同等のJ-1からスタートして、SやM、Eまでグレードがあるようです。

公開されている年収テーブルを見る限りでは、guよりもファーストリテイリング(ユニクロ)の年収の方が高いことが伺えます。

ファーストリテイリングの初任給は?採用大学も紹介

ファーストリテイリングは、転勤があり海外勤務の可能性もある「グローバルリーダー社員」と、転勤なしの「地域正社員」の2つの働き方があります。

新卒採用募集要項によると、それぞれの初任給は次の通りです。

  • グローバルリーダー社員:255,000円
  • 地域正社員:177,500円〜202,800円(地域により異なる)

グローバルリーダー社員の方が地域正社員よりも初任給が高いです。

「ファーストリテイリングはどの大学から採用しているの?」と採用大学が気になる方もいるでしょう。

以下は、ファーストリテイリングの主な採用大学です。

  • 早稲田大学
  • 中央大学
  • 同志社大学
  • 明治大学
  • 慶應義塾大学
  • 青山学院大学
  • 立命館大学
  • 上智大学
  • 法政大学
  • 中央大学

ファーストリテイリングの従業員数は約56,000人(2020年2月29日時点)、ユニクロだけでも2020年の新卒採用数は100人の予定です。

海外での採用にも力を入れているので、上記以外にも多くの採用実績校があることが考えられます。

ファーストリテイリングの退職金は?

ファーストリテイリングには退職金制度がないようです。

募集要項にも退職金制度は記載されておらず、年収投稿サイトにも退職金制度がないことに関する多くの口コミが見られます。

  • 「退職金がないので、他の大手メーカーより生涯年収は少ない。」
  • 「退職金制度がないため、会社を辞めた後のことが心配。」
  • 「平均年収は高い方だが、退職金がないので果たしてどうなんだろう。」

口コミを見るだけでも、退職金制度がないことへの不安や心配があることがわかります。

退職金制度が創設されるような話もありません。

退職金のある企業を希望するなら、転職エージェントに1度相談をしてみるといいでしょう。

年収が高く退職金があるアパレル企業を紹介してくれるはずです。

ファーストリテイリングの離職率は?

かつて「ファーストリテイリングはブラック企業」との噂が巷に出回ったこともあり、離職率が気になる方も多いでしょう。

ファーストリテイリングの離職率は高い可能性があります。なぜなら、平均勤続年数が短く、離職に関する口コミも多く見られるからです。

ファーストリテイリングの平均勤続年数は4年7ヶ月です。(2019年8月期有価証券報告書)

プレジデントオンラインの「平均勤続年数ワースト300社ランキング2019」では、ワースト209位に入っています。

口コミ投稿サイトを見ても、

  • 「やる気が多い人が多く、辞めた今でも良い会社だと思う。」
  • 「業務量は多いし残業もあるが、多くのことを学べる。」

などの良い評判もありますが、以下のような退職に関する悪い評判は多く見られます。

  • 「忙しい時は残業が月60時間ぐらいあってプライベートと両立が難しい。」
  • 「トップダウンに近く社風が合わなかった。」
  • 「キャリアアップしていく姿がイメージできなかった。」
  • 「休みがなかなか取れない。勤務時間も長かった。」
  • 「店舗での仕事は単純作業がほとんどだった。」

インターネットでファーストリテイリングの離職率について検索すると、離職率が高いことを伺わせるような記事が複数ヒットします。

口コミを総合すると、勢いのある会社だけに多忙さな時期が多く、ファーストリテイリングの離職率は高い可能性があると考えられます。

ファーストリテイリングやアパレル業界に高年収で転職する方法

ファーストリテイリングやアパレル業界に高年収で転職をするには、事前に業界・企業研究や面接対策を徹底し、効果的にアピールをして内定を掴まなければなりません。

企業と年収交渉をする必要もあります。

ファーストリテイリングや高年収のアパレル企業は人気があり、転職の競争率は非常に高いです。

そのため、転職を成功させるのであれば、転職のプロの力を借りることをおすすめします。

転職エージェントを利用すれば、業界研究や面接対策、企業との交渉など、手厚いサポートを受けられます。

様々な業界の転職をサポートする総合系の転職エージェントと、アパレル業界特化系の転職エージェントがあるので両方に登録しましょう。

それぞれの転職エージェントから、異なった視点からアドバイスやサポートを受けることができ、多くのノウハウを得られるからです。

ここでは、ファーストリテイリングやアパレル業界に高年収で転職を成功させたい人向けに、おすすめの転職エージェントを紹介します。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、人材派遣や人材紹介、アウトソーシング、再就職支援などを提供するパソナグループの総合系転職エージェントです。

求人数は50,000件以上(非公開求人含む)、取引実績企業は16,000社以上で、これまでに25万人もの転職活動をサポートしています。

転職後の年収アップ率は約67%で、転職者の3人に1人が前職より転職後の方が年収が上がっています。

2020年オリコン顧客満足度調査で転職エージェント部門1位と、利用者からの評価も高いです。

ファーストリテイリングの求人は、エンジニアを中心に20件以上取り扱っています。以下は、主な内容です。

  • ネットワークエンジニア
  • ITサービスマネジメントスペシャリスト
  • データエンジニア
  • データサイエンティスト
  • クラウド基盤エンジニア
  • QAエンジニア

経験豊富な専任アドバイザーが、書類添削や求人紹介、面接対策を行うため、転職エージェントの利用が初めての方でも安心です。

登録する(無料)

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、リクナビやリクナビNEXTなど、多くの就転職サービスを提供するリクルートグループの総合系転職エージェントです。

非公開求人20万件以上、転職サポート者は30万人以上を誇る、国内最大級の転職サービスです。

求人の半数以上は非公開のため、ファーストリテイリングやguなどの求人も公開されていません。

リクルートエージェントでは、実績豊富なキャリアアドバイザーが面接対策や書類添削、内定後の年収交渉や入社日の調整、現職の円満退社のアドバイスなど行うので安心です。

登録をすれば、ファーストリテイリングなどの高年収アパレル企業の求人にアクセスができます。

手厚いサポートが魅力の総合系転職エージェントです。

登録する(無料)

ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、60年の歴史があり世界39の国と地域に4,400以上の拠点を構える世界最大級の人材サービス企業です。

IT、物流、金融、メーカーなどのグローバル企業や外資系企業の求人に強く、年収600万円以上のハイクラス求人を多数取り扱います。

すべての求人詳細はサイト上で公開されていませんが、ファーストリテイリングの商品企画・開発、販売戦略の求人もあります。

業界に精通したキャリアアドバイザーが親身に相談に乗り、転職活動成功へ向けて的確なアドバイスを行います。

年収が高いアパレルのグローバル企業や外資系企業を目指す方に、おすすめの総合系転職エージェントです。

登録する(無料)

クリーデンス

クリーデンスは、dodaなどを運営するパーソルキャリア株式会社が提供するアパレル業界特化系転職エージェントで、延べ20万人以上が利用するアパレル業界最大級の転職サービスです。

国内トップクラスのブランドや外資系ラグジュアリーブランドなど、常時2,500件以上の非公開求人があります。

以下のように、ファーストリテイリングの求人も多数揃っています。

  • EC用画像撮影のスタイリスト
  • 出店開発業務のリーダー候補および担当者
  • 店舗設計(施工・設備品質管理)
  • レタッチ・動画・3D処理
  • フォトアートディレクター

求人企業数は3,200社以上あり、ファーストリテイリングの他にも多くの高年収アパレル企業求人を取り扱います。

業界特化系のためアパレル業界への転職ノウハウを多く持っており、書類添削や面接対策など効果的なサポートを受けることが可能です。

ファッショーネ

ファッショーネは、求人企業数200社以上、非公開求人1,000件以上を取り扱うアパレル業界特化系の転職エージェントです。

アパレル業界の求人が豊富で、利用者のニーズに適った案件を紹介してもらえます。

サイト上ではほとんど求人案件を公開していませんが、登録後に多くの非公開求人を紹介してもらえます。

アパレル業界に精通した経験豊富な専任コンサルタントが、入社試験対策や面接日程調整などを行うので、転職が初めての方でも安心です。

内定後の給与面の条件交渉代行もあります。場所は渋谷駅の近くで電話面談も可能です。

ファーストリテイリングの年収・評判まとめ

この記事では、ファーストリテイリングの年収や転職に役立つ情報を紹介しました。

最後にここで紹介した重要ポイント5点をおさらいしましょう。

  • ファーストリテイリングの平均年収は9,004,000円
  • 20代で年収1,000万円以上、30代で2,000万円〜3,000万円以上も可能
  • 年収テーブルがあり、結果を出し続ければ年収1億円も夢ではない
  • 業界トップクラスの企業で転職難易度が高いため、転職エージェントの利用がおすすめ
  • 転職エージェントは総合型とアパレル特化型の併用がおすすめ

ファーストリテイリングはアパレル業界トップクラスのグローバル企業で、高年収も目指せます。

海外にも力を入れていることから、転職市場の競争率は高く、転職を成功させるのは容易ではありません。

だからこそ、多くのノウハウがあり手厚いサポートを受けられる転職エージェントを利用すべきです。

ここで紹介した転職エージェントは、利用者が多く評判も良いところばかりで、ファーストリテイリングやアパレル業界に高年収での転職成功を引き寄せてくれるでしょう。

総合系と業界特化系どちらも登録するのが基本です。

ファーストリテイリングへの転職を考えている方は、複数の転職エージェントに登録をして、高年収をつかみ取ってください。